06/22(土)キネカ大森さんでトークイベントやります→ご来場ありがとうございました!

06/22(土)のキネカ大森さんでトークイベント、ご来場頂き、ありがとうございました!なんと満席!!たったの30分ですが、楽しい時間を共有できて、鈴木さんも私も嬉しい限りでした。ちょっと私、時間を気に過ぎまして、時計を見すぎてしまいすみません。
キネはら は7月4日まで続きます。僕も、お客さんとして時々伺いますよ〜。

実はキネカ大森のスタッフさん、お一人でこのボードを担当しているとのことで、是非、来場の際はじっくりご覧いただければと。
『ビヨンド』でこんな感じです。とんでもない感性をお持ちのスタッフさんとお見受けしました!

6月21日(金)~7月4日(木)までキネカ大森さんで「キネカのはらわた 是空創立10周年おめでとう祭り」(略してキネはら)が開催されます。是空さんがソフト化に携わった作品から、キネカ大森のスタッフさんが選んだ16作品をバシバシと上映する素敵なイベントです。

開催中、2回ほどトークイベントが開催されるのですが、そのうちの1つ、06/22 17:20からの『ビヨンド』上映後に行われる回に、是空主催 鈴木淳一さんと私が登壇します。内容ですが、ルチオ・フルチの『ビヨンド』となると、皆様の方が詳しいこともありましょう。なので、我々2人の『ビヨンド』への思い入れ、そして『ビヨンド』を飛び越えて、表向きにはできない映画の権利獲得や裏事情についてベラベラとお話する予定です。要は拙著ZINE「Filthy Vol.2」に掲載した「是空さんのお仕事」の番外編みたいなものになります。ほぼノープランですが、楽しんでいただけるよう、鈴木さんと2人で頑張りますので、よろしくお願いします!ちなみに鈴木さんは、来月販売予定の某映画Tシャツ。私も某映画Tシャツを着ていきますが、なぜ”その映画なのか?”を当てたら、褒めてあげます!
(6月23日の15時の『ローリング・サンダー』後のとらさわホークさんと多田さんのもう一つのトークイベントも是非!)

あ、そうそう!是空さんが作った各種映画グッズ販売、入場者特典としてカードの配布、そしてFilthy Vol.2の販売も行われます!

詳細はこちらから!

2018年7月14日、新宿のビデオマーケットさんで一日店長やります

どうしてこうなった?って思うんですけど、いつも買い物(遊び)に行っているビデオマーケットさんで一日店長をやることになりました。店長と言っても、レジ打ちや電話対応は店主さんがやられるので、僕は立っているだけです!!アイドルかよ!って話ですけど、たぶんそうです!僕はビデマさんが大好きなので、丸一日いられる!と、俺が得するだけのイベントかもしれません!もちろん、来て頂いた方にはサインでもお話でもなんでもさせていただきますし、指差して笑っていただくもヨシです。

日時 2018年 7月14日(土曜)
時間 12:00~14:00 および 16:00~20:00

でも立っているだけではなんなので、同人誌Filthyのビデオマーケットスペシャルを作って、限定販売します(当日は250円、次の日からは300円になります)それから、僕の著書『映画と残酷』か『Filthy Vol.1』を持ってきてくれると、お買い物したときに20%の金券がでますよ!!

Filthy Video Martket Specialは、僕がビデマさん通いになったいきさつを載せたエッセイとレビュー4本書いてマス。ちょっとした物なので、再版無しです。ただし、Vol.1が2営業日で無くなるという瞬殺っぷりだったので、多めに刷っています。なので、欲しい人には行き渡るかと思います。
売り切ったらきっと9月頃にVol.2が出る・・・はず!

ビデオマーケットの場所はこちらです。

よろしくお願いします!

『映画秘宝』で「ナマニクの未公開残酷Horror Anthology」の連載がスタートしました。


 映画秘宝1月号からDevil Press内で「ナマニクの未公開残酷Horror Anthology」の連載が始まりました!最近、ブログの更新もせず、何をしていたか?というとFilthy Vol.2の準備もしつつ、何か新しいことをしなければいけないなと悩んでいたんですねえ。商業誌でも今までブログや同人誌でやってきた未公開映画紹介をガンガンやってみたい、いや、やらせてもらえんだろうか?というわけで連載枠を取って頂きました。
 最近の映画秘宝は物凄く普通の映画雑誌に変わりつつあります。それは部数が伸びて所謂一般化がすすんだ証拠であり、決して悪いことでは内のですが、やはりムック本のような「得体の知れない映画」についての情報が少なく、初期の尖った印象が薄れてしまっています。そこで、その「一般的な記事」になれてしまった読者をブン殴るべく、ナマニクの出番となったわけです。
 連載開始に伴い、このブログとの棲み分けが難しくなってしまいました。紙で残す、ブログに残す、SNSに残す。今後、どういう風に棲み分けし、差別化していくか、これまた悩ましいところです。とりあえず紙メインでそれを動的に補完していうのがブログ、いいとこ取りをしたのがFilthyとなりそうですが、試行錯誤しつつブログの更新もしていく予定です。今後もよろしくお願いします!

映画秘宝セレクション『映画と残酷』が出ます!


 初めての単著、映画秘宝セレクション『映画と残酷』が発売されます!
 すみません、長いことご無沙汰していました。何をしていたかというと、3月からずっとこれを書いてました。実は、去年の夏頃から準備は始めていたのですが、なかなか書き出せず、ギリギリになっての着手。一月半で約10万字という鬼進行でしたが、思ったよりスムーズに書けたなぁと思っています。とは言いつつも、洋泉社の田野辺さんをやきもきさせっぱなしで、本当に申し訳無かったです。ごめんなさい。今度はもっとちゃんとします!

内容は、洋泉社さんに作成していただいた紹介文をそのまま載せますと

手が飛ぶ!首が切断される!内臓が引き出される!
俗悪映画最大の見せ場、残酷描写が日本では自粛チェックの嵐!
なぜ、残酷映画は世間から嫌われながらも、多くのファンから熱狂的に受け入れられるのか?
国をあげて残酷映画を規制した黒歴史とは?
エロ描写とならび、映画界最大のタブーとされる暴力描写、その歴史と真髄を追う!

という具合です。

目次はこんな感じです。

・はじめに
・第1章 失われた残酷
・第2章 映画の残酷描写に手が加えられている
・第3章 日本問題映画と検閲の歴史
・第4章 地獄のビデオ・ナスティ 世界最悪の検閲
・第5章 It’s (not) Only a Movie
・あとがき

 これでは、紹介にならないので、もう少し詳しく書くと『Filthy Vol.1』で書いた「残酷描写の規制事情」と「ゴアの飽食」のパワーアップ版です。残酷映画の魅力簡単に語り、規制事情のみ扱っていたコラムでしたが、さらに内容を深く掘り下げ、

「何故、残酷描写に惹かれるのか?」

「何故、残酷描写は規制されるのか?」

という疑問を映画の歴史とともに解き明かしていくという内容になっています。

 あちこちに喧嘩売ってます。だって、規制の歴史や現状を調べれば調べるほど腹立たしい。「これは、一体、なんなんだ? ぶっ殺すぞコノヤロウ!」という気持ちが抑えられなくなったのですよ。「はじめに」からかなりぶっ飛ばしていきます。自分で言うのもなんですが、かなり勢いのあるスリリングな本になっていると思っています。それにこの表紙の写真、どうですか?いやあ「鮮血の美学」を表紙にしている本なんてないですよ。あはは。それからちょっと秘密なのですが、帯が大変なことになっています。平積みできるのか?これは!というレベルです。平積みにする勇気のある書店がどれほどあるのか、レジで店員がどんな顔をするのか、ワクワクです。

5月9日発売です!よろしくお願いいたします!