Low Tide

ひと夏の地獄経験。80年代”チョイ悪”子供映画meets『黄金』(48)

 ニュージャージーの海岸沿いの町に住む悪ガキ、アランと弟のピーター、レッド、スミティの4人。彼らは退屈な日々を夜な夜なコソ泥をすることで紛らわせていた。とある夜、盗みに入った屋敷で大量の金貨を発見したピーターは、レッドとスミティに黙って兄のアランと2人で金貨を独り占めしようとする。しかし、所詮彼らは子供。秘密を隠し通せる訳もない。憧れの女性、メアリーの気を引くため、幾枚かの金貨を換金し車を買うなど危ない道を渡り続ける。そして秘密はスミティに知られることに。スミティは「レッドにこのことがばれたらどうする?アイツ、人を刺し殺したこともあるんだぜ?」と2人を脅迫。結局3人で金貨を山分けすることに。だが、ハブられている雰囲気を感じ取ったレッドは、再び盗みを提案。しかし、今度のターゲットはメアリーの家だった。


 本作、何が素晴らしいって、この4人、やたらめったら芝居が巧い。「なんだよ!”未公開残酷映画”という名目なのに、そっちの面白さかよ!」と思われるかも知れないが、とにかく巧い。極端に説明台詞が少ない映画であるにもかかわらず、4人のバックボーンが手に取るように判る。親がブルーカラーであることや、金に困っている訳では無いこと、そして本当は平和に暮らしていたいだけであることも……。もちろんセットアップだけでなく、山場のシーンも見所多数。なかでも、スミティがアラン・ピーター兄弟を脅迫するは最高だ。スミティはこの時、パックのオレンジジュースを飲んでいるのだが、それがまるでタバコのように見える。狡猾なその面構えは、完全に大人の顔なのだ。
 地獄の様な騙し合いの果てにむかえる結末は、観る者の心に切ない残像を残す。本作、あまりのデキの良さに、あの気鋭のディストリビュータ”A24”が即権利を買い取った。

Chill Factor (aka. Demon Possessed)

Demon Possessed (1993)

これは『トロル2』のような地獄の駄作なのか?

 スキモノの間では非常に有名な作品。しかし、僕はこの映画の事は全く知らず、英Allow Video社が2KリマスタBlu-rayを発売したことで知るに至り、初めて観賞した。いやはや、これが良くも悪くも酷い代物。Blu-rayに付属している冊子にあるレビューを読んで見ると、Mike White氏(※1)が「あえてヘボい映画を作ろうと思うと酷い代物にしかならないが、マジモンでヘボい映画の場合、すっげえ傑作になる時ある。それがこの『Chill Factor』だ!」と述べている。その例として彼は『トロル2』や『ショーガール』を例に挙げている(この2つを同列に語るのが、なかなか楽しい人だ)。なるほど、つまり「あんまりも酷くて楽しくなっちゃう映画」なんだなと認識。見てみると本作の監督クリストファー・ウェブスターは、全くもって遊び心を持つこと無く、本気でホラー映画と作ろうとした感じを受ける。だって、なんか本気を感じるんだもん・・・。

※1映画レビューポッドキャストProjection Boothの人気レビュアー

Comming Soon

お待たせしました。もう少ししたら、更新再開します。

06/22(土)キネカ大森さんでトークイベントやります→ご来場ありがとうございました!

06/22(土)のキネカ大森さんでトークイベント、ご来場頂き、ありがとうございました!なんと満席!!たったの30分ですが、楽しい時間を共有できて、鈴木さんも私も嬉しい限りでした。ちょっと私、時間を気に過ぎまして、時計を見すぎてしまいすみません。
キネはら は7月4日まで続きます。僕も、お客さんとして時々伺いますよ〜。

実はキネカ大森のスタッフさん、お一人でこのボードを担当しているとのことで、是非、来場の際はじっくりご覧いただければと。
『ビヨンド』でこんな感じです。とんでもない感性をお持ちのスタッフさんとお見受けしました!

6月21日(金)~7月4日(木)までキネカ大森さんで「キネカのはらわた 是空創立10周年おめでとう祭り」(略してキネはら)が開催されます。是空さんがソフト化に携わった作品から、キネカ大森のスタッフさんが選んだ16作品をバシバシと上映する素敵なイベントです。

開催中、2回ほどトークイベントが開催されるのですが、そのうちの1つ、06/22 17:20からの『ビヨンド』上映後に行われる回に、是空主催 鈴木淳一さんと私が登壇します。内容ですが、ルチオ・フルチの『ビヨンド』となると、皆様の方が詳しいこともありましょう。なので、我々2人の『ビヨンド』への思い入れ、そして『ビヨンド』を飛び越えて、表向きにはできない映画の権利獲得や裏事情についてベラベラとお話する予定です。要は拙著ZINE「Filthy Vol.2」に掲載した「是空さんのお仕事」の番外編みたいなものになります。ほぼノープランですが、楽しんでいただけるよう、鈴木さんと2人で頑張りますので、よろしくお願いします!ちなみに鈴木さんは、来月販売予定の某映画Tシャツ。私も某映画Tシャツを着ていきますが、なぜ”その映画なのか?”を当てたら、褒めてあげます!
(6月23日の15時の『ローリング・サンダー』後のとらさわホークさんと多田さんのもう一つのトークイベントも是非!)

あ、そうそう!是空さんが作った各種映画グッズ販売、入場者特典としてカードの配布、そしてFilthy Vol.2の販売も行われます!

詳細はこちらから!

『マーラ』とヘンリー・フューゼリの『夢魔』

 2018年映画秘宝12月号の連載Horror Anthologyで書いた『マーラ』。記事執筆時点では、日本未公開であったが、現在は国内盤が発売され安易に観賞しやすくなったので、連載時に書けなかったネタを一つ。

 『マーラ』は、“金縛り”こと“睡眠麻痺”を題材に、金縛りの原因とされてきた悪魔、所謂“夢魔”が命を奪いにやってくるという話だ。詳しくは映画本編を観てもらうとして、連載時にも書いたとおり“睡眠麻痺”の原因は明確な理由があり、霊的な現象でもなんでもない。ただ脳が覚醒しているのに体が寝ている状態である。しかし、この状態、原因は知っていても何か恐怖を感じてしまうことは間違いない。だから映画以前の時代には、この恐怖を表現した絵画がいくつも存在する。なかでも有名なのは、ヘンリー・フューゼリの『夢魔』だ。中野京子氏が「怖い絵」で紹介し、上野の森美術館で2018年に行われた「怖い絵展」でも来日したことから、実物をご覧になった方も多いだろう。

 仰向けに寝ている女性の腹の上にインキュバスがうずくまり、左手のカーテンの奥から不気味に目を光らせた馬が顔を覗かせている。この作品の解釈には複数あろうが、中野氏の解説はとにかく「怖い」見方をさせようと「インキュバスが女性の上に乗っていることから、レイプしようとしている。馬は欲情の象徴。」という見方に終始している。インキュバス自体が「夢に出てきて女を犯す」(ちなみに男を犯すのはサキュバスだ)存在なので、無難な解釈ではある。

 しかし、俺の解釈はちょっと違う。そもそも女性の表情は「恍惚としている」とわれているが、これは、体のコントロールを失った“睡眠麻痺”の状態を描いているのでないか?あの“金縛り”の奇妙な息苦しさ、何かが聞こえる、何かが近くにいるような感覚……。果たして、この絵に描かれたバケモノはサキュバスなのか?もしかしたら女性の命を奪いに来た悪魔“マーラ”なのではないか?そんな見方も面白いのではないだろうか。

 また、ホラー好きの多くはこの絵について思い入れがあるようで、海外の有名ホラーサイト「iHorror」では、サキュバスが女性の上に乗っているというのは「女性が欲情を抱えている」という見方を紹介している。

この体勢は、絶対『夢魔』を意識していると思うんだけどなあ。

 ちなみに『マーラ』では、『夢魔』へのオマージュのような犠牲者の死体が登場する。さて、本作の制作者は『夢魔』についてどんな解釈を持っているのだろう?