Rubber


->imdb:Rubber
殺人タイヤが大暴れ!!っという触れ込みだったような気がするが・・・・
その他のレビュー一覧


Review

冒頭、警官とおぼしき男が、映画についての持論を炸裂させる。この映画のレビューには欠かせない件だ。

「あらゆる名作は、まったく存在意義がない!だから、本作はそれをリスペクトするのだ!」

突然の「俺様の映画には、これで文句のつけようがないだろ?えぇ?」っという保険宣言に唖然となる。この反則のオープニングで、本作が予想以上にくだらないものであることを確信するも、本編に入るとあまりのシュールさに完全に一本撮(取)られた感で開いた口が塞がらない。

荒野に捨てられたタイヤ。彼がヨチヨチ歩きというイメージで立ち上がるところから本編スタート。
 
↑タイヤ君と、そのイメージ


↑その場面を眺めるギャラリーの皆さん。ギャラリーの皆さんは飯も喰わずにタイヤ観察に夢中。

 
ギャラリーの見守る中、空き缶やペットボトルとの出会いとともに、成長していくタイヤ君。タイヤ君は人生最初の壁であるビール瓶と巡り会うが、突然目覚めたサイキックによって粉砕。大勝利を収める。

 
↑可愛いウサちゃんも粉砕だ!!!お友達になれたかもしれないのに!!!

そしてタイヤ君は、道中で見かけたお姉さんに一目惚れ。彼女を追っかけ回すのだが・・・。
 
↑「きゃー!タイヤさんのえっち!!」

タイヤがゴロゴロと転がっているだけのシーンが殆どを占め、まさにシュールという言葉がふさわしい場面の数々。冒頭の宣言の通り、まったく意味を成さないフラフラの千鳥足ストーリーは、強烈な脱力感におそわれること間違いない!

 
 
↑タイヤ君は、そのピュアさ故、片っ端から出会う生き物を粉砕していく

殺人タイヤという売り文句から、往年の迷作「アタック・オブ・ザ・????」(????はキラートマトやらジャイアントウーマンやらジャアントケーキ等、好きなものいれてね!)のような作品を連想するが、そんな映画ではない。騙されたと思って「ベイブ」とか「3匹荒野を行く」とか「皇帝ペンギン」なんかをを観るつもりでみてほしい。力尽きて倒れるように眠りにつくタイヤ君、気怠く朝のシャワーを浴びるタイヤ君、ご機嫌にカーレース番組を観るタイヤ君、そんな愛らしいタイヤ君をみるにつけ、その辺に捨てられたタイヤすら愛おしく感じるようになるだろう。タイヤの不法投棄は止めよう!!!

 
 

Slime City Massacre


->imdb:Slime City Massacre
足踏みすること22年。
その他のレビュー一覧


Review

ドロドロスライム人間が無軌道に人をぶっ殺すだけの映画、グレッグ・ランバーソン監督の「ジャンクシティ/屍肉の館」。その22年ぶりの続編だ。もちろん監督は同じくグレッグ・ランバーソン。

「ジャンクシティ/屍肉の館」を振り返ってみるとこんな話。

アパートに引っ越してきた学生が、謎の隣人に”カラフルな液体とヨーグルト的な何か”を振る舞われる。
危ぶみながら喰ってみると、意外と旨い。しかし、”それ”を喰うと・・・

・何故か体からスライム状の何かが染み出す(実際の所は、体が溶けているらしいが)
・殺人衝動を抑えられなくなる
・人を殺すと、なぜか体のスライム染み出しが治まる。
・治まってもてもまた”カラフルな液体とヨーグルト的な何か”を欲する衝動に駆られる

実は、その謎の食い物は、過去集団自殺したヘンテコ宗教団体の信者の
魂が詰まった物で、殺人を繰り返すたびに人格を信者の魂に乗っ取られていくのだ!

学生さんは、カラフルな食い物を食っては、人を殺しまくる。
果ては、恋人までを手にかけようとするが・・。

B級ホラーとしては、非常に魅力的なストーリー。
ローションを頭から被っるだけの意味のないドロドロ化のインパクトのみが先行するため、よく「ダメ映画」「カス」「Z級」などと言われている作品ですが、そんなに決して悪くはないんですよ。

↑特にクライマックスのパックリと割れた頭から逃げ出す脳味噌は最高だ!!

で、続編の話。

謎の緑色爆弾が炸裂、荒廃した近未来のニューヨーク。あてもなくふらつく4人の若者。

↑冒頭、トロマ社総帥、ロイド・カウフマンの小芝居が炸裂し、嫌な予感しかしない。

ふらり立ち寄った廃屋から発見した、”お酒っぽい液体とヨーグルト的な何か”を飲むと、体から色とりどりの分泌液が出るようになり、殺しやらセックスやらの衝動が抑えられなくなってしまう。
前後不覚になりながら、浮浪者コミュニティに忍び込み、ルンペンを殺してみたら、あら不思議。ドロドロが治まった!しかし、モチロン彼らが口にしたのは、前作同様、宗教団体謹製人格乗っ取り秘薬。あっという間に”お酒っぽい液体とヨーグルト的な何か”の中毒になってしまう。

一方、リッチなスーツ族が荒廃したニューヨークから浮浪者を一掃しようと傭兵を雇い、浮浪者皆殺しを企む。そんなわけで、浮浪者と傭兵とドロドロ人間の三つどもえの死闘の火ぶたが切って押落とされたのだ!!!

はあ・・・・。
あ、メインストーリーの裏に、宗教団体謹製人格乗っ取り秘薬の誕生秘話も描かれるのですが、あってもなくてもどっちでもいい話になってます。

つまり、うん・・・そうなんだ。ごめん。ドロドロ人間が浮浪者と傭兵の皆さんをグチャグチャの肉片にするだけの映画なんだ。前作とほとんど同じ?そうだよ!同じだよ!悪いのかよ!!!

22年経っても、やってることが全く変わっていないことに感動すら覚える。全然脱がないセックスシーン(前作よりは脱いでるけどね!)、頭からローションぶっかけただけのドロドロ表現。
前作の衝撃シーン、ドロドロ人間の頭がパックリ割れて脳みそがエッチラオッチラと這いずるシーンも健在。


↑今回は色とりどりスライムだよ!


↑ローションプレイだよ!!!

「おもしろいの?」って言われると「うーん、そうでも無いよ・・」っと答えるしか無いのですが、僕が凄く気に入ったのは”ドロドロになりすぎて”バスタブにまとめてある女。


↑この状態でFuck me!Fuck me!連呼してます。(後半は巨大マンコ人間として復活します)

スキモノの中では有名な氏賀Y太の漫画に登場するヒルのDNAを仕込まれた女に似てるんですねぇ。

↑氏賀Y太先生の名作です

何度も”やっていることは前作と同じ”と言っていますが、当時はアングルや血糊で誤魔化していたメイクがCGへと置き換えられ、アナログ独特の味は失われています。
少し残念ですが、豪快な人体破壊シーンはありますし、ジャンクシティが面白かった人(いるよね?僕以外にも!)は、それなりに楽しめる・・・っと思うんだけどなぁ・・・。

Blood Junkie


->imdb:Blood Junkie
毎度おなじみ、チープなホラー作らせたら世界一のトロマ社プレゼンツ
超低予算(7000ドル)の80年代リスペクトホラー!Yeahhhh! Wisconsin!!!!
その他のレビュー一覧


Synopsis

レイチェルが家でエアロビビデオを見ながら、ダイエットにいそしんでいると、親友のローラから「弟の子守代をゲットしたから、遊ぶべ!!!」というお誘いの電話が。ルンルン気分で2人はコンビニへ。

店員に色仕掛けをし身分証を見せずに酒を買うことに成功。「今日は親も居ないし、飲むべ!」っとウハウハと店を出ると、クレイグとテディの髭野郎2人組にナンパされ、キャンプ場にしけこむ事になる。


ローラの弟アンディも、アリを虫眼鏡で焦がして悦に浸っているような変わったガキだが、放っておく訳にもいかずキャンプに同行。彼らは怪談やらキャンプファイアでマシュマロ焼き、お楽しみのカーセックスなど画に描いたような青春を満喫。

しかし、翌朝になり散策をしているとレイチェルが行方不明に。続いてローラまで居なくなってしまう。クレイグとテディは、途方に暮れるが、キャンプ場近くに怪しげな廃工場を発見。そこにローラの痕跡を見つける。
そして背後からガスマスクの殺人鬼が二人に迫る!!!

・・・そういえば弟のアンディはどこに行った???

Review

若者4人(とクソガキ一名)が寂れたキャンプ場でチュッチュしていたら、ガスマスクを被った殺人鬼にぶっ殺されるっという単純で枯れたストーリー。
しかし、本作は時代設定を89年とし、徹底的に80年代の再現に努める。登場人物の原色がキツイ、ブカブカの服装、プラスチッキーな小物、強烈にチープなシンセとリズムマシーンのBGM、それらを
変色コマ落ち上等のグラインドハウス風フィルムにのせる。ド演歌を8トラックで聴いているような感覚の映画だ。

トロマというと、勢い任せで作ったクリーチャーが大暴れする映画ばかりが目に付くが、本作は割と落ち着いた感じ。(要はいつにも増してダラダラしているわけだが、それはそれで懐かしい感じがするのだ。)詳しくは調べてないが、どうやらトロマ社が買い付けただけで、制作自体はトロマとは関係ないっぽい。

本作、ランニングタイムは72分であるが、50分くらいは延々と80年代リスペクトだ。僕は非常に楽しめるが、80年代を知らない輩には、退屈なだけかもしれない。


↑エアロビビデオにレオタード


↑変なパーマにデカメガネ、マレットヘアに口ひげ


↑見てくださいよ、このデニムの色を!


↑こういうダルッダルなエピソードが延々と続きます。しかも乳は代役である。

残り20分くらいで、微妙なスラッシャームービーへと移行していくが、非常に脱力感に満ちた殺害シーンがまた良い。


↑ガスマスクってずるいよねえ、格好良く見えるもんね。でも何か怠い感じなんだよなぁ・・。


↑ホースでチューチュー血を吸う。/本作で一番コストがかかっていると思われる物品。

若者に混じって、画面をウロチョロするクソガキがとにかく怪しいなぁっと思っていたら、
案の定という展開も分かりやすくて気に入った。

無駄な事に金をかけず、そこそこ捻りの効いた脚本でそこそこに観られるという良くも悪くもトロマらしくない映画。


↑怪しいガキ、”アッチ側の子供”のステロタイプ的なショット

以下、ネタバレ

“Blood Junkie” の続きを読む

Bootleg Vol.3 Noir に参加しました


映画評同人誌『Bootleg』に寄稿しました!
「Bootleg」は、ずっと読者だったのですが、今回、編集長の侍功夫さんのご厚意で「ナマニクさんの大残酷」というディスクレビューを書かせてもらいました。

Hostel以降のブルータル化が激しい拷問・スラッシャー・人体破壊映画についての短評を30本くらい書いてます。本ブログのレビューから抜いたものもありますが、全面的に書き直しています。詳しくはこちらで。

このご時世に、あえて今回のテーマは「悪」とのこと。いかにも侍さんらしいチョイスだなぁっと思います。

「悪」の定義って難しくて、どうしても主観が入ってしまうんですよねぇ。例えば、5150 elm’s way なんかそうなんですけど、プライベートな「悪」ってのは、個人の理解を超える場合もあります。理解しやすいプライベート悪の典型であるSawのジグソウなんてタダの偏屈ジジィだし、「マーターズ」のマダムみたいな連中については、おそらく多くの人は彼らを「悪」と認識しますが、本人はそう思っていなかったり。(そのあたり、Pure Evilな感じはしますけどね)

そんなわけで、他のライターの方の悪がどんなものなのか僕も楽しみです。僕のほうは、そんなテーマに合わせて、いつにも増して軽薄・軽率に書くように努めました。(ひっそりレギュラー化を目論みつつ。。)

当日、僕も文フリ会場でフラフラしてると思いますので、お時間のある方は是非来てくださいませ。

トロール・ハンター / 黙って俺についてこい!!!

トロール・ハンター aka.The Troll Hunter,Trolljegeren (2010)Director: André Øvredal | Country: Norway

Synopsis

クマが謎の死を遂げている!というわけで、調査に乗り出したノルウェーの学生3人。
調査を進めていくと、地元猟師から怪しいオッサンの存在を聞かされる。
どうもクマ殺しは、その怪しいオッサンが関わっているらしい。

早速、怪しいオッサンを探してみる3人。労せず、すんなり会うことはできたのだが、
取材を申し入れても全く相手にしてもらえない。うむ。これは確かに怪しげ・・っと
夜な夜な出かけていくオッサンの後を付けていく3人。
森の深くまでオッサンを追っていった3人は、巨大な生物を目撃する!


↑ババーーーン!三首トロル!!!

これを見ちゃったらしょうがねぇ!っとオッサンは事情を説明する。

「俺は、トロルハンター!ノルウェーの自然をトロル共から守っているのさ!
    ホントは秘密なんだけど、秘密にするのも飽きたので、俺と一緒に来いよ!!」


↑紫外線照射で石化したトロルをおもむろにハンマーで粉砕するおっさん

本物を見てしまった後では、オッサンを信じるしかない3人。

「・・・・わぉ、アンタ、ヒーローやん?」

そんなわけで、トロルハンターであるオッサンに行動を共にすることにした彼らだが
トロルの存在を隠蔽しようとする男が現れ・・。


↑邪魔者(後ろには、トロルの所行を誤魔化すため、どこからか運んでこられた死んだクマ)

Review

大迫力の巨人がドッカンドッカン暴れる、ノルウェーの気合いの入ったモキュメンタリー。
迫力だけじゃないぞ!設定もなにやら複雑だ。

・トロルには森トロルと山トロルがいて、争いをしている
・トロルの妊娠期間は15年くらい
・トロルは紫外線に弱い。紫外線を当てると石化するか爆発(!)する
・トロルは匂いに敏感。だからハンターはトロルの体液を体に塗りたくっている(すげぇクサイ)
・実は、ほ乳類

等々。劇中、トロルハンターが得々と語ってくれる。(実は、ハンター役の役者さんが全部アドリブで話している)


↑語る親父「昨晩の三首な、ありゃぁな、メストロルの気を惹いたり、ライバルを威嚇するために首を2つ増量してんのよ。わかる?」

設定周りで少し残念なのは、ハンターが「オマエはクリスチャンか?クリスチャンはダメだ!トロル狩りに同行させられない!」っと、きつく言うのですが、”なんでクリスチャンはダメなのか?”という説明は全然されないところ。後半、アラブ系の女がメンバーに加わるのですが「ムスリムは大丈夫なの?」という問いに対して「よくしらねぇよ!」っと、答えていることから、なんだかネタっぽくもあるのですが・・・。海外のレビューを見ても「クリスチャン嫌いの件については、説明不足!」っと言及されていたりします。
※コメント欄にて、情報いただきました。トロールは、キリスト教徒の血に反応するという設定が昔からあるそうです。


↑トロルハンター!

また、モキュメンタリーなので、例によって手持ちカメラのブレブレ映像が連続です。
しかし、肝心な所が見切られたりせず、トロル自体も全く出し惜しみをしていない。このため気分良く見ることができる。
さらにモキュメンタリーにありがちな極度の緊張が続くようなことも無く、ハンティングシーンにもコミカルな要素も盛り込んでいるのも大きな効果を上げている。
このコミカル要素による”ちょっと抜けたような感じ”が、逆にリアリティを感じさせるのだ。


↑ジャジャーーーン!!!
トロルの健康状態を調べるため、ハンターは巨大注射器を持ってトロルと勝負するのだ!
※検査の結果、トロルは狂犬病持ちであることが判ります。危ない!!!


↑巣穴を調査していたら、トロル集団が戻って来ちゃった!


↑放屁に悶絶する4人

トロルというと僕は小人をイメージするのですが(エンパイアピクチャーズのアレ)
北欧伝承ではやっぱり巨人。(実際、ウチの嫁さんはトロルっつったら巨人だろ?っと言ってました)その巨人トロルは殆どがCGですが、非常に違和感なく撮れています。「スカイライン」の有機体よりも、もっとリアルな印象です。さらに、ノルウェーの大自然も美しく見ることができる。これが前述の出し惜しみ無し演出とあいまって、とにかく爽快!
※トロルハンター役のオッサン、実はノルウェーではかなり有名なコメディアンとのこと。だから何か笑える感じがするんですねぇ。


↑エンパイアのアレ

↑対トロル用ランドローバー!!


↑デカイ!でかすぎる!!!(下の方の小さい影がハンターさんです)

本作の舞台である、ノルウェーでは未だにトロルの存在を信じている人々が多いとのこと。標識もあるくらいですからねぇ。そんなトロルをこんな扱いして大丈夫なのだろうか?


↑トロル注意の標識

ラストの超巨大トロルはものすごい迫力。劇場公開の暁には、是非、大きなスクリーンで楽しみたい映画だ。
※レビューから1年後、2012/03/24に日本劇場公開となりました!もちろん、劇場まで観に行きましたが大満足!!!