チェルノブイリ・ダイアリーズ (Chernobyl Diaries) | 真っ黒映画。


チェルノブイリ原発事故で住民全員が待避した町、PRIPYATに不法侵入したアホな観光客に襲いかかる
熊!野犬!魚!奇形人間!そして濃い口の放射線!!!!

Chernobyl Diaries(2012) Director:Bradley Parker Country: USA

あらすじ

  • 毎度おなじみの観覧車。

折角ウクライナに来たし、話の種にPRIPYAT観光をしよう!っと、ご機嫌なご一行。いかにもラッシャーな感じのマッチョ現地案内人と共に町の入り口検問まできたものの「今日は街のメンテナンス日(清掃?)なので、立ち入り禁止!」っと止められてしまう。
「無人の街で閉鎖地区なのになんでメンテしてんだよ?」っと一行に突っ込みされ煽られたマッチョ案内人は「いやいや、別に検問通らなくても入れるし!」っと、迂回路を使い不法侵入。有名なPRIPYAT Ferries Wheelをみたり、何故か野生の熊に襲われるサプライズもあり一行は、大喜び!「堪能したし、さぁ帰んべ!!」っと思ったら車壊れちゃいました!!ほらねー、やっぱりねー!!!
「どーすんだよ!、汚染地区だし早く帰らないとやべぇじゃん!」っと、悶着を起こしているウチに、日が暮れてしまい、車の中で野宿をすることに。

  • 放射能っていうと、なぜズルムケ系なのか・・・。

そして無人の町に謎の物音が響き渡る。止めれば良いのに様子を見に出てみると野犬の襲撃!観光客1人は噛まれて重傷、案内人は食い殺されてしまう。一行は車の中に立てこもり恐怖の一夜を明かす。翌日、当てもなく車の修理部品を探すが、道を行けば野犬が襲いかかり、横道にそれればガイガーカウンターが悲鳴を上げ、池には凶暴な魚と、まさにドン詰まり状態。
ようやく車の修理の目処が立つが、彼らを異様な人影が取り囲むのだった。
“チェルノブイリ・ダイアリーズ (Chernobyl Diaries) | 真っ黒映画。” の続きを読む

The Intruder (aka. Khew ar-khard)



->imdb:Khew ar-khard
ヘビっていっても、コブラしか出てきません。
その他のレビュー一覧


Review

タイのヘビパニック映画。
蛇神サマ土地にマンション建てたら、当たり前のように蛇神サマが大激怒!
地中から大量のコブラが大発生し、住民の皆様にキシャーッ!キシャーッ!っとかぶりつきまくる。
蛇神サマ云々という部分にタイならではの、呪いベースのドロドログラッジを感じるが、本作ではモダンに「パニックで自己中になる人々」という部分に着目しているようだ。

だから・・・

↑大けがしている警備員を放置(っても、彼、脳漿まで出てるのに超滑舌良く話します)


↑血清を取り合いして大騒ぎ


↑エレベーターの重量オーバーで突き飛ばされる人


↑特ダネなので、携帯で撮影(でも、途中で気持ち悪くなってゲロ)

という、ベタなシーンが連発。あまりにベタなので、鑑賞する目も自ずと生暖かくなります。
アジアンヘビホラーというと、ガチでヘビを使いまくった「人蛇大戦」がありますが、流石にもう本物のヘビを使うことは無く、すべてCGです。昔のアニマルホラーのパワープレイを
期待するとと肩すかしを食らいますが、ゴア描写は満足のデキ。


↑足を噛まれた友達の足を切断するが、何故かガラスの破片で無理矢理切断を試みて失敗する


↑目から蛇


↑皮下に蛇


↑とにかくに蛇

しかし本作、登場人物達の位置関係がわかりにくく、追い詰められている感が全くないという致命的な弱点がある。加えて、蛇神サマの設定もイマイチで、蛇がてんこ盛りに巣くっている土地に、そもそも何故、マンション建てにゃいかんかったのかと。


↑蛇神サマの祀ってあるモニュメントに蹴り一発!!!(蹴りっぷりが、大胆すぎて吹く!)

鑑賞後、思い出されるのが「呪いじゃ!蛇の呪いじゃ!みな死ぬのじゃ!」っと、ブツブツ言いながら終始謎の行動をとるババァの固定顔面だったりする。

とにかく、ババァの顔芸だけ印象に残ったなあ。。。