同人誌 残酷ホラー映画批評「Filthy Vol.1」を作りました


このブログに載せたレビューや「TRASH-UP!!」の連載記事、Bootlegへ寄稿したコラム等をまとめた本を作りたいと以前から思っていたんだけど、やっと同人誌という形ですが作ることができました。
まとめ本といっても、ほとんどの記事を書き直しています。今回は初めてのまとめ本ということで、特にテーマは決めずに俺が自分で「面白いなあ」と思った記事を選んでいます。もちろん書き下ろしのレビューやコラムも掲載しました。
ツイートを観ている方は「ナマニク、暇そうなくせに相変わらずブログ更新サボってやがる」と思われていたかもしれませんが、コレ、作ってました。

以下目次

未公開ホラー映画レビュー
  独りは辛いことなのだろうか?『Decay』
  ローションゲロと黄金イクラのハーモニー『Bite』
  薄幸女、名声ほしさに悪魔のチンポをしゃぶる『Starry Eyes』
  エクストリームストーキングPOV『Hangman』
  アルツハイマーは悪魔憑き?『Taking Deborah Logan』
  最強自爆映画『I Didn’t Come Here To Die』
  のぞき見大家、大ハッスル『13 Cameras』
  田舎と都会のキチガイの背比べ『The Girl in The Photographs』
  これだから団塊の世代はダメなんだよ!『Trash Humpers』
  心の奥底に眠るどす黒い本性『Beneath』
  無間地獄へ落ちた人々のアンソロジー『Southbound』
  女をボコることをウリにした炎上狙い『Black Rock』
  俺は古き良きスラッシャーが大好きなんだよ!『Gram Gore』
  暗喩まみれのインモラルホラー『Here Comes The Devil』
  帰還兵が腐って、穴という穴から腐汁がジョボジョボ『Sella Turcia』
  作り込みがすごい!エンターテイメントゴアムービー
                 『Sawney:Flesh of Man』
  ロックスターが撮った変態社会派サスペンス『Strange Land』
  幽霊版要塞警察『Last Shift』・・・・・40
  殺クマ鬼がでてくるヘンテコクマ映画『Into The Grizzly Maze』

 コラム
  くたばれ!狂った改悪ブーム 残酷描写の規制事情
  他よりちょっと詳しいシリーズ1
   『陰獣の森 ふりむくな!忍び寄る殺人鬼の影』のお話
  Bootleg Basic 号 寄稿記事改訂版ゴアの飽食

試し読みのPDFもこちらに置いておきます。

購入方法ですが、現在は新宿のビデオマーケットさん中野のタコシェさんで販売しています。72ページで800円です。同人誌の相場から言うと少し高めかと思いますが、値段分は楽しんで貰えると思っています。よろしくお願いします!!!

別冊映画秘宝「厭な映画」

厭な映画告知が遅くなりましたが、別冊映画秘宝 厭な映画 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)に寄稿しました!超絶にカッコイイ表紙で9/9に発売されております。さて、今回、私は、「悪魔のいけにえ2」、「悪魔のいけにえ3」、「テキサスチェーンソー」、「テキサスチェーンソー・ビギニング」、「飛び出す悪魔のいけにえ」の怒濤の悪魔のいけにえ続編レビューと「ホワイト・ドッグ」、そして「It Follows」のレビューを書いています。「It Follows」は、紙媒体としては初のレビューになっています!さらに「オッサンが狂っていく」と「ガイアナ人民寺院の恐怖」というコラムを2本執筆しています。他のライターさんも揃ってノりまくりです。相変わらず山崎圭司さんのいけにえへの思いは凄まじく、冒頭から読み応えたっぷり。岡本さんの濃い・・・とにかく濃いハーマン・ヤウのコラム、真魚八重子さんの「宇宙人」コラム等々、熱い厭気が十分に堪能できます。皆さんが考える”厭な映画”とは、若干趣向が違うかもしれませんが、是非読んでみてください!

ゾンビーバーが劇場公開されます!

frank_shisya_nykzonbiba_b5_h4

フィーバー!ビーバー!ゾンビーバー!というわけで、以前、本ブログに紹介しました「Zombeavers」が「ゾンビーバー」なるタイトルで新宿武蔵野館にて7月11日からレイトショー公開が決定しました。チラシの裏にコメントを書かせてもらいました。ここのところ告知ばかりに恐縮なのですが、本当に楽 しい映画なので、是非!

 

別冊映画秘宝「戦慄のスラッシャー映画伝説!!」

slahserlegend
別冊映画秘宝戦慄のスラッシャー映画伝説!! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)に寄稿しました!本日、2015/04/08発売となっています。そこらのヌルい映画紹介書籍とは違い、全編スラッシャー映画で埋め尽くされています。「切株映画の世界」、「同・逆襲」のような有害図書指定を目指し、「80年代悪趣味ビデオ学」の山崎圭司さんがセレクトした作品を中心に殺して殺して殺しまくる内容となっています。
私は「ブラッド・エイプリルフール」、「ローズマリー」、「暗闇にベルが鳴る」、「悪魔のサンタクロース」、「X線」、「Butcher Boys」、「ベル」、「真夜中の殺人パーティー」、「The Town That Dreaded Sundown」、「Murder-Set-Pieces」の10本ほどお手伝いしました。中でも日本の書籍で「The Town That Dreaded Sundown」と「Murder-Set-Pieces」の2本を扱えたことは快挙だと思います。加えて秘宝読者にはお馴染みの高橋ヨシキさんや中原昌也さんのコラム、別冊映画秘宝編集長 田野辺さんのあとがきまで、全てがかなり濃くて熱いです。是非是非読んでみてください!!

お前ら絶対に皆殺しだ!!!