ファイナル・デッドブリッジ (aka. Final Destination 5)



->imdb:Final Destination 5
もっと頑張れよ!!
その他のレビュー一覧


Review

大事故に遭遇し、無残な最後を遂げるはずの若者たちが予知夢により死を回避。しかしながら死ぬ運命は変えられず、スーパーナチュラルな偶然の連続により、次々にゴミクズのような死を迎えるという、毎度おなじみのシリーズなので、詳細は割愛。

1作目はサスペンスと笑いが同居した怪作であった。特に主人公の通う学校の先生が喰らう死のピタゴラスイッチが素晴らしかった。あまりにも素晴らしかったので、それをもっと極端にしたのが、2作目「デッド・コースター」だった。冒頭の事故シーンから凄まじい死の連鎖を見せつけ、さらにやり過ぎない人体破壊描写に、期待通りのピタゴラスイッチ、期待を裏切るフェイントの入れ具合等々、娯楽作品として1を軽々と超えていた。

そして3作目は、セオリー通りに「極悪化」させてきた。確実に息の根を止める死の連鎖。完膚無きまでに人体を破壊させるという方向に至ったのだ。つまり「ソウ」と同系に位置するフランチャイズと化したのである。よって、4作目からは印象が薄くなる。薄くならざるをえないところの3D化だったと思う。吹き替えこそ、罰ゲーム中のココリコ田中しか思い浮かばないようなショッパイ物だったが、まぁ、破壊描写やフェイントなどそれなりに上手いことやってのけていた。(僕は、嫌いじゃないんですよ。死に様もそこそこ凝ってたし)

というわけで、本作であるが、これがあんまり良くない。
まず、フェイントだらけなのだ、一回くらいは思った通りのピタグラスイッチを見たいもんでしょ。それが、さんざ期待させておいて、常に明後日の方向で死を迎える物だからあっけないことこの上ない。さらに残念な事に、本気で殺しに来ていないのだ。ネイルガンを頭蓋骨に連射とかラジエータファンに頭を粉砕されるとか、そういう「絶対に殺す!」という意気込みが感じられない(それでも、”そら死ぬわ”というパターンばかりですが)

冒頭の橋崩壊事故や巨乳メガネちゃんの死にっぷり等、それなりに楽しめるし、矢継ぎ早にバッタバッタと人が死ぬのは、やはり楽しい気分にさせてくれる。しかし、残念なことに旧作を超えるような強烈さは無い。さらに、ちょっとカチンと来るのは、「主人公がパリへシェフ修行に行く予定」という設定だ。この設定は冒頭で明かされるのだが、これほど先読み可能な設定はあるまい。バカゴア映画といえども観に来ているヤツをナメすぎである。シリーズ通して見てたらすぐに気がつくと思うのだが・・・。

また、予告編からも読み取れる「代わりの命を差し出せば助かる」ということから「自分の代わりの誰かを殺す」という展開になるのは良いのだが、そんな折角のサスペンス材料もメチャクチャ安易すぎる展開でガッカリであった。次世代トム・クルーズはそれでいいのかよと。

あ、歴代凶器が次々と豪快に飛び出す冒頭のスタッフクレジットは最高でした。でも、最後の”まとめ”は入れちゃいかんと思いました。
このシリーズはもっと頑張れるはずなのだ。次があるか微妙だけど、次はもっと頑張ってください。

修造 「考えろよ!もっと考えろよ!」
死神 「えー、だってもうネタないよ・・・」
修造 「無いなんて事はない!!どこかにあるはず、探そうよ!」
死神 「・・・ここは一つ3D化で・・・」
修造 「ほらあるじゃない! ほらみろ!あるじゃないか!でも前もやっただろ?」
死神 「そこでガンガン飛び出す内臓を・・・」
修造 「おお。そうだ内臓を飛び出させる!」
死神 「強烈で奇天烈なピタゴラスイッチを!!!!」
修造 「もっと!」
死神 「ピタゴラスイッチで人体をメチャクチャに!!!!!!!!」
修造 「はい死んだ!君の獲物、今、すごい死に方したよ!」