Absurd(aka.Rosso Sangue , Horrible , Antropophagus 2)

->imdb:Rosso Sangue
別名多すぎるんだよ!
その他のレビュー一覧


Synopsis

俺です。どうもどうも!”食いしん坊”で有名な俺ですよ!


↑自家製明太子カルボおいしいれす(^p^)@「喰人鬼の島」

あんまり食いしん坊だから、自分の腸喰って死んだことになっていたのですが
俺の風貌がバカウケしたおかげで、全く関係のない続編を作ることになったんだよ!やったね!

今回は、食いしん坊業をやめて、「ほとんど不死」というオカルティックな設定で
神父に追いかけられてるよ!!しかも舞台は、ちょっとした街だから見た目もちょっとアーバンな感じになってるぜ!


↑ワッセ!ワッセ!


パンチのある顔で、また腸出しちゃったけど、大丈夫!俺は、ちょっとした傷は
自動修復しちゃうから!


調子良くなったんで、看護婦をぶっ殺してやったよ!


通りすがりに出会ったオッサンも脳天をざっくりだぜ!ヒャッハー!
俺は誰でも殺す!行きあたりばったりにな!!!


調子に乗ってたら、車に轢かれちった!エヘヘ!
がしかし!俺は、やられたらやり返す!車を引いた野郎ん家まで殴り込みだ!


ネーチャンをツルハシで!!!


↑オーブンに頭から突っ込むぜ!
熱っつ!と、ガンガン頭をぶつけてやがるぜ!ワハハ!


でも、女の子にやっつけられちゃった!俺を追いかけてきた神父とはなんだったのか?

Review

職人ジョー・ダマトの「オマエらなんて、こんなのを観ときゃいいんだよ!」という姿勢が素晴らしかった、食いしん坊の島こと「喰人鬼の島」。この映画は、主人公のパンチある食いしん坊さん風貌も手伝って、そこそこウケが良かった。そこで、商魂たくましい職人さんは、続編を作ってしまおう!っと、安易に制作されたのが本作。まぁ、殺人鬼オッサンの役者が同じってだけで、全く繋がりがないんですけどね。

お肌荒れ荒れで、汚らしかった食いしん坊さんは、本作では、都会に進出したこともあり、前述の通り、毛もフサフサで、食人もしないアーバンなスラッシャーと変貌を遂げております。

食人しない代わりに、追加設定されたのは「怪我の自動修復」。そう彼は簡単に死ななくなったのである。前作では会う人片っ端から喰ってましたけど、今度は片っ端から殺すだけ。そんなスーパーナチュラルで邪悪な彼をダラダラと追いかける神父のちっとも緊張感のない追跡劇が本作のメイン。
ダマトならではの行き当たりばったりの展開が熱いです。多少ダレはしますが、他のダマト作品にくらべたらサクサクとした展開だし、ゴア描写はパンチが強い。僕は「喰人鬼の島」より気に入っています。

もちろん、独特のダルさ加減も具合がよい。
殺人鬼を轢いてしまうオッサンの家でアメフトを観ながらの晩飯のシーンとか、何の意味もないシーンがいくつかあるが、なれると逆に愉しい。

↑具がないスパケティをウマイウマイと喰いまくる、なにかマヌケなシーン

また、後半大活躍する女の子なのですが、何かのケガなのかなんなのか、寝たきりで首を固定されているくらい重傷にも拘わらず、斧をブンブン振り回すという展開も非常に思いつきで撮っているのが見え見えで、これまた清々しい。

↑寝たきりのわりに、指輪にピアスとお洒落な娘です。

その素晴らしい適当さ加減は、車に轢かれた殺人鬼を助けようとして逆に殺されてしまう、少年の死体でもよく現れている。彼の死体は10秒程度の間を置いて2回ほと大写しにされるのですが、2回目は明らかに”疲れてます”
< ↑口開けるの疲れたよ!! この映画はその昔、DVDがどうしても手に入らず、やっとebayで見つけて買ってみたら、VHSソースの小汚い海賊版が届いたというショッパイ思い出の一品。今は"Horrible"というタイトルでDVDも出て、入手も容易いです。 目的がハッキリした、ナイトシアター専用作品は非常に観ていて心地よいですねぇ。

Sweatshop

->imdb:Sweatshop
ゴスパンク共をナイスな切り株に!!
その他のレビュー一覧


Review

タイトルはズバリ「搾取工場」。ホワイトトラッシュがヒーヒーいって働くような工場のことだ。本作においては、舞台となる小汚い廃工場のことを差していると思われるが、まぁ、特別な意味は無いようだ。

ストーリーは、低俗低予算スラッシャー映画のテンプレのそれだ。
ゴスパンク共が廃工場にやってきて、レイブパーティ(笑)のセッティングを始める。不法に工場を荒らしてパーティなんかを企画する連中なので、ラリラリのパーなバカ騒ぎとなるわけですが、廃工場には何故か、改造ハンマーを携えた溶接マスク巨人とデモンズのガウの様なスラッシャーが潜んでおりまして、そんなゴスパンク共を片っ端から血祭りに上げていくというもの。

全員微妙な風貌に微妙な演技。でも、キメ画だけは各自立派にキメてくれるのが鬱陶しくて愉しい!
低予算といっても、ゴア描写には気合いが入っており、CGを使っていないアナログな特殊メイクは、そっちの方々も非常に満足なデキではないでしょうか。



↑キメ画いろいろ

非常にベタな作品なのですが、一点特筆すべきは「誰が生き残るのかさっぱりわからない」という部分。これ、非常に良かったです。テンプレスラッシャーでは、大抵、ラストガールのポジションにいる聖人君子のような女子が登場し、それを軸にストーリーを回していくため、緊張感に欠けることが多々あります。しかし、本作は本当に判らない・・・まぁ裏を返せば、どれもこれも無個性で見分けが付かないということになりますが・・・それでも非常に好感が持てました。

あ、そうそう。出来損ないのJ.カーペンター作った様なシンセベースがブイブイ唸るBGMも結構良い感じですよ。

アルバ辺りに買い付けてもらい、変な吹き替えをあてて発売して欲しい一品。


彼女はメガネでごまかせる卑怯なやつです。そんな卑怯な女は足を潰してやります。


↑一見、美人さんなんですけど、寄るとボコボコ。絶叫顔は、まさに楳図かずお漫画!


↑オカマみたいなゴスパンク。アゴ引きちぎったります。


↑カッコイイ溶接マスクの巨人!!!!処刑マジニとか言っちゃダメです。あとオマケ程度のデモンズ風手下


↑ハンマーのパワーがスゴイ!!!



↑どうですか、このアナログな感じ!!

悪魔を見た

->imdb:I Saw The Devil
あまりのゲスさに、ケンチャナヨ精神が炸裂
その他のレビュー一覧


Review

嫁さんを殺されバラバラにされてしまったクール野郎が冷徹な復讐鬼となり、嫁をバラしたゲスな殺人鬼に淡々と復讐するというお話。クール野郎の無情な復讐鬼っぷり、殺人鬼のゲスっぷりのみで突っ走る144分。

まず驚くのは、そのご都合主義具合だ。

・警察が無能だ!
 嫁を殺したと思われる容疑者を片っ端からボッコボコにしていく、主人公スヒョン。
 容疑者宅を張り込みしている警官は、ものすごい目立つ行動をしているスヒョンを完全スルー。
 144分の長尺なのだから、”スヒョンは周到に警官の目を欺いた”みたいな画があってもいいんじゃねぇの。
 さらに彼らの無能っぷりは、ラスト付近でも炸裂するのだが、これはネタバレなので自粛する。
 とにかくオマエら無能すぎるぞ!
 
・後輩が万能だ!
 スヒョンは有能な国家情報院捜査官という設定なのだが、そんな彼は、何故かわざわざ後輩に
 高性能カプセルGPSを調達させたり、殺人鬼ギョンチョルの情報を掴んでいるとして
 警察にマークされてるにも拘わらず、スヒョン自身をを数日病院に入院させたり
(しかも、手配中のギョンチョルと一緒にベッド並べてだ!)するのだ。無茶が過ぎるぜ!
 しかも、この後輩は本筋に一切絡むことがない。
 
・タクシー拾ってみたら同業者!
 スヒョンは、ギョンチョルを早々に追い詰めボッコボコにするのですが、殺さない。
 ボコって、左手を潰し解放、しばらく泳がせた後、今度は右アキレス件を切断し、再度解放と
 素敵なキャッチアンドリリースかわいがりをやってのけるのだが、
 スヒョンにボコられフラフラになっているとギョンチョルを拾ってくれたタクシー。
 何故かこのタクシーに、ギョンチョルのような悪人が乗り合わせていたりする。
 ※ちなみにこのタクシーのカットは素晴らしい。

・駆け込んだ家には同業者!
 さらにフラフラになりながらたどり着いた屋敷には、何故か昔、一緒に殺しをやっていた男がいる。
 なんと男は、屋敷住人をぶっ殺して、女とヨロシクやっているところだったのです。
 いくら何でも偶然が過ぎるぜ!韓国はそんなキチガイだらけなのかよ!

っと、こんな具合で、鑑賞中から「うわぁ、なんだこりゃぁ・・」っと思うことしきり。
しかし、濃すぎる人物と描写は鑑賞者のケンチャナヨ精神を炸裂させる。

・ギョンチョルのゲス具合すげぇ!
 彼は会った人間すべてをズタズタにする男。彼に会ったが最後、身も心もズタズタにされる。
 女は犯し、男は殺す。 殺(犯)りたいときに殺(犯)る。「エボラ・シンドローム」の
 アンソニー・ウォンが演じたカイの鬼畜っぷりに次ぐキャラだ。 
 殺(犯)るためなら、ウンコだってこねくり回すぜ!彼の徹頭徹尾のゲス・鬼畜具合は、本当にすばらしい!。
 ただギョンチョル役のチェ・ミンシク、役作りなのかどうなのか不明だが、ちょっと太りすぎだろ。
 
 ↑ゲスな人(左No.2/右No.1)

・スヒョンのクール具合がすげぇ!
 冷徹な復讐鬼と化すスヒョンであるが、何をしても彼のヘアスタイルは崩れない。
 ちょっと濡れ髪をセクシーにみせたりするが、基本ニット帽みたいな髪型のままである。
 また、ギョンチョルは常にボロい服を着ているが、スヒョンは常にこざっぱりしたアウターに
 カッコイイデニムである。(ん?これはご都合主義に入れるべき?)
 前述したとおり、彼はギョンチョルを捕まえてはボコって解放するわけだが、
 ボコるタイミングは、ギョンチョルが若い女を毒牙にかけようとする直前だ。
 つまり、被害者の今後の人生にかなりのインパクトを与える事に及ぶまで、
 そう!乳が出るまで、傍観しているのだ!
 
 ↑オマエの頭はメットか?ニット帽か?

・乳がスゲェ
 そんなわけで、乳が出過ぎだ!バラバラ死体であっても、積み上げられた肢体のトップにあるのは乳!
 バラされる女は、まず乳がでる。乳!乳!乳!乳好きにはたまらないのではないか!

・死体がスゲェ
 特殊効果が良い仕事しすぎである。特に各種生首の完成度は素晴らしい。
 
兎に角、異様なテンションで、不自然な展開も気にならなくなる不思議な映画だ。
シンプルに常軌を逸した復讐劇を楽しむための映画。もの悲しい雰囲気を醸し出す音楽に騙されてはいけない。

セルビアン・フィルム (aka. A Serbian Film)

->imdb:A Serbian Film
A real happy Serbian family !!!
その他のレビュー一覧


Review

完全に狂ったトーチャーポルノ。毎度おなじみホラーSHOX呪さんの方で、詳細なストーリーが書かれていますので今回、こちらではストーリーは割愛し、レビュー・・というか感想だけで。例によって、ガッツリネタバレなので、注意してください。

世の中には、冗談でやって良いことと悪いことがありますが、悪いことに触れそうで触れないギリギリの線上の映画。僕が観たUK版DVDはカット版とのことですが、もしかして完全版は「やって悪い」を超えてしまっていそう・・。(カット云々についてはimdbの掲示板で延々と議論されていますが、長文過ぎて読む気がしない!)

一番問題になるであろう、主人公のMilosが、雇い主であるVukmirが真に狂っていると確信するシーケンスで登場する「出産直後の赤子を禿頭のオッサンがレイプ、それを見ながら母親が恍惚とした笑みを浮かべる」ショートフィルム。これ、実は肝心の(?)赤子はオフスクリーンです。しかし、オフ故に赤子の”苦痛を表現しているであろう鳴き声”が耳に残ります。自分で取り上げた生まれたてホヤホヤの赤ん坊にチンコ突っ込む気になれるよなぁ・・・。(つーか、よく勃起するよな。)映像が比較的軽いものなのですが、とにかく嫌悪感を抱かざるを得ないシーンです。僕も色々と観てきましたけど、ここまで嫌な感じを抱いたことは無かったですねぇ。エロとホラーは相性が良いはずなんですけど、性行為と猟奇殺人が絡むとここまで嫌悪感を抱かせるものなんだなぁ・・・倫理とはなんぞ?っと。


↑例の狂ったショートフィルム。Vukmirは、「Born Porn!!」っと、声高らかに自画自賛してます。

しかし、中盤のこのショッキングなシーンを乗り越えてしまうと、待っていましたとばかりに、みんな大好き超絶ゴアサスペンスが展開。先の赤子レイプフィルムを観て、「こりゃ付き合いきれん!」っと、逃げ出すMilosさんですが、すでに一服盛られており、帰り道で昏倒。目を覚ますと家に無事帰り着いているのだが、何故か最後の記憶から三日も経っている。完全に混乱しているMilosはVukmir邸を再訪、残されたビデオで記憶をたどり、絶望的な幕切れへと突っ走り始めます。



↑一服盛られて、シャブシャブになったところで、とんでもないことをやらされていたMilosさん


↑一服盛られて、シャブシャブになったところで、オカマも掘られていたこともわかり唖然とするMilosさん


↑一服盛られて、シャブシャブになっている間、仕事を紹介してくれた女優友達Lejlaさんは全歯抜歯の上、フェラ便器にされてしましました



↑一服盛られて、シャブシャブになっている間、息子のケツをいただき、嫁は兄貴にいただかれてましたのMilosさん

赤子シーン以降、後半30分は気が狂ったシーンが立て続けに提示されるのですが、前半のドラマ部分の演出がしっかりしているため、全体の印象は意外に”まともな”映画です。


↑Milosのゲスい兄貴、義妹に欲情し「リンゴ欲しい?」の一言で、「うん欲しい(お前が)」的な場面


↑弟の家のトイレでマスをかく兄貴/アレな夫婦生活


↑Milosの子供が父ちゃん主演のポルノを惚けたツラで鑑賞し「パパ~、あの映画で何してたの?」「アレはお友達と遊んでたのよー」という、どこのご家庭でも一度はしたことがある会話。

金持ちがやりたい放題やる映画では「ホステル」や「マーターズ」等ありますが、どこかファンタジックな感覚であったこれらに対し、この「A Serbian Film」は、そんなフワフワした印象はなく、”ガチで気が狂っている”印象。本作を作り物として受け入れられるか?ってのは難しいとこ。僕は最後にMilosがブチキレてVukmir一派を皆殺しにするシーンで、ちょっと馬鹿馬鹿しい唯一冗談で済まされる眼孔ファックが出てきた時点でヨシとしました。(なにがだ・・)



↑なんだこの画は!!!



↑わるいひとたち

Dark House

->imdb:Dark House
顔芸!
その他のレビュー一覧


Review

少女が「お化け屋敷」といわれている家に忍び込むと、そこには刺殺された沢山の子供達と自らの手をディスポーザに突っ込み、放心している女が・・・。

演劇学校の学生であるClaire。彼女は14年前、目の前でキ印オババによる、児童大量殺戮を目撃したトラウマでセラピー通いだ。
担当セラピストに、「もういっそのこと、殺人の舞台になった屋敷に行って恐怖を克服するしかねぇな!」などと軽口な事を言われて凹む。

そんな折、演劇クラスの授業中に割り込んできた風変わりな男、Walstonがやってきて
「俺は、ホラーアトラクションで稼ぐ男だ!今度、大量殺人が起こったという、いわく付きの屋敷”Dark House”をホラーアトラクションに改造した!というわけで、お化け屋敷のバイト募集だ!3000ドル出しちゃうぜ!Youたち!働いちゃいなよ!」
などという。

予定調和というか、当たり前というか、”Dark House”は、過去にClaireが大量殺人を目撃してしまったお屋敷だ。やめときゃ良いのに、「こりゃ都合がいいわい!バイト代も稼げるし!」
という感じで、クラスの仲間4人と連れだってお屋敷へGO!

「へけけ!お化け屋敷だって、ブブッーー!」っとバカにしてた演劇学校の連中だが、レーザーホログラムによる、お化け屋敷のあまりのハイテクぶりに驚愕。本人たちもノリノリになるのであった。

しかし、肝心のClaireは、トラウマによる幻覚でちょっとアレな感じ。

お化け屋敷のレポートを書くために某マガジンの記者もやってきて、お膳立てが揃ったところに、キ印オババの霊が出現。お化け屋敷システムが汚染される。そして、ホログラムで合ったはずのお化け連中が実体化されてしまうのであった。

「ウハーーーッ!超リアルじゃん!」などと喜んでいる雑誌記者の2人と案内係のClaireであったが、ホログラムに硫酸をぶっかけられた記者の顔がガチで溶けちゃったから、さぁ大変!

「おいおい、こいつらはホログラムじゃねえのかよ!」っと、逃げ惑う面々であったが、次々と血祭りに。

1人生き残ったはClaireは、正体を現したキ印オババと直接対決を挑むが、ここで真相が明らかにされる。Claireは事件を目撃したのではなく、14年前の事件のトリガーであり、かつ、生き残りだったのだ!

キ印オババは、子供を家に監禁(養子か何かにして、育てていたっぽい。ただ監禁していたかどうかは判らないのだが、おそらくは学校には行っていない)し、聖書教育を強制してたガチの福音派。それに反発したClaireは、子供達全員をけしかけて地下の焼却炉で聖書を燃やしてしまい、その行為に激怒したキ印オババは、子供たちを皆殺しにしたのだ。Claireは1人、別室に隠れていたので助かっていたのである。


Claireとキ印オババのガチンコ対決!っとなったところで画面暗転。場面変わって、放心状態で包丁を床に突き立てているClaire。屋敷には、Claireに殺害されたと思われるWalstonとクラスメイトたち・・。

Claireは、精神病院に収容される。
担当の刑事曰く、「Claireは、屋敷を再訪したことでトラウマによる精神異常を発症。クラスメイト達と皆殺しにしたのだ・・。」

Claireは、本当に皆を殺したのだろうか?それとも、キ印ババアの怨念で陥れられたのだろうか?

そして屋敷には、Claire達を目撃した本当の目撃者が訪れていた・・。

顔芸ホラーとでも言おうか、とにかく登場人物の表情が秀逸な一品。設定は少し「地獄へつゞく部屋」っぽいが、設定だけである。

ジェフリー・コムズは、まあそういう役者さんなので言わずもがなですが、他の役者の表情も非常にパンチがある。TVシリーズで活躍している役者ばかりなのだが、顔見てるだけでも楽しい映画だ。




↑ババアとClaireの顔芸のすばらしさ



↑他の役者も何かオーバーフェイスアクト

< ↑顔芸の他、”いかにもな”構図がてんこ盛りなのも、嬉しい。 ゴア度は普通。オフスクリーンでの殺人シーンも多く、少し物足りない感もある。役者の殆どがクセがある顔ばかりなので、それぞれ個性的な死を描いても良さそうだったのに、非常にもったいない。目撃者だと思っていたClaireが実は当事者だったという捻りに拘りすぎて、何かが中途半端になってしまったようにも思える。 ゴアを期待しすぎると肩すかしを食うが、いつもの変わらない自己中心的な男を演じるジェフリー・コムズのハイテンションな芝居を楽しむだけでも十分楽しませてくれる一品である。