The Sleeper / 80′s 不条理スラッシャーの再現


The Sleeper (2012)Director: Justin Russell Country: USA

70年代初期、マリオ・バーヴァダリオ・アルジェントの初期作品等に代表されるイタリアのお家芸、”そんなの解るわけがないだろ犯人”と”おまえちょっとそれ、間延びしすぎだろ殺人シーン”が特徴のジャッロ映画が流行していた。
これらは70年代後半から80年代に入り、海を渡りアメリカで”殺人鬼による大量連続殺人”というシーケンスに収束、おなじみのハロウィン13日の金曜日といった、謎の殺人鬼に若者が次々殺されていくというティーンスラッシャー映画の大流行へと繋がっていくのだが、その流行の最中、大ヒットを飛ばした作品の影には、一般ウケはしないけど忘れられない作品も多数生み出されていた。たとえば、まったく素性の知れない土人ルックのオッサンが襲いかかる 陰獣の森 (1981)、グラサン山男が襲いかかるがラストガールに口から手を突っ込まれて奥歯カタガタ言わされる 序曲・13日の金曜日(1981) などだ。これらは、殺人鬼に殺戮マシーンとしての役割以外与えなかった。何故殺すのか?何故狂ったのか?一切説明がないため、非常に不気味でありヘタなハロウィン・13金フォロワーよりも印象深い作品となっている。

本作 Sleeper もそんな”理由無き殺人鬼”もの。舞台を1981年とし、最近何故か流行している80’sテイストを再現した、レトロスラッシャーである。(グラインドハウステイストもいい加減飽きられてきているような気もしますけど・・・)

Synopsis


アルファガンマシータ女子ソーシャルクラブ(すげえ笑)の女の子たちは、楽しいキャンパスライフを過ごしていた。しかし、彼女たちを付け狙うストーカーの存在には気がつかなかった。そして、寮へストーカーからの一本の電話・・・一人また一人と姿を消していく。

“The Sleeper / 80′s 不条理スラッシャーの再現” の続きを読む

スローター・ゲーム (aka. Turkey Shoot,Escape 2000)


->imdb:Escape 2000
脱げよ。おまえも脱げよぉぉぉぉ!!!
その他のレビュー一覧


Review

近未来、全体主義社会が構築され、徹底的な思想管理が行われていた。当然、そんな世界には適合できない者やレジスタンスが生まれる。彼らはDeviantsと呼ばれ、逮捕、再教育施設へ強制収容されていた。再教育施設とはいったものの、そこは特権階級による、お遊びの場と化しており、暴力や陵辱が茶飯事という地獄だったのだ!


↑重いだろ!?えぇ?オラオラ!再教育施設からの脱走を繰り返したポールさん入所初日から嫌がらせです


↑たまたま犯罪の現場に言わせ、強盗をかばった勢いで施設入りしたクリスさん、服を脱がずにシャワーを浴びます。そんな扇情的なことしてるから犯られるんだよな。


↑何もしてないのにフルボッコされる女


↑脱走を企てたためにリンチされたあげく、燃されちゃうアンチャン

などなど、まさに地獄。

この施設を仕切っている特権階級の皆さん。彼らは武器・狩猟マニアで、その趣味趣向を満たすため定期的に

「俺らから殺されずに逃げることができたら、自由にしてやんよ」ゲーム

を開催していました。
しかし、これはフリーダムへのチャンス!!(本当は紆余曲折あるのですが)主人公のポールはじめ、その他諸々の脇役の人々はゲーム参加することになるのでした。
かくして、殺るか殺られるかの恐ろしいゲームの幕が切って落とされたのです。


↑ゲームに参加する皆さん。左からポール、クリス、バカ、生真面目、エロ担当


↑特権階級の皆さん。左からインテリボス、宇宙人、エロ担当、狼男アメリカン(他に看守やら影の薄いデブがいますが割愛)

ランキングに参加してます。ランク上がると俄然やる気出るので、面白かったら是非クリックしてくださいませにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

オーストラリアは70年から80年前半にかけて映像に対する規制を緩めた。ハリウッドばりに映画を輸出し金儲けをしようと考えたのだ。あらゆる娯楽を詰め込んで映画制作を行った結果、生まれてきたのはエログロ暴力と三拍子揃った無茶映画の数々だったのだ!これは、「松島X町山未公開映画を観るTV」でも紹介された「Not Quite Hollywood」で有名なお話。本作は、そんな無茶が効いた時代のゴアゴアアクション映画なのだ!

まずは、無駄に人体破壊が豪快です。そりゃぁ、ウチのブログで取り上げるくらいですから、メッタメタのギッタギタにされちゃいます。


↑両手をナタでザックザク


↑目玉を小枝でざっくり


↑胴体なんか半分にしてやっからよ!!


↑エロ担当は、何故か脱がされたあげくこのザマ


↑ハイクオリティな人体爆破

「おめーら、こういうのが見たいんだろ?」という意気込みは感じますが、正直やり過ぎです。明らかにアクション映画のソレとは毛色が違いすぎます。
ちなみに特殊メイクを担当したのはBob McCarron。「マッドマックス2」や「レイザーバック」といった”いつもの無茶映画”でも良い仕事をしていた人。最近ではマトリックスにもクレジットされています。

また、個人的に気に入っているのは、狼男アメリカンの彼


↑彼

彼は、飼い主の宇宙人から
「こいつはサーカスで拾ったフリークスなんだぜ!今は餌喰わしてやってるから大丈夫!危なくないよ!」
とかいわれちゃう、スロースばりの可哀相なヤツなんですが、いつでもゴキゲンさんです。

彼は見た目通りパワフルだ!バカ担当のダッジさん(マッド・マックスのチャーリーだよ!) がボッコボコにされるシーンがクドくて良いんだ!
このシーンは、「ゼイリブ」のロディ・パイパーとキース・デヴィッドの殴り合い以上に、ガチでボディスラムを黙々と決められます。これ、マジで辛かったんじゃないでしょうか?


↑ボディスラムの連発!/ダッジの足の指を毟って喰うアレフさん

こんな残酷描写に限らずとにかく色々とサービス精神旺盛なんですね。


↑殺人ゲームの最中なのに暢気に水浴びをするエロ担当


↑全員裸でシャワーを浴びているにもかかわらず・・/こいつだけ絶対脱がない!ダメ。絶対。みりゃ分かりますが、彼女はオリビア・ハッセーです。

エロだけでなく、アホみたいに金かけてます。火薬に。気合い入りすぎ。戦闘機まで飛ばしますからね。さらに落石シーン、施設爆破シーン、原っぱ火の海シーンは

「まぁ、まず、やってみっか!」

みたいな感じの軽いノリで撮ったのがアリアリとわかります。危なっかしくてしょうがありません!

しかし、残念なことにだけど施設のセットがしょぼい。まぁ、火薬に金を使いすぎたんででしょうかねぇ。

テンション高めで羅列しましたが当時のオージー映画が、どこに力を入れていたのかが非常に理解しやすい一品となっております。

特に捻りもなく直球ストレート勧善懲悪ムービーですが、この当時の独特の勢いは、なかなか味わえるないものではないかと。

中古ビデオを見かけたら、捕獲しておいて間違いない一品。


↑おまけ:いい顔過ぎるエロ看守