The Autopsy of Jane Doe | ザ・オートプシー・オブ・ジェーン・ドゥ

2016年 イギリス、アメリカ
監督:André Øvredal
出演: Emile Hirsch, Brian Cox, Ophelia Lovibond
->imdb
物言わぬ死体が微動だにしないまま大暴れ!!

あらすじ

ヴァージニア州グランサム郊外で一家惨殺事件が発生する。侵入者の痕跡無し、一家は何故か家から脱出しようと試みた様子があるが閉じ込められていたわけではない。さらに調査を進めると地下室から女の死体が発見され、現場は混迷する。一家はこの女を殺して埋めたのか?それとも・・・?
保安官のシェルドンは、知り合いの検死官トミーに女の死因の調査を依頼する。トミーは息子で助手のオースティンと共に女の死体の解剖を始めるのだが、次々と不可解な事実が判明する。髪の毛や爪には北部特有の泥炭が挟まっており、舌は切り取られ、両手両足は骨折、内臓はズタズタにされた跡があり、胃の中には麻痺性の毒を持つ植物と彼女自身の歯と意味不明な文字が書かれた布が詰め込まれ、肺は焼けただれていた。しかし、外見は全くの無傷。
「一体、この女に何があったんだ?」
そして、彼女の”皮膚の下”にある魔方陣を見つけた時、彼らを恐ろしい悪夢が襲う。

レビュー

「”どうして死んだのか?”って?そんなもん警察の仕事だよ。俺たちは”死んだ原因”さえ調べればいいんだよ。」とトミーは劇中言うが、”死んだ原因”を調べていくウチに、”どうして死んだのか?”が気になって仕方がなくなる。前半を前振りや伏線張りに徹底させ、後半にかけてその伏線を使った恐怖演出を見せる。
 例えば死体の足首に付けられた鈴。これはその昔、運び込まれた死体が本当に死んでいるのかをチェックするために付けられていたという。単に仮死状態に陥っただけだった人間が目覚めた時に”チリーン”となるのだ。これが後半、どこからともなく”チリーン……”と鳴り響いた時、観客は何とも言えない恐ろしい思いをすることになる。この他にも、顔面をぶち抜かれた死体や何故か目鼻口を縫い合わせた老婆の死体など「それ、もう見せないでくれる?」と思わせるものが続々と陳列される。

 そして解剖シーン。冒頭から焼死体の検分を見せ、その死因が焼死ではなくクモ膜下出血だったことが判明する流れはアカデミックでちょっと”解った気”になれる。外見から始めて、胸部切開、内臓、そして脳と順番に調べていくという解剖過程を緻密に描く前半部分は、上野正彦のノンフィクションを読んでいるかのよう。
 後半は心霊現象が畳みかける”死霊館”のような展開。モルグに閉じ込めら、死体が動き出す。これでもかというほどの恐怖のダメ押しの果てに”死因”が判明するが、これ、俺は非常に気に入っている。この点については、下のネタバレでどうぞ。
それにしても死体役のオーウェン・キャサリン・ケリーはスゴイ。ずっと寝てるだけ。目を開けたままずーっと寝てるだけ、胸の上下すらない。噂によるとヨガの鍛錬がどうのこうの言っていとのことだが、それはちょっと胡散臭い話だ。

ネタバレ

ネタバレをみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。