Cassadaga | アンニュイな2時間ドラマ

Cassadaga (2011)Director: Anthony DiBlasi Country: USA

Review

妹を失い失意の聾唖者リリーさんは、スピリチュアルコミュニティでおなじみのフロリダ州カサダガを訪れる。
早速、地元の霊能力者を交えた降霊術で妹の例との接触を試みるが、そこで降りてきたのは
妹の例ではなく、オカマのド変態猟奇殺人鬼にバラバラにされ殺された女の霊だった!

  • 妹だせよ!すっごい迷惑だよ!!!常に驚かせないとお願いできない不器用かつ素直じゃない怨霊さん

そんなわけでリリーは、女の霊につきまとわれ、半ば強制的に猟奇殺人鬼を追うハメになるだが・・・。

女装して操り人形遊びに熱中する男の子(オカマのド変態猟奇殺人鬼の少年時代)が、母親にこっぴどく叱られ、思い余ってチンコをハサミで切り落とすという衝撃シーンから始まり、狂った展開を期待させるのだが、中身は2時間ドラマようにアンニュイなものであった。

  • ハサミを持った時、てっきり母親を刺し殺すと思ったんだけど、まさか自分のチンコを切り落とすとは全く男気溢れるオカマ野郎だぜ

リリーさんの滞在先でのちょっとしたロマンスや、あからさまに怪しいオッサン、何かを知ってそうなオバチャン、霊が見せるフラッシュバックをつなぎ合わせ犯人を捜す等々のクリシェの塊。良い意味で手堅く、悪い意味で凡庸なストーリー。

さらにリリーさんは、聾唖なんだけど、これが聾唖がハンデとは思えない演出なんだ。
易々と唇を読み、流暢に英語を話す。背後から近づいてくる犯人に気がつかないとか、重要な電話に気がつかないとかそういうベタなシーンはあるのですが、聾唖者にする意味があまり感じられないだよね。
霊の声だけは直接聞こえるという設定はあるんだけど、もう少し上手に設定を生かせなかったのか・・。

  • 優しいおばちゃん(「屋根裏部屋の花たち」のバーチャンです)/ イチャイチャしたり / 怪しいオッサンが現れたり

こんな感じで話はさほど面白くないんですが、ビジュアルは結構楽しい。
“Cassadaga | アンニュイな2時間ドラマ” の続きを読む