Martyrs(マーターズ)


martyrsfv6Director:Pascal Laugier
Cast:Mena Suvari,Mylène Jampanoï
->imdb: Martyrs
“ヘルレイザー”のリメイクに抜擢された、フランス人監督の超絶極悪監禁拷問映画。

(2009/06/05追記)ヘルレイザーの監督を降板したようです。


Synopsis

長期間行方不明となっていた少女ルーシーが、路上で発見される。彼女は長期間にわたる監禁・虐待で心身ともにボロボロになっていた。そして施設で同室となったアンと仲良くなる。
cap00022
15年後、ルーシーは自分を誘拐し虐待した男を発見する。男は家族で幸せそうに暮らしていたが、ルーシーは一家を猟銃で皆殺しにする。
cap00037cap00016
全員を殺し、アンと合流するルーシー。しかし、男に家には他に何者かが住んでいたのだ・・・。
cap000411

Review

概要を書くだけ書きましたが、この映画はこの後が問題なのです。
正直なところ、上の導入部は実際はどうでも良く、後半30分に、この屈折し邪悪にねじ曲がった映画の本質があります。ちょっとだけ言うと、アンはある組織に拉致され、虐待されます。
これを虐待というか、なんというのか —そもそもその組織側がそう考えてはいないようなのですが、超越がどうのこうの言っています。—
本人たちは非常にまっとうな思想で、これを行っている・・いわば純粋な邪悪さなんですよ。

飯食わす->ボッコボコにする->体洗う->飯食わす->ボッコボコにする->体洗う
cap00033cap00034cap00027
のループを延々と15分くらい見せられたあげく・・・まぁ一枚、フランス版DVDからのキャプを入れておきますので、察してください。とにかく優しさや緩さが入り込む余地がない邪悪さです。

“Martyrs(マーターズ)” の続きを読む

My Bloody Valentine(血のバレンタイン)

package
『血のバレンタイン』のSpecial Editionです。
今更、出すのはMy Bloody Valentineの3Dリメイクの宣伝もかねてるんでしょう。
(当然、リメイク版のトレイラーが解説特典の中で流れてました。)

長らく削除されっぱなしで封印されてきた、削除シーン付きとのことで、ワクテカしながら買ってみた次第。
従来のDVDよりパッケージも何やらカッコイイです。

追加された削除シーンは以下の通り

  • 冒頭の炭坑青姦シーンで娼婦の胸から突き刺さる鉄心が突き出るシーン
  • cap00003

  • 気の良いおばさん、メイベルさんの乾燥機ゴロンゴロンシーン
  • cap00007 cap00006

  • 酔っぱらい悪戯ジジイのツルハシ顔面粉砕シーン
  • cap00009 cap00011

  • 若造がホットドックウインナーと一緒にボイルされるシーン
  • cap00013

  • シルビアさんがシャワールームで宙ぶらりんになるシーン
  • cap00014

  • 髭のオッチャンがネイルガンでボッコボコにされるシーン
  • cap00015

  • 絞首された男が、落下した勢いでクビがもげて、体が床に叩き付けられるシーン
  • cap00018 cap000191

  • アクセルさんの両親惨殺フラッシュバック
  • cap00026

  • アクセルさんの腕切断&それを持ってびびるサラ
  • cap00028 cap00029

要は、すべての殺人シーンにゴア描写が追加されているという具合です。
「暗くてよくわかねぇ」とか「その犯人は無理」とかあまり評判の良くない(それでも「誕生日はもう来ない」より良いだろ)本作ですが、僕は、この削除シーンのスラップステックな人体破壊の追加により、大分印象が良くなりました。

削除シーンは個別に鑑賞が可能な上、削除シーン込みで、作品を通して観ることもできます。

メイベルさんの乾燥機ゴロンゴロンとツルハシの柄が目から飛び出るのは必見です。
日本版が出ると良いのですが、米Amazonでも送料込みで2000円ですから、この際、北米版を買ってみてもと良いと思いますよ。

しっかし、この映画のエンディングテーマ。。。。。おもしろいなぁ。


レビュー一覧

Stuck

Director:Stuart Gordon
Cast:Mena Suvari,Stephen ReaRussell Hornsby,Carolyn Purdy-Gordon
->imdb:Stuck

スチュアート・ゴードンというと、「死霊のしたたり」や「フロム・ビヨンド」「ドールズ」 最近では「ダゴン」やMasters of Horrorの黒猫やWitch-Houseといった 超常現象やクトゥルフネタをもってくることが多いのですが、今回はストレートなサスペンスのようです。

 

Story


家賃を滞納しすぎてアパートを追い出されてしまったトムさん。
大家に逆ギレして飛び出したのはいいけれど、職安に行っても仕事を回してもらえない。

公園で途方に暮れていたらホームレスに「まぁ、気楽にやんなよ!」と元気づけられカートをプレゼントされる体たらく。


いっぽう老人ホームで看護士をするブランディさん。ウンコもらしたおじいちゃんの世話やらなんやらで忙しい。

人にちょっと認められてゴキゲン。
(上司役、『フロム・ビヨンド』でジェフリー・コムズに目玉チューチューされるキャロライン・ゴードンさんです。)


そんなブランディさん、その夜、へべれけで彼氏と電話しながら運転していたら
飛び出したるは先のトムさん!(事故シーンはスーパースローでお楽しみいただけます!)
シートにしたたる血をみて、トムさんよりシートの汚れを気にしたりとダメ人間っぷりを
突如として発揮し始めるブランディさん。
さらに、「やっべー、明日上司から”いい話”があるみたいだし、事故とかやべぇんじゃね?」

っと、ついつい、トムさんをフロントに刺したまま、ご帰宅です。


ガレージで必死に「ヘールプ!へーるぷ!!」っと叫ぶトムさんに
「救急車呼ぶからゆっくりしていってね!」っといいますが、何故か放置したまま、
彼氏と一発決めつつ、事故の瞬間を思い出しながらアヒアヒ。まさにビッチ!

翌朝、トムさんをほったらかしにし、タクシー出社するブランディさん。
トムさんはこのとき、
「あの女。絶対、俺をどうにかして事故を無かったことにするつもりだ!」
っと遅まきながら気がつきます。(遅い!遅すぎる!)

トムさんは、クラクションをならしたり、ブランディさんが忘れていった携帯電話で
助けを呼んだり、近所のガキに助けを頼もうとしたりといろいろ画策しますが
尽くブランディに邪魔され、全然うまくいきません。
挙げ句の果てには、犬に傷口を穿られたりと散々です。


フロントガラスに頭を叩きつけたため頭は割れ、ワイパーは腹に刺さり足も骨折しているため、
次第に体力が無くなっていくトムさん。
そこへブランディさんの彼氏がやってきて、トムさんを始末しようとしますが・・・。

Review

実話がベースだそうで、実際、事故を起こしてテンパったら、ありそうな気もする話。
僕も実際、事故を起こしたことがありますが、独特の心理状態に陥るので気持ちは分からなくもない。。いや、わからん。(ちゃんと警察に電話しましたよ)。

もう少し心理描写を丁寧にしたらコーエンっぽい作品になりそうなのですが(ちょっと発想が短絡的すぎ?)そこはそれ、ゴードン爺はあくまでB級に収まるべく、わざとシレーっと撮っている感があります。

また、Mena Suvari(ex.アメリカン・ビューティー)演じるバカ看護士ブランディさんが悪すぎる。そして、その彼氏や友達も馬鹿すぎる。そしてホームレスのトムさんが不幸すぎる!

アパートを追い出され、ホームレスになった初日に車で轢かれて
頭部打撲・腹部裂傷・足骨折、さらに犬には喰われそうになるわ
撃ち殺されそうになるわ、焼かれそうになるわ散々です。

あ、ゴードン作品には欠かせないゴードン嫁キャロラインさん
(フロム・ビヨンドでジェフリー・コムズに目玉チューチューされる女医ね)
はブランディの上司役でチラっと出ています。

ゴードン独自の物語後半に見受けられるグチャドロ感があまり無く、
物足りない向きもいるかと思われますが、なんだかんだと
しっかり楽しめます。国内版でるといいなぁ・・・。

パキスタン・ゾンビ

以前、紹介した『Hell’s Ground(aka.Zibahkhana)』ですが、知らぬ間に『パキスタン・ゾンビ』という元も子もない邦題でDVDが出てました。あんまりゾンビは関係ない映画なんですけどね。

詳細はこちらからどうぞ

『ギリシャ・ゾンビ』という、ギリシャ人の働かなさっぷりが炸裂している(疾走ゾンビなのだがイマイチ煮えきらない)、似たようなタイトルのゾンビ映画よりは面白いと思われ、機会があれば是非観ていただきたい作品です。