The Meat Grinder(aka.Cheuuat gaawn chim)


->imdb:Cheuuat gaawn chim
不幸すぎて気が狂ってしまった。「切株、おいしーよ!!」
その他のレビュー一覧


Synopsis


ビックリするほど不幸なバックボーンを持つ、四十路(たぶん)女ブード。

暴動で拾った(というか手持ちの屋台にたまたま紛れ込んでいた)死体で
肉ソバを作ってお店に出したら、大好評!

やった!ラッキー!これで足が不自由な娘の面倒も見られるし!
行方不明のバカ旦那がこしらえた借金も何とかなりそう!
若いイケメンと付き合えるようになったし!

人肉(実はイケメンの友人)様ありがとうございます!!!

っと、ブードさん、人肉ソバマスターという
料理の才能を隠しながらイケメンと幸せな生活を送るブードさん。

しかし、ある夜、勢い余って借金取り3人組をぶっ殺してしまいます。


ジェバンニの如く、一晩で手際よくスープのダシと具材にしますが、
翌朝、ハードな仕事でアザだらけになり、放心しているブードを見たイケメンは、
すっかり暴漢に襲われたと思い込み

「これからは、僕が守るよ!!」

なーんて、格好いいこと言っちゃって、ブードとイケメンは深い関係に
なります。しかし、その矢先、イケメンは店の裏の水瓶からブードの娘の遺体を発見してしまいます。

実は、ブードの娘は、バカ旦那と浮気相手のベビーシッターに浮気の現場を見てしまったため、
2人に殺されていたのでした。浮気の現場を見ただけの子供を水瓶に沈めて溺死させたのです。酷いモンです。

それ以降、ブードは娘の幻覚を見ていたに過ぎなかったのでした。

イケメンは、すっかりドン引きし、ブードから距離を置き、小西真奈美風の若い女と付き合い始めます。

娘の死体を隠していたため、警察に連行されるブード。
まぁ行方不明のバカ旦那と浮気相手の殺害容疑もかかってしまうのだが、
(実際、ボッコボコに拷問死させてます)

殺人の証拠もないし、娘も殺したわけではないので、あっさりと釈放されるのでした。

また寂しい一人モノになってしまったブード。既にサイコシェフとしての
才能を開花させてしまっていたため、イケメンを狙うストーカーに変身します。

まず、イケメンの若い彼女を拉致。早速スープの具材にしようと画策するのですが・・・。

ランキングに参加してます。面白かったら是非クリックしてくださいませ→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

Review

タイの映画ってーのは、本当に無茶なことをやってくれる。
「ラップ・ノーン」や「アート・オブ・デビル」。さらに昔の「陵辱され自殺した女が幽霊になって復讐しまくる」シリーズも”やるならトコトンやってやろうじゃん!”っと、ファンに対して大サービスをしてくれます。

本作も例に漏れず、むっちゃくちゃのグッチャグチャです。犠牲者は単なる食材です。足も指も首もバランバランの切株祭り。ブッチャー映画お得意のかぎ針宙づりやら、七面鳥でもあるまいに口が裂けるまで香辛料を無理矢理詰め込まれたり等々大変。


ゴアばかりではなく、頻繁にカットインされるモノクロの回想シーンとの連携、後半に行くにしたがい壊れていく音楽とエフェクト。すべて良い感じ。

さらにタイの映画は、基本的に美形しかでません。”その辺のネーチャンに適当に絶叫演技させました”という事はしません。タイの芸能界は、一般人にはまだまだ敷居が高いと以前、聞いたことがありますし、白人とのハーフが多いのも要因の一つかと思います。ブードも歳はとっていますが、やはり美人です。

それにしても、ブードはあまりに不幸すぎてちょっと同情してしまします。
元は、父親が何処かで作った連れ子だったのですが、その父親とその腹違いの息子に嬲られまくり、水瓶に顔を沈められながらのハードSMセックスやら豚血責めやらでムチャクチャされたあげく、近親相姦っぽい感じで生まれた娘は、生まれたとたんに母に蹴りを入れられ障害児。


そんな母も自分の旦那と息子の馬鹿さ加減に嫌気がさし、毒殺して人肉ソバを作る人肉スープマスター。
(そうです、そもそも人肉ソバレシピは、母親から受け継いだものだったのです。)
synopsisの通り、折角育てた娘もくだらないことで溺死。もうムチャクチャです。

不幸すぎて完全に心が壊れてしまったブードは、後半、出刃包丁をもって繁華街をウロウロ。イケメンに「俺が悪かった!」っと謝罪されても娘の幻覚に「殺せ!」っと耳元で囁かれ、涙を流しながら本心とは裏腹な行動を取ろうとしてしまう等、悲しくて涙を禁じ得ません。

とにかく盛りだくさんの90分。西洋のスラッシーさと東洋のジメジメ怨念の融合。すばらしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。