Stuck


Director:Stuart Gordon
Cast:Mena Suvari,Stephen ReaRussell Hornsby,Carolyn Purdy-Gordon
->imdb:Stuck

スチュアート・ゴードンというと、「死霊のしたたり」や「フロム・ビヨンド」「ドールズ」 最近では「ダゴン」やMasters of Horrorの黒猫やWitch-Houseといった 超常現象やクトゥルフネタをもってくることが多いのですが、今回はストレートなサスペンスのようです。

 

Story


家賃を滞納しすぎてアパートを追い出されてしまったトムさん。
大家に逆ギレして飛び出したのはいいけれど、職安に行っても仕事を回してもらえない。

公園で途方に暮れていたらホームレスに「まぁ、気楽にやんなよ!」と元気づけられカートをプレゼントされる体たらく。


いっぽう老人ホームで看護士をするブランディさん。ウンコもらしたおじいちゃんの世話やらなんやらで忙しい。

人にちょっと認められてゴキゲン。
(上司役、『フロム・ビヨンド』でジェフリー・コムズに目玉チューチューされるキャロライン・ゴードンさんです。)


そんなブランディさん、その夜、へべれけで彼氏と電話しながら運転していたら
飛び出したるは先のトムさん!(事故シーンはスーパースローでお楽しみいただけます!)
シートにしたたる血をみて、トムさんよりシートの汚れを気にしたりとダメ人間っぷりを
突如として発揮し始めるブランディさん。
さらに、「やっべー、明日上司から”いい話”があるみたいだし、事故とかやべぇんじゃね?」

っと、ついつい、トムさんをフロントに刺したまま、ご帰宅です。


ガレージで必死に「ヘールプ!へーるぷ!!」っと叫ぶトムさんに
「救急車呼ぶからゆっくりしていってね!」っといいますが、何故か放置したまま、
彼氏と一発決めつつ、事故の瞬間を思い出しながらアヒアヒ。まさにビッチ!

翌朝、トムさんをほったらかしにし、タクシー出社するブランディさん。
トムさんはこのとき、
「あの女。絶対、俺をどうにかして事故を無かったことにするつもりだ!」
っと遅まきながら気がつきます。(遅い!遅すぎる!)

トムさんは、クラクションをならしたり、ブランディさんが忘れていった携帯電話で
助けを呼んだり、近所のガキに助けを頼もうとしたりといろいろ画策しますが
尽くブランディに邪魔され、全然うまくいきません。
挙げ句の果てには、犬に傷口を穿られたりと散々です。


フロントガラスに頭を叩きつけたため頭は割れ、ワイパーは腹に刺さり足も骨折しているため、
次第に体力が無くなっていくトムさん。
そこへブランディさんの彼氏がやってきて、トムさんを始末しようとしますが・・・。

Review

実話がベースだそうで、実際、事故を起こしてテンパったら、ありそうな気もする話。
僕も実際、事故を起こしたことがありますが、独特の心理状態に陥るので気持ちは分からなくもない。。いや、わからん。(ちゃんと警察に電話しましたよ)。

もう少し心理描写を丁寧にしたらコーエンっぽい作品になりそうなのですが(ちょっと発想が短絡的すぎ?)そこはそれ、ゴードン爺はあくまでB級に収まるべく、わざとシレーっと撮っている感があります。

また、Mena Suvari(ex.アメリカン・ビューティー)演じるバカ看護士ブランディさんが悪すぎる。そして、その彼氏や友達も馬鹿すぎる。そしてホームレスのトムさんが不幸すぎる!

アパートを追い出され、ホームレスになった初日に車で轢かれて
頭部打撲・腹部裂傷・足骨折、さらに犬には喰われそうになるわ
撃ち殺されそうになるわ、焼かれそうになるわ散々です。

あ、ゴードン作品には欠かせないゴードン嫁キャロラインさん
(フロム・ビヨンドでジェフリー・コムズに目玉チューチューされる女医ね)
はブランディの上司役でチラっと出ています。

ゴードン独自の物語後半に見受けられるグチャドロ感があまり無く、
物足りない向きもいるかと思われますが、なんだかんだと
しっかり楽しめます。国内版でるといいなぁ・・・。

パキスタン・ゾンビ


以前、紹介した『Hell’s Ground(aka.Zibahkhana)』ですが、知らぬ間に『パキスタン・ゾンビ』という元も子もない邦題でDVDが出てました。あんまりゾンビは関係ない映画なんですけどね。

詳細はこちらからどうぞ

『ギリシャ・ゾンビ』という、ギリシャ人の働かなさっぷりが炸裂している(疾走ゾンビなのだがイマイチ煮えきらない)、似たようなタイトルのゾンビ映画よりは面白いと思われ、機会があれば是非観ていただきたい作品です。

Return to Sleepaway Camp


Story

ヒミツがある女の子、Angelaによる大虐殺で有名になってしまったManabeキャンプ場。

キャンプ場所有者のFrankさんとRonnieさなはその暗い過去を払拭しようと必死だが、
とにかく貧乏キャンプ場。まともな賃金も払えていないため、スタッフはやりたい放題。


そして、例によって例のごとくまた突然行方不明者が連発するにつけ

「Angelaがまた戻ってきているのでは?」

っと、不穏な空気が流れ始める。しかし、真っ先にに疑われたのはADHDの肥満問題児Alan

粗雑で暴力的な行動を普段から取っていた彼は、Alanは全員に疑いを掛けられ虐げられる。
実際はAlanはやっていないのだが、キャンプ場あげてのフルボッコ。

結局Angelaが戻ってきたかもどうか判らないまま、キャンプ場は血の海と化すのでした。
めでたしめでたし。

Review

1作目の監督・脚本のRobert Hiltzikさんによる
Sleepway Camp(aka.サマーキャンプ・インフェルノ)の「比較的まともな」続編。

そこいらのインタビューによると2作目、3作目、あと映画であるかどうかも怪しい4作目については、無かったことにしたい勢い。1作目以降は、お笑いを通り越して悪ふざけをしているだけのように思えた本シリーズだが、今回は軌道修正。少しまともになって帰ってきました。

本筋はALanという、ADHDっぽい肥満児かつ問題児のキテレツな振る舞いと生徒の皆さんからのイジメシーン。
とにかくAlan君は、シャツに汗染みをたっぷり付けたまま、すぐ暴力を振るい、食い物投げ、噛みつく。

なのでみんなに嫌われて当然ななのだが、実はガマ蛙と仲良く森で遊ぶような良いヤツなのだ。でもまぁ、とにかく付き合うには大変な相手。
※つーか、このシャツに染みは無理があるだろ。いくらスペシャルな子供だといっても、もう少しマシな世話してると思うのだが・・・

しかし、ストーリーはキャンプ場で発生する事故(っていうか殺人)がAlanが起こしているのではないか?っとミスリードを誘う。しかし、「犯人が誰か?」なんてこのシリーズで考えさせるのは野暮というもの。(わかってるでしょ?)

「はぁ・・・」としか言えないオチが待っているのだ!

ゴア描写については、まぁキャプチャを観ていただきましょう


ガソリンしこたま飲ませて、タバコ吸わしてやんよ!!!


お前の顔面、フライにしてやんよ!(1作目の鍋大やけどの方がクオリティ高し)


お前の顔面、ネズミにくわしてやんよ!!クビつりにしてやんよ!!


有刺鉄線でグルグル巻きにしたり、チンコブッコ抜きにしてやんよ!!


串刺しだよ!串刺しだよ!! 生皮はぎだよ!!活け作りさ!!!

従来のファンからは1作目以外は全部内容は一緒だし本作も大差ないといった否定的なレビューが連発しているようですが、僕はよっぽどマシになっていると思います。

しかし、シリーズをずーっと見続けていないの何のこっちゃわからんと思う。
これは確かに致命的だが、初代AngelaのFelissaさんも出演しているし、まぁいいじゃん?っと。
ファンなら納得だよね?という映画。1作目からの続投の人もちょっとだけいますが、そんなに嬉しくない(笑

それにしてもFelissaさんのハイテンションっぷりは、薬でもやってんじゃねぇ?って思うほど。
近年のホラーをまとめたドキュメンタリー「封印殺人映画」でのインタビューのテンションも相当怪しい・・。
大丈夫なのか、この人は。

Dead Space:Downfall



洋ゲー『Dead Space』の前日譚アニメ。作画がやっつけ感ありありで粗いのだが、ゴア度が無駄に高い。内容はハッキリって無いも同然です。ゲームは未プレイだが、敵キャラクタは『Doom3』を感じさせる。


レビュー一覧へ