Last Girl Standing | ラスト・ガール・スタンディング



ラストガールは体は生きていても、心が死んでいるのではないか?というお話

作品データ

2015年 アメリカ
監督: Benjamin R. Moody
出演: Akasha Villalobos, Danielle Evon Ploeger, Brian Villalobos
->imdb

レビュー

キャンプ中の若者を鹿マスクの殺人鬼が襲い血祭りに上げるという、恐ろしい大量殺人事件が発生。唯一、災厄を逃れ生き延びたカムリンは、事件から5年経過した今でも平穏な日常を取り戻そうと苦労していた。一人生き残ってしまった罪悪感やトラウマからくる幻覚や悪夢に苛まれているのだ。

なんかよくわかんないけど 冒頭からクライマックスです

 
彼女が務めるクリーニング店の店長や同僚はそれを知ってか知らずか彼女を色々と気遣うが、カムリンがそれに答えることは無い。そんな彼女に転機が訪れる。クリーニング点にちょっとイイ男、ニックが入社したのだ。彼は元気の無いカムリンを自宅のパーティに招待し、明るい友人達を紹介する。その中の一人、ダニエラと打ち解けたカムリン。親友とも言える存在の出現にカムリンの生活にも一筋の光が見えてくる。しかし、ある晩、鹿マスクの影を目撃する。鹿マスクの男はカムリン自身が葬ったはずなのだが・・・。
「鹿マスクの殺人鬼はまだ生きているのでは?」
見かねたダニエラは、カムリンを殺人鬼の墓場に連れ出す。彼女達は墓を掘り起こし死体を燃やすのだが・・・。

屍燃やして万事解決かと思いきや どこまでもついて行きます

 
御存知の通り、ラストガールとは、スラッシャー映画で唯一生き残る女性を指す。有名どころでは、ハロウィンのローリーや13日の金曜日のアリス、エルム街の悪夢のナンシーだ。本作は、そんなラストガールのその後を描いている。
一晩中、殺人鬼に追い回され友人達は全員残酷な方法で殺害されるという常軌を逸した経験をしたワケだから、そう簡単に普通の暮らしに戻れるわけが無い。日々、何かの影に怯え、友人達の死を思い罪悪感に駆られ、悪夢にうなされる。映画ではこの陰々滅々としたラストガール=カムリンの生活を淡々と描くことに大半を費やしている。正直、観るのが辛いぐらい暗い。ロボットのように出勤し、ドライクリーニングマシンを放心したまま眺め、退勤後は何かあった時のためにランニング、ぼーっとリモコンを手にチャンネルをザッピングしながらの就寝。そして悪夢で起こされる朝。そして新しい友人と共にやってくる殺人鬼の影。劇中、ほとんど笑顔を見せないカムリンが心から笑う時はあるのだろうか?
察しの良い方は、気がつくかと思いますが、オチはそう、あなたの思っているとおりです。
ちなみに、前述したローリー、アリス、ナンシーだが、その後の続編で全員死亡している。ああ世知辛い。

とにかく暗いです。
何回でも撃退してやりますとも!
ボコボコにされる殺人鬼さん