パキスタン・ゾンビ

以前、紹介した『Hell’s Ground(aka.Zibahkhana)』ですが、知らぬ間に『パキスタン・ゾンビ』という元も子もない邦題でDVDが出てました。あんまりゾンビは関係ない映画なんですけどね。

詳細はこちらからどうぞ

『ギリシャ・ゾンビ』という、ギリシャ人の働かなさっぷりが炸裂している(疾走ゾンビなのだがイマイチ煮えきらない)、似たようなタイトルのゾンビ映画よりは面白いと思われ、機会があれば是非観ていただきたい作品です。

“パキスタン・ゾンビ” への6件の返信

  1. 初めまして、毎度楽しみに読ませてもらってます腐肉喰らいと申します。
    「パキスタン・ゾンビ」は原題の身も蓋もない邦題にゲンナリしますが
    確かにごった煮鍋のようで面白かったですね。

  2. >腐肉喰らいさん
    いらっしゃいませ!いつも読んでくださってるとのこと、ありがとうございます!
    パキスタン・ゾンビですが、そんなに”ゾンビ”は出てこないですよね〜。
    だけど、あのケレン味たっぷりの雰囲気は簡単には出せない、良い作品ッス。

    ブログ、読ませていただきました。キャラクター解説ブログとは面白いですね!
    チョップ・トップは最高です!。
    事後で申し訳ないのですが、リンクに追加しました!

  3. にしてもあの謎の殺人鬼(?)みたいなモーニングスターの人の
    突如の出現には驚きましたね。
    あれを観て、映画「片腕カンフー対空とぶギロチン」を思い出しました。

    ブログ読んでくださいまして、ありがとうございます。
    まだまだ紹介文としては至らぬところが多いですが
    頑張りたいと思います。
    リンクありがとうございます。こちらからもリンクしときますね!

    個人的にチョップ・トップは思い出深いです。
    エドウィン・ニールもいいけど、ブログにも書いてますように喧しい狂気が実に良い!
    レフティも好きですが、最近観た「マーダーライドショー」シリーズを観て以来
    ビル・モーズリー氏の演技にベタ惚れです!

    追伸:「パキスタン~」のモーニングスターの人もいつか紹介しようかな?

  4. あのモーニングスターの白装束は一体なんなんですかね。
    北米版はDVDジャケットにのっているので、まぁ出現には納得するところはあるのですが、
    あの不条理感は、たまらなものがあります。

    ビル・モーズリィは、当時はあんなんですけど、今は渋い俳優になっていいですよねぇ。
    去年は、ひっそりとビデオマーケットでサイン会とかしてましたが、格好良かったですよ。

    モーニングスターの紹介、期待してます!

  5. 某レンタルビデオ店でバイトしているのですが、この商品が入荷されてきました。
    最初見た時「あれ?たしか、あのHPで紹介されてなかったっけ?」
    と、思ったら案の定でした。
    その前は「ギリシャゾンビ」が入荷されてきましたね。
    ギリシャにパキスタン、ネーミングどうにかならないのかな…

  6. こんばんは!
    いつも見てくださって、ありがとうございます!

    パキスタン・ゾンビもギリシャ・ゾンビもキングレコードから出てるのですが
    どちらのタイトルも、センス無いっというか、やっつけ感ありありなのが閉口ですよねぇ。

    パキスタン・ゾンビのほうは、海外版しか見ておらず国内版の仕様は判らないのですが、
    ギリシャ・ゾンビは、吹き替えはともかく、井口登氏(ウンゲロミミズとかのキワモノAV)と
    山口雄大氏(地獄甲子園)の対談コメンタリが入っている、意味の分からない仕様になっています。
    一体、誰が得するコメンタリなんだろうと思ってみたり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。