Suspense

『Lucky』:何故、互いを思いやれないのか?ミソジニー・マイクロアグレッション映画

糞難しい横文字をタイトルに据えてしまった。マイクロアグレッションとは「自覚が無い攻撃的な言動や行動」を指す。『Lucky』はトワイライト・ゾーンを彷彿とさせる不条理映画だが「マイクロアグレッション」に執着することで、奇っ怪でありながらも、非常に分かり易い作品に仕上がった。

『Run』:雑設定の恐怖!

『search/サーチ』の監督の新作です

 『search/サーチ』(原題:Search)の監督、アニーシュ・チャガンティの新作。『search/サーチ』では、行方不明の娘を”探す”サスペンスを全編Macの画面上で進行させ話題となった。対して今作『Run』は、タイトル通り”逃げる”がテーマだ。もちろんーーというか当然、物語がMac上で進行したりせず、真っ当なサスペンスに仕上がっている。逆に不自然なくらいにテクノロジーは利用されない。それには理由があるが、さて、本作どんな物語なのか?

『Getaway』:ヒリビリーキラーに飽きましたか?

 週末を湖畔の別荘で過ごす予定のタマラ。友人マディとブルックは先乗りして既に休みを満喫しているらしい。急ぎ車を走らせる彼女であったが、途中、ガス欠になり立ち往生。「こりゃツイてないなあ」と途方に暮れていたところに現れたのは、ヒゲとメガネの2人組みの青年。嫌らしい目つきでタマラを見る彼ら。しかし、あっさりとガソリンを分けてくれるのであった。

『エスケープ・ルーム』 レビュー:陰惨な死と無縁な脱出ゲーム

Taylor Russell in Escape Room (2019)

解くか死ぬか。それだけだ。

 「脱出ゲーム?ああ、またか……」日本公開のアナウンスも無いし、海外評も凡庸。「テイキング・デボラ・ローガン」の監督といえども、「脱出ゲーム映画は『ソウ』でもうお腹いっぱいだわ」とスルーしていた作品。しれっと日本公開が決定し、試写嬢をいただいたので、ぶらりと足を運んで観てみたら、これがなかなか面白い。ごめん、俺が悪かったよ……。

Tyler Labine, Jay Ellis, Logan Miller, and Taylor Russell in Escape Room (2019)
なかなか捻った部屋が登場する。苦痛や人体破壊はないが、致死率は高い。

 6人の使い捨てキャラクターが数々のパズル部屋から、制限時間以内に脱出を試みるだけの話だ。脱出できなければ、もちろん死ぬ。しかし、その死はアッサリしたもので、人体が過剰に破壊されることもないし、苦痛も大して伴わない。(死ぬから苦しいことは苦しいのだが)そして全ての部屋から無事脱出できた暁には大金を手にできる。ツイストは一切無し。「命を無駄にしているから思い知らせてやる」だの「ヒントはやるから、考察はお前らでやれよな」と言った構図も記号も無い。 驚くほどシンプルなプロット。
  褒めてんのか、貶してんのか判らなくなってきたけど、「この映画楽しい?」と聞かれれば、僕は「楽しいよ」と答える。例えばね『ソウ』なんか観てると、最初のゲームが一番面白いでしょう?目玉のやら、腹を掻っ捌いて鍵を取り出せだの、体を切り落として重さを競えだのと。ところが後半になると変なツイストをかまそうとして、ゲームがどうでも良くなってしまう。『キューブ』もそうなんだけど、最初の罠と遊びのインパクトを活用することなく、「ほら。人間って、”アレ”でしょ?」という如何にもな着地点にむけて、急速に「遊び」の要素が縮小されてしまう。でも、これは決して悪いことではない。ずっと同じような脱出ゲームでは観客は飽きてしまうし、ヒネリも何も無い映画は作り手としても作家性の一つくらいは入れこみたいと思うものだからだ。その証拠に、この2作品の評価は(少なくとも一作目は)高い。
 ただ『ソウ』の最初のゲーム、『キューブ』の様な遊び……これらをずっと観てみたいと思ったことはないだろうか?それが『エスケープ・ルーム』なのだ。色々とギミックを凝らした部屋が次々登場し、飽きずに楽しめるから驚きだ。どんな部屋かはキモになるので書きませんが、残酷描写に拘らない創意工夫って大事だなあ・・・。

あくまで軽く

Logan Miller in Escape Room (2019)
苦痛の表現も最小限

 本当にツイストが無いのか?と言わればある。使い捨てキャラといえども、6人の個性付けには意味があるし、劇中登場する何気ない言葉が、ひょんな事に活用されていたり、ちょっとしたイタズラ心もある(たとえば脱出ゲームを主催する会社の名前がミノスである等)。しかし大きな意味は無く、物語上必須ではない。残酷描写についても前述のとおり、人体破壊や苦痛を感じる場面は皆無。(実はこれにも意味はアルのだけれども)とにかく軽いのである。これが評価の分かれ目だが、こんな軽さを持つ脱出ゲーム映画は、これまで有りそうで無かった。過剰な残酷描写や作家性を期待しなければ十分楽しめる。ただ、エンディングについては不満が残るかもしれない。海外盤BDでは別エンディングを観ることができる。僕は、この別エンディングの方が好みだ。

原題:Escape Room 2019年 米国 100分(IMDB
2.5/5

「Depraved」レビュー:引き裂かれる心と体

Alex Breaux in Depraved (2019)

ラリー・フェッセンデン流フランケンシュタイン

 インディーズ映画界のハズレ無しプロデューサー兼ディレクター、ラリー・フェッセンデンのフランケンシュタインだ。ただし、本作の主人公はフランケンシュタイ博士ではなく、戦争PTSDに悩む元衛生兵ヘンリー(どの戦争か分からない。クソアメリカは戦争しすぎだ)。彼はPTSDからの回復手段として「蘇生術」の研究をしているのだ。ただ”病んで”いるので、その研究は常軌を逸している。ただ死んだ人間を蘇らせるのでは無く、死人をつなぎ合わせて蘇らせることに執着している。何故、それは彼の共同研究者であるポリドリが、その研究を成果を営利利用しようと企んでいるから。戦争や労災でバラバラになった体でも、繋ぎ合わせて蘇生できれば、兵士や労働力に使えるというわけだ。


 物語は実験台にされてしまう青年、アレックスが彼女のルーシーと喧嘩している場面から始まる。アレックスは子供が欲しいと言うルーシーに対し「俺はまだ大学を出たばかりの23だし、ヘッポコだし子供なんて育てられる気がしない」と言う。そんな彼にペンダントをプレゼントして機嫌を取るルーシー。だが、その夜、アレックスはヘンリーとポリドリに殺害されてしまう。