ムカデ人間2 (The Human Centipede II Full Sequence) / 妄想人間の暴走


ムカデ人間2 (The Human Centipede II Full Sequence) (2011)Director: Tom Six Netherlands | UK | USA

白黒じゃないとムリ。いい加減にしなさい。

Review

やぁ!俺だよ!

 
↑俺

俺ね!喘息持ちでデブでカーチャンからも見放されてる、どーしよーもないオッサン!
だけど、駐車場の夜警の仕事中にスッゲェ映画を観た!!!

  
↑スッゲェ映画(「ムカデ人間」のDVDです)

俺もやる!これやる!絶対やる!なんなの?この超イケてるゲルマンキチガイ!
痺憧じゃん!ヘイターさん最高!

  

というわけで、駐車場に来るヘッポコ共を片っ端から材料にして繋げることにした!みんなで繋がろう!!!一人やれば、二人やるも同じ!どんどんいくよ!どんどんつなげるよ!

 

仕上げは、ムカデ人間#2の女優をとっつかまえて、先頭に据える!これ!

俺の妄想最高!!!

というわけでUKでは上映禁止の憂き目にあった、ムカデ人間2ことThe Human Centipede II Full Sequenceです。例によって本国PPVで配信されたものを送っていただきました。ご存じの方も多いと思いますが、前作から直接繋がる続編ではありません。本作は「ムカデ人間」を観た、うだつの上がらないデブが「俺もムカデ人間作る!」っと(妄想の中で)一念発起して(妄想の中で)12人連結の超絶技巧に挑むお話です。

しっかし、このデブちゃんですけど一体どこから調達してきたんでしょうか?完全に放送禁止の目です。で、彼は台詞が無いんですね。台詞が無い代わりに地団駄踏んだりブヒブヒ笑ったりするだけなんですよ。佐野史郎もビックリの地団駄。本当に凄い。本作がデビューとは思えないガチっぷり。

  
↑「ん゛ーーーーー!」「でひゃひゃひゃ!」「ぶーーっ!ぶーーっ!」

ボロアパート住まいの彼を取り巻く環境もひどい。息子を殺したいほど鬱陶しがっているババァ、毎晩爆音でゴアトランスを聴く上階のマッチョトラッシュ、生臭エロ神父など、日野日出志の漫画に出てくる不幸のドン底一家のようなものだ。

  

そんな底辺生活のブーちゃんであったが、「ムカデ人間」を観たことにより爆発したブーちゃんはやりたい放題。勤務先の駐車場を訪れたカップル、チンピラ、夫婦を片っ端から毎度おなじみ武器「バールのようなもの」で殴る。とにかく殴る。殴って駄目なら銃で撃って捕獲。ムカデ人材として捕獲しまくりである。

前半は淡々とそんなムカデ人材を調達するシーンが続く。「ふーん、相変わらず手堅い演出で撮ってるなあ」なんて余裕カマしていると、後半とんでもないモノを目にすることになる。

  

愛読のムカデ人間スクラップブックをカーチャンに引き裂かれて完全にキレてしまったブーちゃんは、手始めにカーチャンを血祭りに上げ、上階のマッチョトラッシュをボコる。そして、憧れの「ムカデ人間」に出演している女優、Ashlynn Yennieを拉致。さぁ12人揃いました!ってんで、1作目のヘイター博士のインテリジェントな創造とは全く異なる完全パワープレイで、ムカデ人間を創造するのだ!

  
↑麻酔無しでハンマーを使った抜歯、膝の腱切り、口とお尻はホチキス止め!

  
↑訳あって、10人になっちゃうんですけどね。

ブーちゃんは完成したムカデ人間を観て、ヘイター博士のように涙ぐむのである。そしてブーちゃんは「ムカデ人間」で一番のお気に入りのシーン「カツローの脱糞」シーンの再現を試みる。このシーンから本作は阿鼻叫喚のグログロ地獄に陥るのだ。

  
↑カツロー脱糞シーンに大興奮/あこがれのヘイター博士ピンナップ/ムカデ人間完成に感涙

  
  
↑下剤投入!!!!!
しかし、無理矢理連結したので下痢便ダダ漏れ!先頭から順番に脱糞し、最後尾の女性が壁に向かってウンコを飛び散らせる!スカトロAVでもないのに10人同時脱糞する映画なんて、滅多に見られないぞ!
当の本人は興味本位でやってみたもののかなり臭かったらしく、下痢便臭でグロッキーに・・・。

こんな状況で彼らが長持ちするはずもなく、一気にブーちゃんの妄想は崩壊していくのだが・・・。
最後、僕も嫁さんもドン引したシーンが炸裂します。僕は「えぇ?」声を上げ、ウチの嫁さんは「ふざけるのもいい加減にしろ」と怒り心頭でした。

1作目のコミカルささえ感じられたヘイター博士のようなキャラが存在しなく、ただ鬱屈としたデブの妄想が炸裂するのみ。本当の意味でエスカレートしていると言えよう。確かに、上映禁止も仕方ないかなという勢いだ。

トム・シックス監督は、こんな無茶苦茶な話を1作目同様、相変わらず真面目に真摯に撮りきってしまっている。まったく隙がない。こういうイロモノ映画は、どこかしらツッコミどころがあるのだが、それがない。さらに全編白黒であるためか、逆に変なリアリティすら感じられ、一体誰得するんだよ?という映画に仕上がっている。全く素晴らしい作品だ。

  

ムカデ人間 (aka.The Human Centipede (First Sequence))



->imdb:The Human Centipede
「これが貴方の与えた天罰だとしても、私は、人間であると、信じたいです」
その他のレビュー一覧


Review

やぁ!俺だよ!


↑俺。

俺さ、良いこと思いついた。っていうか、長年の夢だったんだよね!。

ムカデ人間を造る!!!


こうやって


こうやれば!!


ムカデ人間の完成です!!!

って、それでムカデになるのか!?
お前はバカなのか?真性か!!?キチガイなのか!!!


↑真性


そりゃこんな↑顔にもなりますわ!

最近、ランキングに参加してます。面白かったら是非クリックしてくださいませ→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

というわけで、人間の口と肛門を連結させて、ムカデ人間を造っちゃえ!という、奇天烈な発想が何かと話題で、カルト映画となるべく生まれたカルト映画。Human Centipede。アメリカでは劇場公開と同時にオンデマンド放送が行われており、知り合いがブツ送ってくれたので、早速観ることができたのですが・・。これがまた・・・。

ここまでブッ飛んでいる映画、久しぶりです。

ドイツの片田舎で車がパンクし途方に暮れる旅行者、リンゼンさんとジェニーさん。助けを呼ぼうと林道をフラフラ歩いていたら、たどり着いたのはちょっと挙動不審なお医者のヘイターさん宅。

実はヘイターさんは、人間ムカデを造ることが夢で、素材を探していたのです。
これはナイス!とばかりにヘイターさんは、親切なフリをして二人に眠剤を一服盛って、監禁。

リンゼンさんとジェニーさんは、キチガイヘイターさんの目を盗み、何度も逃げようと試みますがことごとく失敗してしまう。

そして、先に監禁されていたヤクザの兄ちゃんカツロー君(なぜか日本人)と連結手術を施され、見事ムカデ人間(見た目だけ)となってしまう。

そして、鬼のムカデ調教が始まるのでした・・・。

非常に簡単ではありますが、こんなお話です。まぁ、ウチのブログを見に来るような人々は、ご存じかと思います。しっかし、今までキチガイ博士は沢山いましたが、今回のは”マジバネェ”っす。

何か裏があるわけでもない、悲しい事情があるわけでもない、

ただ、

純粋に、

ムカデ人間を造りたい!!

んでもって、ペットにしたい!!

ムカデたん最高!!ハァハァ!

Filmpeep**のななみさんのレビューと被ってしまいますが、完全なるキチガイ博士です。
ただ口とケツを連結しただけでムカデになる訳ねぇだろうが!!っと思うんですけど、彼は本当にそれをやってのけます。医者になるくらいデキる子なのに、なんでそんなことを思ったんでしょうねぇ。


↑ムカデ人間制作が現実のものとなったことに感涙するヘイターさん

この映画は、そんなストーリーを冗談1つ入れることなく、真面目に真摯に撮りきっていため、”ムカデ人間”という冗談みたいな言葉の印象のまま本作を見てしまうと、ドン引き確実です。

大事なことなので2回言いますが、「人間の口と肛門を繋ぎ合わせてムカデ人間を造る」ですよ。いったい誰が得するのかさっぱり解らないですよね。
膝を改造しようが、歯を引っこ抜こうがムカデになる訳がねぇだろが!

しかし、僕は気になるわけですよ。何がとは直接書きませんけどね。ほら口と肛門を完全に縫い合わせる。あぁ何か気になりますよね。言いませんけど!僕は気になって気になって仕方ありませんでしたよ。(AVメーカー、リア王の某シリーズみたいなやつだったらどうしよう?とか)そっちの性癖はありませんけど。

で、たぶん、気にされている人がいると思いますで、一応言及しておきますが、現物は出てきません。しかし、ちなみにムカデ人間先頭、日本語しか話せないカツロー君。。。あぁもうやめましょう。ゴアは良いけど、これは違う。たぶん違う。


↑「あ・・ウンコ出る・・ごめん!ごめん!許してくれ!!」「ちょっマテ!!」

カツロー君ですが、演じているのは北村昭博さん。高校出てからいきなり渡米して映画監督を目指した強者。結構苦労されたみたいですが、最近芽が出て活躍しているようです。実際、演技巧いんですよ。


↑新聞を運べと言われたり、靴なめろ言われてブチキレるカツロー君

「貴方は!神様ですか!?俺はぁ!虫けらです!愛を捨て!子供を捨て生きてきましたぁ!しかしぃぃ!これが貴方の与えた天罰だとしてもぉ!俺は!人間であるとぉ!信じたいです!おいネーチャン!おい!!オッサン!!奇妙な世界やなぁ?これ!!ウハハ!!」

いやはや、すげぇ台詞です。(北村さんご本人からツイートいただきました。日本語の台詞は全てご自身が担当されていたとのことです。いやはや素晴らしい)
Amebaの方に公式ブログもあるみたいなので(アガサさん紹介ありがとうございます)、気になる人はどうぞ。公開時の質疑応答なんかも動画で公開されているのですが、バッキバキの日本訛り英語でのハイテンショントークがとても面白いですよ!

もう一つ、キチガイ博士のDieter Laserさん。

なんでしょうね長身のゲルマンってのはキチガイがしっくりくるんですかね。いや、ほかに誰がいるの?って言われると、ウド・キアーくらいしか浮かびませんけど。彼のキチガイの表情は素晴らしいの一言に尽きます。


↑ホレ、靴なめれ!

先の北村さんも「なんか変な人ッス。なんか野菜ジュースしか飲まねぇし!」と言った具合に語っています。

キチガイ博士のキチガイ演技を堪能できなければ、残るモノはガチで演技を続ける犠牲者3人。
博士のムカデ調教も全く愛がない。正直、嫌な気分しか残りません・・・・。僕は結構楽しんだ方だと思いますし、ある程度はお勧めしたいとは思いますが・・・。

実はこの映画、3部作の1作目。日本でもおそらく公開されるのでオチは書きませんが、どうやってこの後続けるのか想像もつきません。ただ、この徹底的な鬼畜具合の継続を望みます。おそらくは完全なるホラーカルト映画になるのは次作からかもしれません。

新しいカルト作品に幸あれ!