I Spit on Your Grave


->imdb:I Spit on Your Grave
チンコ切れば良いとおもっとんのか!?
その他のレビュー一覧


Review

普通のシチュエーションサスペンス「ナイン」(aka.House of 9)のSteven R. Monroeによるレイプリベンジのテンプレ映画「発情アニマル」のリメイク。

「レイプリベンジとはなんぞ?」っという方々にざっと説明すると、
ずばり

”しこたま陵辱されたネーチャン(あるいはその家族)が復讐鬼と化し、野郎のチンコを切る映画”

である。そう、たいていの場合チンコ切られる。僕、ちょっと疑問に思うんですけど、女の復讐って、チンコ切りが一番なんですかね。なんとなく、これは男の発想のように思えるんですよね。女性が書いたレイプリベンジものは、なにか違うことになりそうな感じがするんですけど、どうなんでしょうねぇ。

というわけで、話しを戻します。「Last Housr on the Left」と同様、日本でも公開されそうな予感がするので短評レベルでサクサクと。
オリジナルの「発情アニマル」はポルノ扱いであったゆえ、観る機会が中々無くかなり昔に一見したきりであるので正確かどうかは怪しいが、本リメイクがオリジナルと共通しているのは、ちょっと勘違いしている感じの小説家である点と、舞台がカッペの山小屋である点のみ。


↑バラエティ豊かなカッペレイピストの皆様

オリジナルのレイプ犯は、中身のないチンピラ4人組であったのが、本作はカッペの警官を初めとする多少バックボーンを与えられた、知的障害者やイケメン、デブなどバラエティ豊かな5人組となっている。


↑エロを排除した暴力のみのレイプシーン

まず旧作では超絶に不愉快だったレイプシーンについて。こちらは「もう勘弁してくれないかなぁ・・」っと思うようなパンチのある画にはなっていないのが残念。ただ、極力ポルノ要素を排除し暴力のみにフォーカスしたレイプと言われれば、非常に上手に撮れているようにみえる。(ちなみにオリジナルを意識したポスターのようなシーンは無い。下半身モロだしでふらつくシーンはあるのだが。)


↑そりゃショック状態なのでしょうが、ちょっと不自然な感じがする事後の行動

そして肝心の復讐パートだが、こっちは結構頑張っている。オリジナルにあった女を武器にチンコ切りをしたり、モータボートで追いかけ回した挙げ句、スクリューでミンチにするような狂気は無いものの、最近の拷問ホラーのスタイルを踏襲したものになっている。
(女を武器にしないだけで、チンコ切りはあります。)

ホラー映画としては及第点に達しているが、レイプ犯に折角与えたオリジナルには無いバックボーンが全く生かされておらず、ただ鬱陶しいだけの設定になってしまった。折角、悪役に善良な母娘がいるのだから、その辺もっと胸くそ悪い感じにできたのになあっと思う。(「Last House on the Left」もそうなのだが、ゴア描写だけでは表現できない「胸くそ悪さ」の再現は、メジャー配給では望めないものなのかなぁ・・・。)逆に、主人公の小説家が復讐鬼と化す過程が省略されていることで、無情の復讐マシーンという感触が際立っており、そちらは好感が持てた。総評としては「ナイン」同様、”普通のレイプリベンジ”ものである。


↑小説家(使用前)/鬼になった小説家(使用後)


↑大期待させる納屋の物騒なツール一覧(実は殆ど使われない!!ちくしょう!)


↑こいつのケツにはショットガンが結構な深さまで挿入されています。アッーーー!


↑イケメン、お口を銃で犯られたあげく、チンコ大ピンチの図

“I Spit on Your Grave” への11件の返信

  1. 瞼フック地獄と塩酸地獄を行き来するシーンが好きでした。
    オリジナル版の斧持ってボートで迫ってくる画はパワーありましたね!

  2. >LIVE_FREAKYさん
    あの往来は、ちょっと滑稽な感じもしましたね!「まだ逝ってくれるなよ!もどってくるからさ!」っとかw
    オリジナルは、殆ど記憶に残ってないのですが、ボートでオラオラと追いかけてくるところのみしっかりと残っています!

  3. こんにちわ!私、これから見るトコなんですが、先にナマニクさんのレビューを読んじゃいました。

    今回は母娘ってのがいるんですか。へー。

    私、オリジナル版のネーチャンがすごくすきなんですよ。神々しいような、女神様みたいだなあと思いました。あのネーチャンに妙な存在感があって「レイプされて当然だろ的な単純バカ女」に見えないところがよかったなあと。

    胸くそ悪さ。。。リメイクのLast Houseもとても薄められてしまっていましたよね。ああいうかんじなのかなあ。

    > 僕、ちょっと疑問に思うんですけど、女の復讐って、チンコ切りが一番なんですかね。なんとなく、これは男の発想のように思えるんですよね。女性が書いたレイプリベンジものは、なにか違うことになりそうな感じがするんですけど、どうなんでしょうねぇ。

    このチンコ切りについてですが、映画によっては、そこになにかしら、おもくるしい、狂気ぢみた、女の情念、みたいなのが込められているのもありますよね。阿部定とか。でも最近のヤツはうりゃうりゃつってイテテきゃーやめてええええ痛い痛い痛い痛い痛い。。というただそれだけというのが多いなあ。

    私はなんとなくチンコ切りのきもちはわかるような気がするんだけど、アンチクライストの*****切りのほうがわかんなくて、なんかもう、ええええええええ?って、絶句してしまって、いまだにレビューが書けません。あの映画観て以来、ドングリを見るとおなかに鈍痛を覚えるようなきもちになります。

    あー、話が散らかってすませんでした。

  4. >tinkerさん
    どうもどうも!
    僕、オリジナルの記憶が殆ど無くて、やはりもう一度観直さなくてはなりませんね!
    Last House on the leftや本作のオリジナルは、やけっぱちのエクスプロイテーションのという感じで「もう裏娯楽をなんでも突っ込んでやれ!」というのが功を奏して、”たまたま”独特の胸糞悪さつながったのかな・・っとは思います。

    阿部定は「彼をそばに置いておきたかった」というガチのパラノイア発想ですよねー。下着まで身につけていたらしいですから、相当なもんですよ。
    反面、tinkerさんのおっしゃるとおり、痛みのみに特化しただけは、情念不足ですよね。

    って、アンチクライスト、いきなりネタバレw
    アレも男の発想なのかなぁ?っとは思います。チン切りは去勢につながりますけど、この場合、割礼っすからねぇ・・。僕もちょっとトラウマになっていて、ドングリや緑の山々を見ると、ふと頭をよぎりますねw

    >あー、話が散らかってすませんでした。

    いえいえ!!たのしいですよ〜!また遊びに来てください!

  5. あー、すません!ネタバレしちゃって。なんか適当に伏せ字にしてパンツ履かせといてください。○○切りとか?すません!

    やっぱこういうのって男の発想なんですかねえ。

    アンチ・クライストのアレは男にはないものだから、男としては、それを切ったらどうなるんだか想像するしかないわけで、その未知なるぶぶんがあるゆえに、世にもおぞましいと思えたので、逆に、女のひとにとっては、チンコ切りの痛さは想像するしかないのだから、女のひとは男が○○切りを見たときと同じ気持ちでチンコ切りを見るのかなあ。と私は最初は思ったんだけど、でも、この、切られる側に立つ、という発想自体が極めて男的な貧困さ鈍感さなのかなあという気もして、もしかしたら、女のひとは切られる側の痛みなんかどうでもよくって、切る側のきもちを想像して遊ぶ、みたいな鑑賞法なのだろうか。というようなことをいろいろ夢想するのですが、よくわかりません。女の監督さんがレイプリベンジをつくったらどうなるのでしょうね。

  6. 度々すません。

    アンチ・クライストは、切る人と切られる人が同じの自傷行為だったですよねえ。A Serbian FIlmで、ミロスさんが自分で自分のチンコをカットしようとするシーン、「チンコ切っちゃうぞ!」つって、わるもんを脅すのがありましたけど(あれ、笑える)、シャルロットさんは、あのときのミロスさんと似た気持ちだったのかなあ。このわるい子め!みたいな。

  7. >tinkerさん
    僕も”切られる側の気持ち”に重きを置くんじゃないかなぁって思います。
    これまた僕の偏見なんですけど、チョン切っておしまい!というのは
    女の情念としては薄いんじゃないかなぁって。もっと失血死を狙わずに
    焼いて止血までしたら、「おおう・・・」って思うかも・・。
    ジェニファー・リンチあたりがベッタベタなやつをそのうち撮りそうな予感がしますねー。

    アンチクライストの件は、罰としてのセルフ割礼なのかなあって感じですね。
    贖罪としての性的暴力の塊というイメージの映画という印象が強いです。
    ミロスさんのは、あのやけっぱちな感じが何とも言えませんが、確かに共通するものを
    感じますね!!

    あ、例の箇所、一応、伏せ字に変えておきました!

  8. 伏せ字にしてくださって、お手数かけてすません。きゃー、焼いて止血なんて、おぞましいいいいい。悪趣味!止血したあとにマチ針を刺すとか?うへー。サディスト拷問マニアの定番キャラなどにも使えそうなワザですね!

  9. やっぱり殺してはもったいないんじゃないかと!(笑

    嫁さんにも聞いてみたんですけど、「たぶん、こういう場合は、チンコなんて見たくもないんじゃないのか?」っと申しておりました。

  10. 現実にチンコ切ってるのは女性です
    古くは阿部定ですかね
    チンコ切るって発想は女性からでしょう

  11. >ksさん
    こめんとありがとうございます!

    一言、チンコ斬り・・・性器切断といっても、いろいろありまして
    ・去勢としての切断
    ・性的趣向としての切断
    ・人身御供・儀式・宗教としての切断
    ・刑罰としての切断
    などなど….いろんな側面があります。
    チンコを斬るという行為は、相当昔から行われていて、大地母神と一体化するために
    男がみずから切り落として女性化したという話もあるくらいです。
    90年代にドイツでは食人目的で男の性器を男が切断して焼いて喰った事例もあります。
    阿部定は刑罰的なもんですね。女性が男性器を切断するのは大抵、私刑目的のように思えます。
    その点、本作はその解釈でよいかなーっと。
    阿部定の話は、多くの人が自然と耳にする話なので、どうしてもそればかり連想されがちですが
    意外と近年の猟奇事件や紀元前〜五世紀くらいまでの倫理概念が低かった時代も調べてみると
    面白い(?)話がザクザクでてきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。