Slasher

『FREAK』:ハイテンションな森の仲間が大暴れ!

 『クライモリ』こと『Wrong Turn』、フランスの悪名高き名作『Ogroff』、典型的スラッシャー『The Final Terror』等々の中で迷ってしまったキャピキャピの若者たちが殺人鬼だのバケモノが出てきてぶっ殺される、所謂”Backwoods Slasher ”

 正直なところ、この手の映画には皆、飽き飽きしているのではないだろうか?想像できる最大限の下劣なキラーが考えうる限り残虐な殺人を行う。飽き飽きしてるとはいえ、70年代から半世紀以上、連綿と続いてきた定番なので、もはや伝統芸能。

 この伝統芸能に求められるのは「衝動」。「衝動」こそがBackwoods Slasherの面白さと言える。しかし、この「衝動」というのが難しい。『クライモリ』がいい例だ。

 『クライモリ』は1作目以外は全く面白くない。いくつか美味しい殺人シーンはあるが、映画としての出来はどれも今一歩である。なぜか?続編は1作目のプロットをそのまま使った焼き直し映画でしかなく「俺はこういうものが撮りたいんだ!」という衝動が感じられないからだ。

 裏を返せば、チープなメイクであろうが、拙い演出であろうが「衝動」さえあれば面白くなる。格好の例がこの『FREAK』。

 『FREAK』のストーリーはとてもシンプル。ハイテンションな森のバケモノが若者をブチ殺すだけだ。このバケモノというのが、とんでもなく雑でショボい。しかし、やたらと威勢がいい。『悪魔の赤ちゃん』や『核変異体クリーポゾイド』を彷彿とさせる熱量がある。ゴリゴリと首をナイフで切り落とす、頭を真っ二つにカチ割る等、超ゴアな殺人シーンも明らかなフェイク感があるが、その圧倒的なテンションの高さに手汗をかいてしまうほど。

 役者の芝居、演出はギリギリ及第点。ゴア描写だけにこだわらず、犠牲になる5人の若者のバックボーンもしっかりと描き、バケモノの正体に一捻り咥えているーーと言っても、バレバレだけどもーーのも好感触だ。

 監督のLucky Cerrutiは、プロダクションDead Visionで細々とスラッシャー映画を作りつづけている。ちなみにDead Visionも非常に謎が多く、フェイクボディを黙々とチェーンソーで切り刻んだり、腹話術人形を使って役者に一人芝居をさせて人形バトルを演じさせたりして”no budget special effects”と豪語する、非常に難儀な映画を世に送り出している。

『Can’t Kill This』:レビュー ぶっ殺して下さい!生きる事に飽きました。

Josephine Scandi and Bill Hutchens in Fuck You Immortality (2019)

ジョーを殺せ!

 2人のヴィーガンヒッピー、トニーとケイシーは1976年の夏の日を忘れられずにいた。ヒッピーコミューンでジョーと出会ったからだ。彼はいつも笑顔だったが、憂いを帯びた雰囲気をもち、時折、カミソリを飲みこみ血塗れになるなど、体を張ったマジックを披露する不思議な男だった。

 ある日突然ジョーはコミューンから姿を消し、2人とって幻の男となっていた。しかし、彼らが老後生活を送っていたある日、新聞で巨大イノシシを狩った凄腕ハンターの一人としてジョーの姿を見つける。しかもあの頃と歳一つ変わらない風貌!!

 “あ!ジョーだ!もう一度彼に会いたい!”

Pledge | プレッジ

ヘイジングという極悪文化をトーチャーポルノに

 大学という場所はやりたい放題できる場所であり、その反面やりたいことがはっきりしていなかったり、所謂コミュ障であったりすると、目標を見失い、孤立し、学生生活はどん詰まりとなる。学生が自殺する理由は大概、そんなどん詰まりが原因だ。とある北関東にある陸の孤島で有名な大学の自殺率が高いのも、それが起因といわれる”つくばシンドローム”(あ、言っちゃった)が理由だったと言われる。一応フォローしておくと、最近は交通の便が良くなったせいか、他の大学と同程度に自殺率は下がっているとのこと。

 『Pledge』は、学生達がお互いに繋がりを持つために重要となるフラタニティ、ソロリティの新人イジメを題材にした、サスペンストーチャーポルノだ。これらグループは、何故か排他的でそのグループに入るためには、殆どイジメともいえる課題乗り越えなければならない……お化け屋敷で一晩過ごせだの、ニワトリと一ヶ月暮らせだの……という所謂、新人イジメ(ヘイジング)だ。

 しかし、本作の主人公はそれ以前の問題で、どこのフラタニティからも”おことわり”されている、キョロ充、デブ、根暗3人組。パーティの時間は嘘を教えられ、無理矢理仲間に入ろうと、寮に乗り込めば”お前らはキメェからダメ”と言われる始末。さて困ったというところに現れたのは、怪しい女。

如何にも相手にされなさそうな3人

「今夜、パーティがあるからきなよ!」

といわれ、ホイホイ付いていく3人。山奥深くの屋敷に辿り着くと、そこは色っぽいネーチャンに、シュッとしたイケメンがワイワイと騒いでいるではないか!場違い感は否めないが、ウェルカムな雰囲気に大はしゃぎの3人。気絶するまで飲み明かした3人にイケメンが「おまえら、いけてんな!ウチのフラタニティに入りなよ!入寮の儀式を今晩やるから、お泊まりの用意してきて!」と爽やかに告げる。

ネズミの死体を生でミキサーにかけたペーストを頬張る

 これまたホイホイとお泊まりグッズをそろえて、ルンルン笑顔で夜やってきた3人を待ち受けていたのは、壮絶なゼロサムヘイジングゲームだった……・

 大筋は女性に誘惑された男が酷い目に遭うというのは、トーチャーポルノの王道を築いた『ホステル』(06)と同じ。しかし素直なトーチャーポルノではなく、ある程度のツイストが効いた作品だ。実はホスト側にも、それなりに事情がありヘイジングを行っているのだ。これがちょっと創造を超えているので、そこが見所となる。

化膿した焼き印

 拷問描写は焼き印程度であとはナイフによる殺傷程度。それ故、若干のリアリティがある。それよりも、鳥の死骸をミキサーにかけたものを飲ませるシーンが最高にブルータル。吐き気満載で描かれる。

バケツの中にはハム太郎がはいっており、それを火で炙っております。

 そういえばパーティのサントラにSURVIVEの「Hourglass」が使われていました。『ザ・ゲスト』でも使われている曲だ。ちなみにSURVIVEのメンバーであるカイル・ディクソンは『ストレンジャー・シングス』のサントラも担当している。言わば80sサウンド職人である。さらに『ストレンジャー・シングス』のOP曲は『オンリー・ゴッド』の「Wanna Fight」と似ている似ていないでNMEが騒いでいたことを思い出した。NMEのクセにNew Retroの時流をガン無視した記事にゲンナリした想い出の曲だ。

 (2019年4月22日鑑賞 ★★★☆☆)