『映画秘宝偉人大全01 世界のカルト監督列伝』


 2018/01/26発売の『映画秘宝偉人大全01 世界のカルト監督列伝』に寄稿しています!企画のお話を頂いた時は、カルトというからには有名ところで、リンチやホドロフスキー、ちょっと突っ込んだところでフェラーラやサミュエル・フラーあたりを列挙して解説するムックかなとおもったのですが、フィンチャーやダーレン・アロノフスキー、ジェームズ・ワンあたりのカルト(?)という監督までカバーしているようです。ピーター・ジャクソンやギレルモ・デル・トロあたりはカルト映画の出ではあるけども、うーん。
 でも、見本頂いて読んでみれば、どのライターさんも巧くて、まさに初学者向きの入門本として楽しめるムックになっていました。各監督毎にマスト映画を3本ずつ選出しているですが、皆さん判っていらっしゃる。多くが国内版未発売or廃盤です。これを如何にクリアしていくかが、初学者のハードルになるんじゃないかなと。
 ナマニクは、マリオ・バーヴァとルチオ・フルチについて書いています。バーヴァは伝説が多く、1200字では到底収まらなかったのですが、無理矢理圧縮して入れました。バーヴァの研究本は数多く出版されてしますが、去年、イタリアで買ってきたルイジ・コッツィさんの本が丁度よくまとまっていて良かったです。。今回の元ネタはこの本になります。あんまり元ネタ本のことは言わないものなんですけど、今回だけ。。。

フルチについては、「脚本の整合性を放り出し、グロ映像だけを連発する映画監督」という解説が多い中、フルチ社会派監督説を声高に宣言しています。実際、フルチは、ちゃんと社会派な部分があるんですよ。だけど、誰しもが無視をしている。そもそも『サンゲリア』『ビヨンド』『地獄の門』の3つが残酷描写に振りすぎたせいなんですけど、彼のジャーロや初期作品、末期の作品はちゃーんと社会風刺が入っているんですよ。でも、これで勘違いした初心者が『幻想殺人』あたりの犬コロの本物の内臓を見てゲロ吐いて欲しいなー。

というわけで、『映画秘宝偉人大全01 世界のカルト監督列伝』、よろしくお願いします!

映画秘宝セレクション『映画と残酷』

おかげさまで売上げ健闘しています!!

 お買い上げ頂いた方々、本当にありがとうございます。
「残酷映画の解説本かと思った」という意見も頂いていますが、そっちの方は、このブログ他の記事や拙著、『Filthy』に任せています!
 本作『映画と残酷』では、残酷描写が娯楽であるということを徹底的に検証しています。ホラー映画好きの方なら、必ず心に残る一冊になっていると確信しています。立ち読みでも結構ですから、是非手にとって、序文・・・・・・いや、もう最終章の冒頭だけでも良いので読んでみてください!

俺はこんな現状許せないのだ!


↑本国版のSAWファイナルのゴアシーン


↑日本版のSAWファイナルのゴアシーン


↑劇場公開時削除された数コマ(チャッピー)


↑劇場公開時削除された数コマ(ホーンズ)

日本の劇場公開作品は、こんなに手を加えられているのだ!詳細を知りたいと思ったら是非!

映画秘宝セレクション『映画と残酷』発売記念イベント@大阪ロフトプラスワンWEST

先日の大阪ロフトプラスワンWESTでの発売記念イベントも沢山の方がいらしてくださり、楽しい夜になりました。
UE神さん、TERROR FACTORYの尾崎さん、WEST店長の小林さん、赤犬のロビ前田さんありがとうございます!

イベントは、残酷描写規制の鬱憤晴らしに未公開残酷ホラーをガンガン紹介するという内容で、これまたかなり喜んでいただきました。詳細は後日発表ですが、7.29の深夜に続編も決定しました!やっほー!!イベント中に続編決定なんて、興奮しましたね。今度は、一本一本じっくり、解説してきますよ!
どんな映画を紹介したか?は、秘密です。来れば分かる!ガハハハ!!!

Last Girl Standing | ラスト・ガール・スタンディング



ラストガールは体は生きていても、心が死んでいるのではないか?というお話

作品データ

2015年 アメリカ
監督: Benjamin R. Moody
出演: Akasha Villalobos, Danielle Evon Ploeger, Brian Villalobos
->imdb

レビュー

キャンプ中の若者を鹿マスクの殺人鬼が襲い血祭りに上げるという、恐ろしい大量殺人事件が発生。唯一、災厄を逃れ生き延びたカムリンは、事件から5年経過した今でも平穏な日常を取り戻そうと苦労していた。一人生き残ってしまった罪悪感やトラウマからくる幻覚や悪夢に苛まれているのだ。

なんかよくわかんないけど 冒頭からクライマックスです

 
彼女が務めるクリーニング店の店長や同僚はそれを知ってか知らずか彼女を色々と気遣うが、カムリンがそれに答えることは無い。そんな彼女に転機が訪れる。クリーニング点にちょっとイイ男、ニックが入社したのだ。彼は元気の無いカムリンを自宅のパーティに招待し、明るい友人達を紹介する。その中の一人、ダニエラと打ち解けたカムリン。親友とも言える存在の出現にカムリンの生活にも一筋の光が見えてくる。しかし、ある晩、鹿マスクの影を目撃する。鹿マスクの男はカムリン自身が葬ったはずなのだが・・・。
「鹿マスクの殺人鬼はまだ生きているのでは?」
見かねたダニエラは、カムリンを殺人鬼の墓場に連れ出す。彼女達は墓を掘り起こし死体を燃やすのだが・・・。

屍燃やして万事解決かと思いきや どこまでもついて行きます

 
御存知の通り、ラストガールとは、スラッシャー映画で唯一生き残る女性を指す。有名どころでは、ハロウィンのローリーや13日の金曜日のアリス、エルム街の悪夢のナンシーだ。本作は、そんなラストガールのその後を描いている。
一晩中、殺人鬼に追い回され友人達は全員残酷な方法で殺害されるという常軌を逸した経験をしたワケだから、そう簡単に普通の暮らしに戻れるわけが無い。日々、何かの影に怯え、友人達の死を思い罪悪感に駆られ、悪夢にうなされる。映画ではこの陰々滅々としたラストガール=カムリンの生活を淡々と描くことに大半を費やしている。正直、観るのが辛いぐらい暗い。ロボットのように出勤し、ドライクリーニングマシンを放心したまま眺め、退勤後は何かあった時のためにランニング、ぼーっとリモコンを手にチャンネルをザッピングしながらの就寝。そして悪夢で起こされる朝。そして新しい友人と共にやってくる殺人鬼の影。劇中、ほとんど笑顔を見せないカムリンが心から笑う時はあるのだろうか?
察しの良い方は、気がつくかと思いますが、オチはそう、あなたの思っているとおりです。
ちなみに、前述したローリー、アリス、ナンシーだが、その後の続編で全員死亡している。ああ世知辛い。

とにかく暗いです。
何回でも撃退してやりますとも!
ボコボコにされる殺人鬼さん