短評

『新感染 半島』雑感:『香港行き』にすれば良かったんじゃないですかね?

 褒めないので、ブログの方に書きます。

 先日『新感染 半島』こと『半島』の試写に伺った。『新感染』こと『釜山行き』ほど面白くもなく、かといってつまらないワケでなく、非常に凡庸な作品に仕上がっていた。悪くいってしまえば、ライトなハリウッドゾンビ映画と大差なく、玉石混淆のゾンビ映画の中では”石”のデキである。

 『釜山行き』が何故面白かったか?個性的なキャラクターと「誰が死ぬか分からない」不安感だったと思う。だが『半島』は完全に”誰が死ぬのか”丸わかりなのだ。確実に死にそうな人間が次々とフラグを立てて、即効で死ぬ。死ななそうな人間は、どれだけ感染者に囲まれようが「俺は持ってる!」と言わんばかりに死なない。

 冒頭から中盤以降の展開が読み取れてしまうほど、練られていな脚本は退屈の一言に尽きる。キャラも弱い。そりゃマ・ドンソクのようなものは期待していかったが、メインの子供姉妹に全く魅力が感じられない。芝居は巧いのだが、機知に富んでいることもなく、やたら運動神経がいいことでもなく、「持って」もいない。ただ、姉妹が大人達の窮地をシレッと救う。それだけが箇条書きで描かれる。金をかけてド派手なアクションをキメても台無しである。

 ゾンビ映画には大きく3つの手法があり、1つめが徹底的にエンタメに振る『釜山行き』、2つめが”俺たちのゾンビ”こと社会批判をベースにした『ゾンビ』、3つめは徹底的にゴア描写に特化した『ブレインデッド』だ。

 『半島』は、『釜山行き』同様、1番目のエンタメに振りたかったのは分かる。感染者に支配され廃墟となった韓国。ヒッソリと生き延びている横暴な非感染者コミュニティ、それに反抗するレジスタンス一家と一攫千金を狙う冒険者という構図からも明らかだ。しかし、電車が疾走するようなスピード感があるわけでもなく、タイムリミットもない、脚本にトリックが仕込まれているわけでもなく、目を覆いたくなるようなゴア描写もない。無い無い尽くしの一方で、ゾンビ映画に一番不要で鬱陶しい親子愛だけが残されており、そこまでハリウッドナイズする必要ないだろと。なんといっても一番鼻についてのは、”はい!ここで泣いて下さいスロー”を使いすぎていることだ。

 加えて、香港に無事避難した人々が「病気を持ち込むな!この半島人め!」と罵られるシーンがあり、おそらく批評家はこのあたりに目を付けそうだが、これをコロナ禍と結びつけるのは相当無理があるし、どうしてこんな凡庸な映画に成り果ててしまったのか。我が儘を言って試写に呼んで頂いたのに、こんな感想しか出てこず、大変申し訳ないです……。

 冒頭、香港行きの救助船の中で感染者が発生しパニックになる場面が一番の見所。ぶっちゃけ『香港行き』(Ship to Hong Kong)にして、複数の救助船で避難合戦させた方が面白かったんじゃないだろうか?

Last Girl Standing | ラスト・ガール・スタンディング



ラストガールは体は生きていても、心が死んでいるのではないか?というお話

作品データ

2015年 アメリカ
監督: Benjamin R. Moody
出演: Akasha Villalobos, Danielle Evon Ploeger, Brian Villalobos
->imdb

レビュー

キャンプ中の若者を鹿マスクの殺人鬼が襲い血祭りに上げるという、恐ろしい大量殺人事件が発生。唯一、災厄を逃れ生き延びたカムリンは、事件から5年経過した今でも平穏な日常を取り戻そうと苦労していた。一人生き残ってしまった罪悪感やトラウマからくる幻覚や悪夢に苛まれているのだ。

なんかよくわかんないけど 冒頭からクライマックスです

 
彼女が務めるクリーニング店の店長や同僚はそれを知ってか知らずか彼女を色々と気遣うが、カムリンがそれに答えることは無い。そんな彼女に転機が訪れる。クリーニング点にちょっとイイ男、ニックが入社したのだ。彼は元気の無いカムリンを自宅のパーティに招待し、明るい友人達を紹介する。その中の一人、ダニエラと打ち解けたカムリン。親友とも言える存在の出現にカムリンの生活にも一筋の光が見えてくる。しかし、ある晩、鹿マスクの影を目撃する。鹿マスクの男はカムリン自身が葬ったはずなのだが・・・。
「鹿マスクの殺人鬼はまだ生きているのでは?」
見かねたダニエラは、カムリンを殺人鬼の墓場に連れ出す。彼女達は墓を掘り起こし死体を燃やすのだが・・・。

屍燃やして万事解決かと思いきや どこまでもついて行きます

 
御存知の通り、ラストガールとは、スラッシャー映画で唯一生き残る女性を指す。有名どころでは、ハロウィンのローリーや13日の金曜日のアリス、エルム街の悪夢のナンシーだ。本作は、そんなラストガールのその後を描いている。
一晩中、殺人鬼に追い回され友人達は全員残酷な方法で殺害されるという常軌を逸した経験をしたワケだから、そう簡単に普通の暮らしに戻れるわけが無い。日々、何かの影に怯え、友人達の死を思い罪悪感に駆られ、悪夢にうなされる。映画ではこの陰々滅々としたラストガール=カムリンの生活を淡々と描くことに大半を費やしている。正直、観るのが辛いぐらい暗い。ロボットのように出勤し、ドライクリーニングマシンを放心したまま眺め、退勤後は何かあった時のためにランニング、ぼーっとリモコンを手にチャンネルをザッピングしながらの就寝。そして悪夢で起こされる朝。そして新しい友人と共にやってくる殺人鬼の影。劇中、ほとんど笑顔を見せないカムリンが心から笑う時はあるのだろうか?
察しの良い方は、気がつくかと思いますが、オチはそう、あなたの思っているとおりです。
ちなみに、前述したローリー、アリス、ナンシーだが、その後の続編で全員死亡している。ああ世知辛い。

とにかく暗いです。
何回でも撃退してやりますとも!
ボコボコにされる殺人鬼さん