ファイナル・デッドブリッジ (aka. Final Destination 5)


->imdb:Final Destination 5
もっと頑張れよ!!
その他のレビュー一覧


Review

大事故に遭遇し、無残な最後を遂げるはずの若者たちが予知夢により死を回避。しかしながら死ぬ運命は変えられず、スーパーナチュラルな偶然の連続により、次々にゴミクズのような死を迎えるという、毎度おなじみのシリーズなので、詳細は割愛。

1作目はサスペンスと笑いが同居した怪作であった。特に主人公の通う学校の先生が喰らう死のピタゴラスイッチが素晴らしかった。あまりにも素晴らしかったので、それをもっと極端にしたのが、2作目「デッド・コースター」だった。冒頭の事故シーンから凄まじい死の連鎖を見せつけ、さらにやり過ぎない人体破壊描写に、期待通りのピタゴラスイッチ、期待を裏切るフェイントの入れ具合等々、娯楽作品として1を軽々と超えていた。

そして3作目は、セオリー通りに「極悪化」させてきた。確実に息の根を止める死の連鎖。完膚無きまでに人体を破壊させるという方向に至ったのだ。つまり「ソウ」と同系に位置するフランチャイズと化したのである。よって、4作目からは印象が薄くなる。薄くならざるをえないところの3D化だったと思う。吹き替えこそ、罰ゲーム中のココリコ田中しか思い浮かばないようなショッパイ物だったが、まぁ、破壊描写やフェイントなどそれなりに上手いことやってのけていた。(僕は、嫌いじゃないんですよ。死に様もそこそこ凝ってたし)

というわけで、本作であるが、これがあんまり良くない。
まず、フェイントだらけなのだ、一回くらいは思った通りのピタグラスイッチを見たいもんでしょ。それが、さんざ期待させておいて、常に明後日の方向で死を迎える物だからあっけないことこの上ない。さらに残念な事に、本気で殺しに来ていないのだ。ネイルガンを頭蓋骨に連射とかラジエータファンに頭を粉砕されるとか、そういう「絶対に殺す!」という意気込みが感じられない(それでも、”そら死ぬわ”というパターンばかりですが)

冒頭の橋崩壊事故や巨乳メガネちゃんの死にっぷり等、それなりに楽しめるし、矢継ぎ早にバッタバッタと人が死ぬのは、やはり楽しい気分にさせてくれる。しかし、残念なことに旧作を超えるような強烈さは無い。さらに、ちょっとカチンと来るのは、「主人公がパリへシェフ修行に行く予定」という設定だ。この設定は冒頭で明かされるのだが、これほど先読み可能な設定はあるまい。バカゴア映画といえども観に来ているヤツをナメすぎである。シリーズ通して見てたらすぐに気がつくと思うのだが・・・。

また、予告編からも読み取れる「代わりの命を差し出せば助かる」ということから「自分の代わりの誰かを殺す」という展開になるのは良いのだが、そんな折角のサスペンス材料もメチャクチャ安易すぎる展開でガッカリであった。次世代トム・クルーズはそれでいいのかよと。

あ、歴代凶器が次々と豪快に飛び出す冒頭のスタッフクレジットは最高でした。でも、最後の”まとめ”は入れちゃいかんと思いました。
このシリーズはもっと頑張れるはずなのだ。次があるか微妙だけど、次はもっと頑張ってください。

修造 「考えろよ!もっと考えろよ!」
死神 「えー、だってもうネタないよ・・・」
修造 「無いなんて事はない!!どこかにあるはず、探そうよ!」
死神 「・・・ここは一つ3D化で・・・」
修造 「ほらあるじゃない! ほらみろ!あるじゃないか!でも前もやっただろ?」
死神 「そこでガンガン飛び出す内臓を・・・」
修造 「おお。そうだ内臓を飛び出させる!」
死神 「強烈で奇天烈なピタゴラスイッチを!!!!」
修造 「もっと!」
死神 「ピタゴラスイッチで人体をメチャクチャに!!!!!!!!」
修造 「はい死んだ!君の獲物、今、すごい死に方したよ!」

Mother’s Day


->imdb:Mother’s Day
レベッカ・デモーネイが(また)キチガイ母の役をやるってんで、どんなもんかと思って観たら
いつものレベッカ・デモーネイだった。
その他のレビュー一覧


Review

脱走犯の男3人(ウチ1人は重傷)が、母ちゃんに会いに昔住んでいた家に逃げ込むが、カーチャンは居ない。それもそのはず、実はその家は借金差し押さえられ、競売かけられ売却済み。そんなわけで、彼らが今逃げ込んだ家には、物件を購入した別の夫婦(子供は事故で失っている)が住んでいて、嫁の誕生日を友達と和気藹々と祝っているのであった!そんなことを全く知らない3人は

「おいおいテメーらふざけんな!俺たちの家で何遊んでやがる!俺らのカーチャンを呼んだからな!覚悟しろ!」

っとキレて、銃で脅し、ファニー・ゲーム開始。

   
↑不幸な夫婦とゲスい仲間

金目の物を一切合切巻き上げてトンズラしようと企むわけだが、やるほうもやられるほうも一筋縄ではいかず、阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられる。
キチガイのカーチャンはとにかく、誕生会を祝っているお友達や、夫婦には結構な問題があったりするわけですよ。全員に相当クセがあって、誰にも同情できないという珍しいパターン。日本盤が発売されそうなのでネタバレは控えておきますが、ほんと誰も彼も自分のことしか考えないゲスい連中です。(通りすがりの女でさえゲスい)

   
↑悪い兄貴たちと可愛い妹、そしてパッキパキのカーチャン!
 
  
↑彼女は犯されかけ、カツラをむしり取られの不幸なオッサン。彼の不幸はまだ始まったばかりだ!

 
↑逆らって、利き手を潰される旦那。コイツがまた使えない男!!

  
↑嫁と長男の恐怖のお使いを目撃してしまったアーパーな姉ちゃん。銃で脅されて殺し合いします。

 
↑たまたま誕生会に出席していたお医者に散弾を腹にブチ込まれた末弟の治療を強制させる。
 「コイツが死んだら皆殺しだからな!」
 どこかで見たことあるなぁって思ったら、フローズンで人知れず○○○○に
 美味しく○われてた人でした。

  
↑脱走のお仕置きとして、熱湯を耳に。髪の毛を燃される。果ては、ドカーーン!

  
↑レベッカさんの顔芸が心ゆくまで楽しめるよ!

  
↑冒頭に産科病棟から赤子を誘拐するシーンを入れ、色々とミスリードを誘うのも憎い。
 このナイフ捌きは、マイケル・マイヤーズばりである。ザックザク!

  
↑俺が気に入っているシーン。よりにもよって重傷の末弟の筆卸を強制する
 (母ちゃんがパンツまで下ろしてくれるよ!)
 興奮した末弟君は、病状悪化(当たり前である)
 彼は作中、幾度か呼吸停止し、ドキムネさせてくれます。

誕生会チームがバカ過ぎて形勢逆転の機会をことごとく逃しまくり、キチガイチームに有利すぎるアクシデントが多発し、イライラすることこの上ないのが最高!
監督はダーレン・リン・バウズマン。Sawシリーズで培ったスピードのある演出が持ち味だの彼だが、本作もテンポが素晴らしい。
レベッカ・デモーネイの”そっち演技”は、ゆりかごを揺らす手以降、TVでも有名シリーズ「Law & Order」で狂った女を演じていたり、その偏執狂な演技は板に付いた物だ。後半の大乱闘シーンも頑張っている。この人、綺麗なのにホントこう言うの似合うなぁ・・・。他の役者は殆どがTV畑専門でかなり安く上げている様子。
ちなみにトロマ社の80年の迷作「マザーズデイ」のリメイクとなっているが、全く関係のない別のストーリーになっている。

  
↑色々と申し分のないデキ!

Sudor Frio (aka. Cold Sweat)


->imdb:Sudor Frio
トリプルA(AAA)って保険のことかと思ったけど、実はかなりアレな集団だったという
その他のレビュー一覧


Review

彼女のジャッキーから突然、メールで別れを告げられたローマン。納得できない彼は、彼女に会いに行くが、ジャッキーは何故か行方不明になっている様子。どうやら出会い系サイトに知り合った男に会いに行ったきりらしい。そんなわけで、ローマンはジャッキーとの共通の友人アリと協力して彼女を捜すことになる。

 
↑こいつらどうもネット依存症っぽい。なんでもかんでもFaceBook頼り。

廃墟ビルにたどり着いた二人。様子を伺おうとまずアリが先にビルに侵入するが、背後から襲ってきた何者かに拉致されてしまう。
「なにかあったに違いない!」と続いて廃ビルに入ったローマンが見たものは、ジジイ二人が若い娘を拷問している様だった!

っと、こんな導入部です。ポスターが気に入ったという理由だけで、鑑賞を始めたので期待していなかったのですが、コレが面白い!!!

謎の数字を解読しろと、ジジイ共に迫られる半裸の女が登場するのですが、一見、何をされているのか判らない。分厚い鉄板の上に粘度の高い液体を垂らし、その上に頭を吊された形になっています。

 
↑乳丸出しなのがありがたいですが、なんのこっちゃわからん。

そして女が鉄板に頭を落とすと”ドカーン!!!”、頭が弾け飛びます。 先の液体はニトロなんですねぇ。本作はニトロを使った爆発シーンや人体破壊シーンが多く描かれるのですが、面白いのは「ドカーン!」という効果音がない。その代わり、爆発と同時にゴアグラインドが流れるんです。昔ながらのゴアではなくインダストリアルよりのテクノゴアグラインドという感じ。

  
↑「ドカドカドカ!う゛ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!ドカドカドカ」という曲です。

ローマンとアリは無事合流し、地下室に監禁されているジャッキーを発見するのですが、なんと彼女は全身に高粘度のニトロを塗りたくられている状態!下手に動くとゴアグラインドが流れてしまうので、簡単に連れ出せない。文字通り這いずり回りながらの脱出劇!

 
↑当然、服を脱いで髪を切って乳出して。ツヤツヤしてて、なんだかエロいよ!!

そんなキチガイジジイの正体はアルゼンチン反共産極右民兵組織AAA(トリプルA)の残党。どうやら、彼らは出会い系サイトを利用し女を拉致、なんらかの実験台にしている様子。

  
↑出会い系の餌にされているイケメン君。明らかに”様子がおかしい”/実は”ダルマ”にされ、デスノの”L”Tシャツを着せられている。

ちなみにAAAは実在した組織で、70年代にはアルゼンチンのマルクス主義者を1500人も殺した過激派集団。70年代は親ナチだったファン・ペロンが大統領となっていた時代で、もともと右翼が強かった国だったのに輪をかけて強かった時代なんですな。しかも結構人気があった。なので、ナチの残党が南米に逃げたってことも納得です。あ、そうそう、ファン・ペロンの嫁は、あの「エビータ」です。

  
↑地下には実験体が監禁されている。ビジュアルも強烈だ。

緊張感がすごい。次から次とピンチに陥る一行。「ジジイ2人くらい、若造3人でどうとでもなるだろ」とか「ニトロってそんな使い方できんのかよ?」みたいな粗さも気にならない勢いだ。

  
↑塗りたくられたニトロは、使い方によっては武器なる!(モチロン爆発音はゴアグラインド)

  
↑キチガイジジイ2人。実は腕っ節も強い

クライマックス、ニトロによる全身爆裂シーンがありますが、これも素晴らしい。
溶ける耐熱服!充血する目!焼けただれる顔!飛び散る内臓!
これらがスーパースローで楽しめる!いやーーん!!かっこいい!!!

  
  
↑このシーンはスゴイ!

ゴアも強烈ですが陰影を強調した画作りも非常に上手く、監督の才能を感じさせる一品でした。(陰影についてはキャプチャしても見えないのが残念!)
とにかく傑作です。先に紹介した「Deus Irae」やチリ産の監禁拷問ホラー「Goat Head」など南米ホラーが熱いですね。

  

監督のアドリアン・ガルシア・ボグリアーノさん、全然知らなかったんですが”その筋”では既に名の売れた監督。同監督の過去作品は、主にWHDジャパンから発売されており、手軽に可能です。スパニッシュ・ホラー・コレクションと銘打ったボックスセットがそれにあたります。どーも胡散臭いセットタイトルからアッサリと無視を決め込んでいたのですが、これではいけませんね。反省です。早速、観てみようと思ってます。(しかしながら本作は、まだ流通がイマイチでDeepDiscount等、ちょっと難易度の高い海外通販でないと入手できません)このボックスセット発売の切っ掛けになった作品である「ザ・ヘル ネクストステージ」も中々のデキのようですよ。(※tsuratakさん、情報ありがとうです!!)
「ザ・ヘル ネクストステージ」のレビューは、毎度おなじみmash1966さんのSAMPLE日記で読めます。

Deus Irae


->imdb:Deus Irae
短編の醍醐味をすべて詰め込んだアルゼンチンの刺客
その他のレビュー一覧


Review

ちょっと良いもの観ちゃったので、取り急ぎご紹介のみ。
この13分の短編は、単純な悪魔払い映画のフォーマットを駆け足で走り抜ける。
短編ってのは、起承転結を短時間で展開させるため、脚本・演出の力量が出やすい。
その点、本作は小道具の使い方、演出、メイク、どれをとってもハイクオリティ。なんでこんな逸品が放っておかれたのか・・・。

  
↑サイン波の様な耳障りなハミングが流れるオープニング/ベタであるが効果的な小道具

 
↑悪魔払いを妨害した母親は鼻をへし折られる/天井には不気味な有機体

  
↑いざ悪魔払いを始めると、ベッドの下からバケモノが

  
↑殴られまくり顔が変貌していく娘/無常観漂うハードボイルドな展開

  
↑絶望的だがテンションが上がるカーペンター的な幕切れ

地方の無名監督に短編と思ってバカにして観てたら完全にやられてしまった。同監督の長編も見てみたいものだ。

Panic at Rock Island


->imdb:Panic at Rock Island
これで観光客は呼べないだろうが!
その他のレビュー一覧


Review

ロックフェスで賑わうシドニーハーバーのとある島で劇症出血熱が大暴れ!っというもの。
しかも、病気がどのように拡散していくか?という部分を大幅に割愛し、とりあえず血をゲバゲバ吐いて「折角のロックフェスにきたのに!血反吐!悔しい!ビクンビクン!」という様が淡々と観られる、俺には嬉しい一品。

実際の出血熱の症状って、リアルに映像化すると結構地味なんですよねぇ。しかし、素人がイメージする出血熱って、「全身の穴という穴から出血して大痙攣のあとに絶命」っていうものなわけですよ。
そりゃぁ「20世紀少年」の例のウィルスやら「キャビン・フィーバー2」(1じゃないよ)みたいに派手にやってくれても良いんだけど、アレはやりすぎだし。

その点、本作はTV映画なのであまり無茶できない。そこで、ちょっとでも派手にしようと血糊を多めにしているようなのだ。コレが以外と効いて「なかなか怖い病気」表現に成功しているように見える。

  
↑ステージダイブしたのは良いけど、ゲロ吐きまくり/メイクの濃さが丁度良い

  
↑死の瞬間は派手に痙攣して血をゲバゲバ!

観る人によっては、ただの縮小版「アウトブレイク」にしか見えないかもしれない。
しかし、舞台が都市近郊に浮かぶ島であることを利用して上手い具合に小規模さを隠すように閉鎖空間を創り出し、その上でチマチマしたドラマを紡ぐ地味さはTV作品ならではの味。

  
↑アッチでゲロ、コッチでゲロ

  
↑もちろん逃げ出すヤツはブチ殺す

オチが軽すぎるところや、かなり深刻な病気なのに(Level4だって言ってるに拘わらず)医者が無防備すぎたり、ちょっと政府の対応がアホすぎたりするが、大量のゲロと血糊に免じて許してあげてください。

また、ボートをブイブイ走らせたり、ヘリをバリバリ飛ばしたりと、変に金がかかってる感があったのですが、この作品、ニュー・サウス・ウェールズ観光局が関わってます。(反抗した一般市民をブチ殺すようなところをアピールしてどうする)そして、ロックフェスに登場するバンドもSpiderbaitやGhostwood、SmashproofとAU、NZのご当地連中。必死さ加減や金の匂いがプンプンするのもTVっぽくて良い。