Martyrs(マーターズ)


martyrsfv6Director:Pascal Laugier
Cast:Mena Suvari,Mylène Jampanoï
->imdb: Martyrs
“ヘルレイザー”のリメイクに抜擢された、フランス人監督の超絶極悪監禁拷問映画。

(2009/06/05追記)ヘルレイザーの監督を降板したようです。


Synopsis

長期間行方不明となっていた少女ルーシーが、路上で発見される。彼女は長期間にわたる監禁・虐待で心身ともにボロボロになっていた。そして施設で同室となったアンと仲良くなる。
cap00022
15年後、ルーシーは自分を誘拐し虐待した男を発見する。男は家族で幸せそうに暮らしていたが、ルーシーは一家を猟銃で皆殺しにする。
cap00037cap00016
全員を殺し、アンと合流するルーシー。しかし、男に家には他に何者かが住んでいたのだ・・・。
cap000411

Review

概要を書くだけ書きましたが、この映画はこの後が問題なのです。
正直なところ、上の導入部は実際はどうでも良く、後半30分に、この屈折し邪悪にねじ曲がった映画の本質があります。ちょっとだけ言うと、アンはある組織に拉致され、虐待されます。
これを虐待というか、なんというのか —そもそもその組織側がそう考えてはいないようなのですが、超越がどうのこうの言っています。—
本人たちは非常にまっとうな思想で、これを行っている・・いわば純粋な邪悪さなんですよ。

飯食わす->ボッコボコにする->体洗う->飯食わす->ボッコボコにする->体洗う
cap00033cap00034cap00027
のループを延々と15分くらい見せられたあげく・・・まぁ一枚、フランス版DVDからのキャプを入れておきますので、察してください。とにかく優しさや緩さが入り込む余地がない邪悪さです。


cap00036
これでヘルレイザーってのもちょっと短絡的すぎやしないか?っと思いますが、映画本体は、何の問題もない非常にまとまったモノでしたので、良いモノを出してきそうですよ。
先日、六本木で限定公開されてましたが、Pascal Laugierも挨拶に来ていたようです!(観に行きたかった!)

嫁さん曰く「これがなぜ、人外への超越となるのか意味がワカラン」と言っていましたが、
まぁ、本当に意味が分かりませんね。全ストーリーがimdbの方に掲載されていますので、詳細知りたい方は是非そちらも観てみてください。

“ハイテンション”、”フロンティア”、”屋敷女”と毎年続くフランス製トーチャーポルノの系譜は何処まで伸びるのか、興味深いところです。

“Martyrs(マーターズ)” への4件の返信

  1. お久しぶりです~
    この映画・・・ホントに言葉も出ませんでした。
    ボコボコシーンは『そんなにたたかなくても・・・』と思いました。
    最後の赤いペプシマンも驚愕・・・何故なの?

    最後が気になって眠れません・・・なぜおばあさんが・・・?

  2. お久しぶりッス!先日はチャットお疲れ様でした。

    その質問について、答えたいのは山々なのですが、答えてしまうとネタバレ炸裂なので
    言えないです(笑

    ヒントを言うならば、赤ペプシマンは、べつに赤ペプシでなくとも苦痛があればいいのですよ〜。

  3. これ僕も見ましたよ。
    友人と見に行ったのですが、終わったあと何も言わずにお互いの顔を見て一言
    ”ドンビキ”という台詞をもらしたのを覚えています。
    確かに詳しい話はあまりいえないですね。
    それにちょこっといって理解してもらえる話とも思えませんね。

  4. tsuyunaruhitoさん、こんばんは〜!

    そうなんですよね〜〜〜!
    何を書いてもネタバレになるし、簡単に説明しようにもできない。
    だけど、決して複雑な話ではないという、本当に奇妙な話です。

    国内盤DVDを買い直そうかと思っているのですが、結局フランス版も2回ほど観ただけで
    再見するにも体力がいるんで、保留中です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。