V/H/S

おまえさ、あの家に忍び込んでお宝ビデオテープ盗ってこいよ!

あらすじ

“TAPE56”
メインとなるチンピラ(っていうか悪ガキ)による悪ノリ動画。チンピラご一行が侵入した家には、大量のVHSテープとモニタに囲まれた爺様の死体だった。何かがおかしい・・っと思いながらも彼らはビデオテープを一本一本チェックしていく。

“AMATEUR NIGHT”
メガネにカメラを仕込んだ若造達がナンパ目的でクラブへ向かう。
一風変わった女のナンパに成功して、彼らはホテルへ向かうが・・・女は突然。。

  • ↑あからさまに顔がオカシイのに!

“SECOND HONEYMOON”
タイトルそのままの旅行ビデオ。しかし、夜な夜な彼らのホテルに侵入し、ビデオ撮影する謎の影。
財布を盗んだり、歯ブラシを便器に突っ込んだりと嫌がらせも忘れない。謎の影の正体とは?
真っ当なサスペンス、タイ・ウェストらしい堅実な演出が楽しめる。オチのショックシーンが秀逸。

  • ↑ゴボゴボゴボーーーってね!


“TURSDAT THE 17TH”
ウェンディ、ジョーイ、サマンサ、スパイダーの4人はウェンディの故郷を訪れる。
ウェンディは3人を森に連れていく。
実は森の潜む謎の殺人鬼の餌とすべく3人を連れ込んだのだ。
ウェンディは、森の殺人鬼をおびき寄せて、過去に殺された友人の復讐をしようとしているのだった。
目で見ることができず、カメラのグリッチノイズとしてしか認識できない殺人鬼「THE GLITCH」に勝つことができるのか?

  • ↑なかなか気合いの入った、ノイズ殺人鬼「The GLITCH」

“The Sick Thing That Happened to Emily When She Was Younger”
エミリーは、彼氏のジェームズと夜な夜なビデオチャットをしている。どうやらエミリーの家には幽霊が出るらしく、その幽霊の正体を掴もうという魂胆。ジェームズはウェブカメラを経由してエミリーの家に出没する幽霊の姿をとらえることに成功するが・・。
※このエピソードは、イマイチ意味がわからんのです・・・。

“10/31/98”
チャド、マット、テイラー、ポールの4人はハロウィンでアホな変装し大いに浮かれまくる。テンションが上がりまくった4人は、見知らぬ屋敷に潜入する。人気の無い屋敷を家捜ししていると、天井裏から怪しげな祈りの言葉が聞こえ始める。
屋根裏に行ってみると、禍々しい邪教的な儀式が行われいた。汚らしい男たちが女を縛り上げ痛めつけているのだ。
最初はハロウィンの余興だと、茶化しに儀式に乱入した4人であったが、実は儀式はマジモンだったのだ!!!命からがら女を救出した4人であったが、突然家が生き物のように変化する。扉が消え、壁から手が生えてきて・・・。

  • ↑ニョッキニョキだよ!

レビュー

ファウンド・フッテージ・オムニバスとでもいうのか。VHS画質で如何に面白いPOVエピソードを創るか?というコンセプト。その実践は間違いなく成功していて、それぞれの作品は秀逸なデキだ。
オムニバス6本詰め合わせで、それぞれがソコソコ濃いめのないようであるため、全体では110分という長めのランニングタイム。(クリープショーよりは短いけど)。それぞれ個別にレビューが書けるくらいのしっかりとした内容。しかし、目新しいことは特に何も無く「面白いけど、家で晩飯喰ってる感じ」間違いなく楽しめるけど、何か意外性を求めているのであれば、期待しない方がいいと思う。

それでも、見ればお気に入りのエピソードがでてくるだろう。僕の場合、気に入っているのは2つ。
一つは「地球最後の男たち」のDavid Brucknerが撮った「AMATEUR NIGHT」これは非常に小ネタが効いていて良い。とにかく件の女が主人公をずっと見てる。ズーーーっと見てる。この不気味さは心霊ドキュメントを彷彿とさせ、良く研究してるなぁっという感じ。

それからもう一つ、結成して間もないクリエイターグループRadio Silenceによる「10/31/98」だ。はっきりって「グレイヴ・エンカウンターズ」なんだけど、密度がとにかく濃い。彼らが制作した作品は、まだ本作だけだが、今後が期待できる連中だ。

こんなオムニバスも作られてしまったし、POVは、もう手詰まりかなぁ・・・。長編POVはネタつきてるだろうし・・。

“V/H/S” への1件の返信

  1. うーん…

    トレーラーの段階から期待してたんだけどなあ…

     悪ぃ… NG…

    やっぱPOVは好かん。

    女の顔がもう少し割れて中身が出てくればもう少し面白かったのだが…

    いくつかおっぱい見れたくらいが収穫の感じっす。(おいおい)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。