Slaughter High (aka. April Fool’s Day , ブラッド・エイプリルフール )



->imdb:Rubber
イジメリベンジの隠れ名作
その他のレビュー一覧


Review

洒落にならないくらい酷いイジメに遭ったいじめられっ子が、クラスメートに復讐するという80年代ティーンスラッシャーのテンプレート映画。こういったイジメリベンジ物は、スラッシャー全盛期ではテラー・トレインやらプロムナイト等、最近ではThe FinalやTormented等といった具合に大量に生産されている。

この手の作品のイジメの内容といえば、死体とセックスさせられそうになったり、集団で虐めてたら転落死しちゃったとか、あまり現実的ではないイジメが多い。しかし本作は、そんな大量に存在するイジメ復讐ものの中でも、なんとなくリアルっぽいイジメが炸裂する。

童貞マーティ君は、美人のキャロルさんと一発やれるぜ!っと上機嫌で更衣室に誘われるまま
行き、素っ裸になったならば「残念!4月バカだよ!クソムシが!!」っとクラスのみんなに晒し者にされ、果ては、全裸で便器に頭突っ込まれちゃいます。
ハイスクールの調子に乗ったジョックス共が本当にやってそうな感じ。
あいつら、高校生の分際で車も女も乗り回しやがってよ。プロムだ何だと、ほんと死ねばいいよな!

というわけで、マーティ君のトラウマの軌跡を見てみよう!

 
↑やった!一発キメるぜ!っとゴキゲンのマーティ君。コンドーム膨らませるのは止めてください。

 
↑「ちわっす!マーティっす!」とゴキゲンで出てきたら、晒し者

 
↑慌てて逃げれば、ドアの取っ手に280V

 
↑わっしょい!わっしょい!

 
↑挙げ句の果てに一服もられて、事故発生。顔面崩壊。流石にこれはないか・・。

マーティ君は、このようにガッツリ虐められた挙げ句、顔面に酸をぶっかけられるというあまりに不幸な男。そんなわけで(酸もかけられたし)顔も精神も病んでしまった彼は、
5年後、廃校になった校舎に自分を虐めた連中を同窓会と偽って呼び寄せ、次々に惨殺していきます。


ちーっす!5年ぶり!マーティだよ!

ストーリーはいつも通りなんですけど、殺し方が凝ってるんですね。

  
↑謎の薬品ビールで腹が破裂するぜ!

  
↑人が死んでるのに、暢気にセックスするヤツはベッドごと高電圧をかけてやる!バインバイン乳が揺れますが、ブサイクちゃんなので残念。

  
↑風呂なんか入ってんじゃねぇ!溶かしてやんよ!!!

  
↑タールの沼に沈めるぜ!!

 
↑なんという既視感・・。

こんなシーンが畳み掛ける、非常にハイテンションな一品。クライマックス付近の音楽が13日の金曜日に似すぎているとか、変な書き割りが興ざめだとか、ラストガールがブサイクだとか色々あるんだけど、そのテンションに免じて全部許してやろう。

  
↑やたらとマヌケな書き割りから手が出たり、ちょっと微妙なダミーヘッドなど

しかし!!!

この映画のタイトルは「APRIL FOOL’S DAY」なのだ。うん。
同名タイトルの「エイプリル・フール/鮮血の記念日」のアレなオチが頭をよぎります。
(ちなみに「エイプリル・フール/鮮血の記念日」は、本作より後に制作)
なにか嫌な予感がする・・・・っと思ったら・・。
“Slaughter High (aka. April Fool’s Day , ブラッド・エイプリルフール )” の続きを読む

Blood Junkie



->imdb:Blood Junkie
毎度おなじみ、チープなホラー作らせたら世界一のトロマ社プレゼンツ
超低予算(7000ドル)の80年代リスペクトホラー!Yeahhhh! Wisconsin!!!!
その他のレビュー一覧


Synopsis

レイチェルが家でエアロビビデオを見ながら、ダイエットにいそしんでいると、親友のローラから「弟の子守代をゲットしたから、遊ぶべ!!!」というお誘いの電話が。ルンルン気分で2人はコンビニへ。

店員に色仕掛けをし身分証を見せずに酒を買うことに成功。「今日は親も居ないし、飲むべ!」っとウハウハと店を出ると、クレイグとテディの髭野郎2人組にナンパされ、キャンプ場にしけこむ事になる。


ローラの弟アンディも、アリを虫眼鏡で焦がして悦に浸っているような変わったガキだが、放っておく訳にもいかずキャンプに同行。彼らは怪談やらキャンプファイアでマシュマロ焼き、お楽しみのカーセックスなど画に描いたような青春を満喫。

しかし、翌朝になり散策をしているとレイチェルが行方不明に。続いてローラまで居なくなってしまう。クレイグとテディは、途方に暮れるが、キャンプ場近くに怪しげな廃工場を発見。そこにローラの痕跡を見つける。
そして背後からガスマスクの殺人鬼が二人に迫る!!!

・・・そういえば弟のアンディはどこに行った???

Review

若者4人(とクソガキ一名)が寂れたキャンプ場でチュッチュしていたら、ガスマスクを被った殺人鬼にぶっ殺されるっという単純で枯れたストーリー。
しかし、本作は時代設定を89年とし、徹底的に80年代の再現に努める。登場人物の原色がキツイ、ブカブカの服装、プラスチッキーな小物、強烈にチープなシンセとリズムマシーンのBGM、それらを
変色コマ落ち上等のグラインドハウス風フィルムにのせる。ド演歌を8トラックで聴いているような感覚の映画だ。

トロマというと、勢い任せで作ったクリーチャーが大暴れする映画ばかりが目に付くが、本作は割と落ち着いた感じ。(要はいつにも増してダラダラしているわけだが、それはそれで懐かしい感じがするのだ。)詳しくは調べてないが、どうやらトロマ社が買い付けただけで、制作自体はトロマとは関係ないっぽい。

本作、ランニングタイムは72分であるが、50分くらいは延々と80年代リスペクトだ。僕は非常に楽しめるが、80年代を知らない輩には、退屈なだけかもしれない。


↑エアロビビデオにレオタード


↑変なパーマにデカメガネ、マレットヘアに口ひげ


↑見てくださいよ、このデニムの色を!


↑こういうダルッダルなエピソードが延々と続きます。しかも乳は代役である。

残り20分くらいで、微妙なスラッシャームービーへと移行していくが、非常に脱力感に満ちた殺害シーンがまた良い。


↑ガスマスクってずるいよねえ、格好良く見えるもんね。でも何か怠い感じなんだよなぁ・・。


↑ホースでチューチュー血を吸う。/本作で一番コストがかかっていると思われる物品。

若者に混じって、画面をウロチョロするクソガキがとにかく怪しいなぁっと思っていたら、
案の定という展開も分かりやすくて気に入った。

無駄な事に金をかけず、そこそこ捻りの効いた脚本でそこそこに観られるという良くも悪くもトロマらしくない映画。


↑怪しいガキ、”アッチ側の子供”のステロタイプ的なショット

以下、ネタバレ

“Blood Junkie” の続きを読む

Absurd(aka.Rosso Sangue , Horrible , Antropophagus 2)


->imdb:Rosso Sangue
別名多すぎるんだよ!
その他のレビュー一覧


Synopsis

俺です。どうもどうも!”食いしん坊”で有名な俺ですよ!


↑自家製明太子カルボおいしいれす(^p^)@「喰人鬼の島」

あんまり食いしん坊だから、自分の腸喰って死んだことになっていたのですが
俺の風貌がバカウケしたおかげで、全く関係のない続編を作ることになったんだよ!やったね!

今回は、食いしん坊業をやめて、「ほとんど不死」というオカルティックな設定で
神父に追いかけられてるよ!!しかも舞台は、ちょっとした街だから見た目もちょっとアーバンな感じになってるぜ!


↑ワッセ!ワッセ!


パンチのある顔で、また腸出しちゃったけど、大丈夫!俺は、ちょっとした傷は
自動修復しちゃうから!


調子良くなったんで、看護婦をぶっ殺してやったよ!


通りすがりに出会ったオッサンも脳天をざっくりだぜ!ヒャッハー!
俺は誰でも殺す!行きあたりばったりにな!!!


調子に乗ってたら、車に轢かれちった!エヘヘ!
がしかし!俺は、やられたらやり返す!車を引いた野郎ん家まで殴り込みだ!


ネーチャンをツルハシで!!!


↑オーブンに頭から突っ込むぜ!
熱っつ!と、ガンガン頭をぶつけてやがるぜ!ワハハ!


でも、女の子にやっつけられちゃった!俺を追いかけてきた神父とはなんだったのか?

Review

職人ジョー・ダマトの「オマエらなんて、こんなのを観ときゃいいんだよ!」という姿勢が素晴らしかった、食いしん坊の島こと「喰人鬼の島」。この映画は、主人公のパンチある食いしん坊さん風貌も手伝って、そこそこウケが良かった。そこで、商魂たくましい職人さんは、続編を作ってしまおう!っと、安易に制作されたのが本作。まぁ、殺人鬼オッサンの役者が同じってだけで、全く繋がりがないんですけどね。

お肌荒れ荒れで、汚らしかった食いしん坊さんは、本作では、都会に進出したこともあり、前述の通り、毛もフサフサで、食人もしないアーバンなスラッシャーと変貌を遂げております。

食人しない代わりに、追加設定されたのは「怪我の自動修復」。そう彼は簡単に死ななくなったのである。前作では会う人片っ端から喰ってましたけど、今度は片っ端から殺すだけ。そんなスーパーナチュラルで邪悪な彼をダラダラと追いかける神父のちっとも緊張感のない追跡劇が本作のメイン。
ダマトならではの行き当たりばったりの展開が熱いです。多少ダレはしますが、他のダマト作品にくらべたらサクサクとした展開だし、ゴア描写はパンチが強い。僕は「喰人鬼の島」より気に入っています。

もちろん、独特のダルさ加減も具合がよい。
殺人鬼を轢いてしまうオッサンの家でアメフトを観ながらの晩飯のシーンとか、何の意味もないシーンがいくつかあるが、なれると逆に愉しい。

↑具がないスパケティをウマイウマイと喰いまくる、なにかマヌケなシーン

また、後半大活躍する女の子なのですが、何かのケガなのかなんなのか、寝たきりで首を固定されているくらい重傷にも拘わらず、斧をブンブン振り回すという展開も非常に思いつきで撮っているのが見え見えで、これまた清々しい。

↑寝たきりのわりに、指輪にピアスとお洒落な娘です。

その素晴らしい適当さ加減は、車に轢かれた殺人鬼を助けようとして逆に殺されてしまう、少年の死体でもよく現れている。彼の死体は10秒程度の間を置いて2回ほと大写しにされるのですが、2回目は明らかに”疲れてます”
< ↑口開けるの疲れたよ!! この映画はその昔、DVDがどうしても手に入らず、やっとebayで見つけて買ってみたら、VHSソースの小汚い海賊版が届いたというショッパイ思い出の一品。今は"Horrible"というタイトルでDVDも出て、入手も容易いです。 目的がハッキリした、ナイトシアター専用作品は非常に観ていて心地よいですねぇ。