Sweetrheart レビュー:キャスト・アウェイ+プレデター?

万能感溢れる主人公

 どこかの海岸。眩い日差しで目覚めたジェン。声を上げて人を探すが、返事は無い。彼女は無人島に漂着したのだ。ふと海岸を見ると人が倒れている。駆け寄って助け起こすと彼は友人のブラッドだった。彼の腹を見るとデカいサンゴがブッスリと突き刺さっている。おもむろにサンゴを引き抜くジェン 。(何故抜いた!?出血して死ぬだろうが!) 息も絶え絶えの彼に「水分補給を!」と森に分け入り椰子の実を手に入れる彼女。しかし、戻るとブラッドは事切れてた 。(当然である) 落ち込んでいても仕方ないとブラッドを埋葬し、島の探索を始めるジェン。 島は一周するのに小一時間とかからない小さな島。 明らかに 人っ子一人いない無人島。だが、森の中で古びたテントやリュックを見つける。誰かが置いていったのだろうか?それとも?
 それはさておき、火をおこし、魚を捕り、食い、寝る。素晴らしいサバイバル知識だ。

 翌朝、目を覚ますと埋葬したブラッドの死体が持ち去られていた。そして食い散らかされた魚の死体。森の隅で見つけた誰かの墓……。ジェンは直感する。
 「何かがいる。そして、この島にいる生き物を喰らっている。」
魚や漂着した仲間の死体で撒き餌をして、彼女はその”生き物”の正体を突き止める。それは浅瀬に空いた巨大穴に棲む、巨大かつ怪力を持つ魚人であった。幾度か魚人とやり合うも「これには勝ち目がない、もう逃げるしか無い」とジェンは思う。しかし、そこに元彼のルーカスとブラッドの彼氏ミアが島に漂着する……。

一点突破型ストーリー

 孤独な無人島生活を難なくこなし、魚人の出現にも臆することなく対処。鬱陶しい元彼や、やたら悲観的な友人などガン無視して、サバイブすることに徹するジェン。いくらでも膨らませることのできるプロットなのに「ジェンのルンルン無人島化け物退治」にのみ焦点を当てる一点突破型ストーリー。ミアとの不仲、ルーカスが持っていた万能ナイフに血痕が付いる等、思わせぶりな伏線が張られるがまったく回収されない。過去に島で生活していた人々についての説明も「ただ魚人に次々と襲われて死んだ」程度。正直、30分くらいで終わりそう話。だが、楽しげなサバイバル生活、見事な水中撮影、そして”死にゲー”に挑むが如く魚人に立ち向かっていくジェンの姿が魅力的。90分間しっかりと楽しませてくれる。 ブラムハウス・ブロダクション製作ということもあり、低予算ながらも確実なプロデュース。ボディースーツとCGがシームレスな魚人が一番の見所だ。今、ボディースーツを使ったクリーチャー映画は貴重。


 そういえば監督のJ.D.ディラッドは、前作 『インフィニット』(Sleight)でも似たような映画作りをしている。青年マジシャンが麻薬ディーラの縄張り争いに巻き込まれるというストーリーだが、青年が何故、麻薬売買に手を染めのか、青年は何故、両親を失ったのか?等々、多々ある要素を膨らますこと無く、”すっげぇテクニックのマジシャン”という部分だけをフィーチャして一点突破ストーリーを構築していた。まだ2作目しか製作していないため、この作風が単に拙いだけなのか、純粋な個性なのか分からないが『Sweetheart』と『インフィニット』から感じる初期衝動は面白い。
 彼の製作スタイルは、リアルサウンド映画部さんに寄稿した記事を読んで貰うと分かるが、ジェイソン・ブラムと相性が良さそうだ。今後が少し楽しみである。

原題:Sweetheart 2019年 アメリカ 82分(IMDB
★3/5

「Depraved」レビュー:引き裂かれる心と体

Alex Breaux in Depraved (2019)

ラリー・フェッセンデン流フランケンシュタイン

 インディーズ映画界のハズレ無しプロデューサー兼ディレクター、ラリー・フェッセンデンのフランケンシュタインだ。ただし、本作の主人公はフランケンシュタイ博士ではなく、戦争PTSDに悩む元衛生兵ヘンリー(どの戦争か分からない。クソアメリカは戦争しすぎだ)。彼はPTSDからの回復手段として「蘇生術」の研究をしているのだ。ただ”病んで”いるので、その研究は常軌を逸している。ただ死んだ人間を蘇らせるのでは無く、死人をつなぎ合わせて蘇らせることに執着している。何故、それは彼の共同研究者であるポリドリが、その研究を成果を営利利用しようと企んでいるから。戦争や労災でバラバラになった体でも、繋ぎ合わせて蘇生できれば、兵士や労働力に使えるというわけだ。


 物語は実験台にされてしまう青年、アレックスが彼女のルーシーと喧嘩している場面から始まる。アレックスは子供が欲しいと言うルーシーに対し「俺はまだ大学を出たばかりの23だし、ヘッポコだし子供なんて育てられる気がしない」と言う。そんな彼にペンダントをプレゼントして機嫌を取るルーシー。だが、その夜、アレックスはヘンリーとポリドリに殺害されてしまう。

Low Tide

ひと夏の地獄経験。80年代”チョイ悪”子供映画meets『黄金』(48)

 ニュージャージーの海岸沿いの町に住む悪ガキ、アランと弟のピーター、レッド、スミティの4人。彼らは退屈な日々を夜な夜なコソ泥をすることで紛らわせていた。とある夜、盗みに入った屋敷で大量の金貨を発見したピーターは、レッドとスミティに黙って兄のアランと2人で金貨を独り占めしようとする。しかし、所詮彼らは子供。秘密を隠し通せる訳もない。憧れの女性、メアリーの気を引くため、幾枚かの金貨を換金し車を買うなど危ない道を渡り続ける。そして秘密はスミティに知られることに。スミティは「レッドにこのことがばれたらどうする?アイツ、人を刺し殺したこともあるんだぜ?」と2人を脅迫。結局3人で金貨を山分けすることに。だが、ハブられている雰囲気を感じ取ったレッドは、再び盗みを提案。しかし、今度のターゲットはメアリーの家だった。


 本作、何が素晴らしいって、この4人、やたらめったら芝居が巧い。「なんだよ!”未公開残酷映画”という名目なのに、そっちの面白さかよ!」と思われるかも知れないが、とにかく巧い。極端に説明台詞が少ない映画であるにもかかわらず、4人のバックボーンが手に取るように判る。親がブルーカラーであることや、金に困っている訳では無いこと、そして本当は平和に暮らしていたいだけであることも……。もちろんセットアップだけでなく、山場のシーンも見所多数。なかでも、スミティがアラン・ピーター兄弟を脅迫するは最高だ。スミティはこの時、パックのオレンジジュースを飲んでいるのだが、それがまるでタバコのように見える。狡猾なその面構えは、完全に大人の顔なのだ。
 地獄の様な騙し合いの果てにむかえる結末は、観る者の心に切ない残像を残す。本作、あまりのデキの良さに、あの気鋭のディストリビュータ”A24”が即権利を買い取った。

Chill Factor (aka. Demon Possessed)

Demon Possessed (1993)

これは『トロル2』のような地獄の駄作なのか?

 スキモノの間では非常に有名な作品。しかし、僕はこの映画の事は全く知らず、英Allow Video社が2KリマスタBlu-rayを発売したことで知るに至り、初めて観賞した。いやはや、これが良くも悪くも酷い代物。Blu-rayに付属している冊子にあるレビューを読んで見ると、Mike White氏(※1)が「あえてヘボい映画を作ろうと思うと酷い代物にしかならないが、マジモンでヘボい映画の場合、すっげえ傑作になる時ある。それがこの『Chill Factor』だ!」と述べている。その例として彼は『トロル2』や『ショーガール』を例に挙げている(この2つを同列に語るのが、なかなか楽しい人だ)。なるほど、つまり「あんまりも酷くて楽しくなっちゃう映画」なんだなと認識。見てみると本作の監督クリストファー・ウェブスターは、全くもって遊び心を持つこと無く、本気でホラー映画と作ろうとした感じを受ける。だって、なんか本気を感じるんだもん・・・。

※1映画レビューポッドキャストProjection Boothの人気レビュアー

Comming Soon

お待たせしました。もう少ししたら、更新再開します。