レビュー

Low Tide

ひと夏の地獄経験。80年代”チョイ悪”子供映画meets『黄金』(48)

 ニュージャージーの海岸沿いの町に住む悪ガキ、アランと弟のピーター、レッド、スミティの4人。彼らは退屈な日々を夜な夜なコソ泥をすることで紛らわせていた。とある夜、盗みに入った屋敷で大量の金貨を発見したピーターは、レッドとスミティに黙って兄のアランと2人で金貨を独り占めしようとする。しかし、所詮彼らは子供。秘密を隠し通せる訳もない。憧れの女性、メアリーの気を引くため、幾枚かの金貨を換金し車を買うなど危ない道を渡り続ける。そして秘密はスミティに知られることに。スミティは「レッドにこのことがばれたらどうする?アイツ、人を刺し殺したこともあるんだぜ?」と2人を脅迫。結局3人で金貨を山分けすることに。だが、ハブられている雰囲気を感じ取ったレッドは、再び盗みを提案。しかし、今度のターゲットはメアリーの家だった。


 本作、何が素晴らしいって、この4人、やたらめったら芝居が巧い。「なんだよ!”未公開残酷映画”という名目なのに、そっちの面白さかよ!」と思われるかも知れないが、とにかく巧い。極端に説明台詞が少ない映画であるにもかかわらず、4人のバックボーンが手に取るように判る。親がブルーカラーであることや、金に困っている訳では無いこと、そして本当は平和に暮らしていたいだけであることも……。もちろんセットアップだけでなく、山場のシーンも見所多数。なかでも、スミティがアラン・ピーター兄弟を脅迫するは最高だ。スミティはこの時、パックのオレンジジュースを飲んでいるのだが、それがまるでタバコのように見える。狡猾なその面構えは、完全に大人の顔なのだ。
 地獄の様な騙し合いの果てにむかえる結末は、観る者の心に切ない残像を残す。本作、あまりのデキの良さに、あの気鋭のディストリビュータ”A24”が即権利を買い取った。

Chill Factor (aka. Demon Possessed)

Demon Possessed (1993)

これは『トロル2』のような地獄の駄作なのか?

 スキモノの間では非常に有名な作品。しかし、僕はこの映画の事は全く知らず、英Allow Video社が2KリマスタBlu-rayを発売したことで知るに至り、初めて観賞した。いやはや、これが良くも悪くも酷い代物。Blu-rayに付属している冊子にあるレビューを読んで見ると、Mike White氏(※1)が「あえてヘボい映画を作ろうと思うと酷い代物にしかならないが、マジモンでヘボい映画の場合、すっげえ傑作になる時ある。それがこの『Chill Factor』だ!」と述べている。その例として彼は『トロル2』や『ショーガール』を例に挙げている(この2つを同列に語るのが、なかなか楽しい人だ)。なるほど、つまり「あんまりも酷くて楽しくなっちゃう映画」なんだなと認識。見てみると本作の監督クリストファー・ウェブスターは、全くもって遊び心を持つこと無く、本気でホラー映画と作ろうとした感じを受ける。だって、なんか本気を感じるんだもん・・・。

※1映画レビューポッドキャストProjection Boothの人気レビュアー

Pledge | プレッジ

ヘイジングという極悪文化をトーチャーポルノに

 大学という場所はやりたい放題できる場所であり、その反面やりたいことがはっきりしていなかったり、所謂コミュ障であったりすると、目標を見失い、孤立し、学生生活はどん詰まりとなる。学生が自殺する理由は大概、そんなどん詰まりが原因だ。とある北関東にある陸の孤島で有名な大学の自殺率が高いのも、それが起因といわれる”つくばシンドローム”(あ、言っちゃった)が理由だったと言われる。一応フォローしておくと、最近は交通の便が良くなったせいか、他の大学と同程度に自殺率は下がっているとのこと。

 『Pledge』は、学生達がお互いに繋がりを持つために重要となるフラタニティ、ソロリティの新人イジメを題材にした、サスペンストーチャーポルノだ。これらグループは、何故か排他的でそのグループに入るためには、殆どイジメともいえる課題乗り越えなければならない……お化け屋敷で一晩過ごせだの、ニワトリと一ヶ月暮らせだの……という所謂、新人イジメ(ヘイジング)だ。

 しかし、本作の主人公はそれ以前の問題で、どこのフラタニティからも”おことわり”されている、キョロ充、デブ、根暗3人組。パーティの時間は嘘を教えられ、無理矢理仲間に入ろうと、寮に乗り込めば”お前らはキメェからダメ”と言われる始末。さて困ったというところに現れたのは、怪しい女。

如何にも相手にされなさそうな3人

「今夜、パーティがあるからきなよ!」

といわれ、ホイホイ付いていく3人。山奥深くの屋敷に辿り着くと、そこは色っぽいネーチャンに、シュッとしたイケメンがワイワイと騒いでいるではないか!場違い感は否めないが、ウェルカムな雰囲気に大はしゃぎの3人。気絶するまで飲み明かした3人にイケメンが「おまえら、いけてんな!ウチのフラタニティに入りなよ!入寮の儀式を今晩やるから、お泊まりの用意してきて!」と爽やかに告げる。

ネズミの死体を生でミキサーにかけたペーストを頬張る

 これまたホイホイとお泊まりグッズをそろえて、ルンルン笑顔で夜やってきた3人を待ち受けていたのは、壮絶なゼロサムヘイジングゲームだった……・

 大筋は女性に誘惑された男が酷い目に遭うというのは、トーチャーポルノの王道を築いた『ホステル』(06)と同じ。しかし素直なトーチャーポルノではなく、ある程度のツイストが効いた作品だ。実はホスト側にも、それなりに事情がありヘイジングを行っているのだ。これがちょっと創造を超えているので、そこが見所となる。

化膿した焼き印

 拷問描写は焼き印程度であとはナイフによる殺傷程度。それ故、若干のリアリティがある。それよりも、鳥の死骸をミキサーにかけたものを飲ませるシーンが最高にブルータル。吐き気満載で描かれる。

バケツの中にはハム太郎がはいっており、それを火で炙っております。

 そういえばパーティのサントラにSURVIVEの「Hourglass」が使われていました。『ザ・ゲスト』でも使われている曲だ。ちなみにSURVIVEのメンバーであるカイル・ディクソンは『ストレンジャー・シングス』のサントラも担当している。言わば80sサウンド職人である。さらに『ストレンジャー・シングス』のOP曲は『オンリー・ゴッド』の「Wanna Fight」と似ている似ていないでNMEが騒いでいたことを思い出した。NMEのクセにNew Retroの時流をガン無視した記事にゲンナリした想い出の曲だ。

 (2019年4月22日鑑賞 ★★★☆☆)

ハウス・ジャック・ビルト / The House That Jack Built

崩壊した顔面と某キュビズムの絵を交互に見せて、Murder is artって最初にはっきり言っちゃうから、そのまま。ヒネリも何も無い。この安直さよ。

家を建てることと、映画を創ることと殺人を同じアートとして扱っているわけで、精密にやるときも有れば運任せや雑になるところもあるし、思ってたのと違うものができることがある……ということ。
だから殺し方が雑だの露悪的だのアートなら美しくやれだのいうのはホント意味が無い批評だ。

当然、当事者のジャックはトリアーの投影。OCD(強迫神経症)なのもそうなんじゃなかろか。オチからみるに、トリアーは病みっぱなしなのは間違いない。この狂ったデンマークのオッサンは『イディオッツ』で確立した手法を変えず、たぶんこのまま行くんだろう。