『新感染 半島』雑感:『香港行き』にすれば良かったんじゃないですかね?

 褒めないので、ブログの方に書きます。

 先日『新感染 半島』こと『半島』の試写に伺った。『新感染』こと『釜山行き』ほど面白くもなく、かといってつまらないワケでなく、非常に凡庸な作品に仕上がっていた。悪くいってしまえば、ライトなハリウッドゾンビ映画と大差なく、玉石混淆のゾンビ映画の中では”石”のデキである。

 『釜山行き』が何故面白かったか?個性的なキャラクターと「誰が死ぬか分からない」不安感だったと思う。だが『半島』は完全に”誰が死ぬのか”丸わかりなのだ。確実に死にそうな人間が次々とフラグを立てて、即効で死ぬ。死ななそうな人間は、どれだけ感染者に囲まれようが「俺は持ってる!」と言わんばかりに死なない。

 冒頭から中盤以降の展開が読み取れてしまうほど、練られていな脚本は退屈の一言に尽きる。キャラも弱い。そりゃマ・ドンソクのようなものは期待していかったが、メインの子供姉妹に全く魅力が感じられない。芝居は巧いのだが、機知に富んでいることもなく、やたら運動神経がいいことでもなく、「持って」もいない。ただ、姉妹が大人達の窮地をシレッと救う。それだけが箇条書きで描かれる。金をかけてド派手なアクションをキメても台無しである。

 ゾンビ映画には大きく3つの手法があり、1つめが徹底的にエンタメに振る『釜山行き』、2つめが”俺たちのゾンビ”こと社会批判をベースにした『ゾンビ』、3つめは徹底的にゴア描写に特化した『ブレインデッド』だ。

 『半島』は、『釜山行き』同様、1番目のエンタメに振りたかったのは分かる。感染者に支配され廃墟となった韓国。ヒッソリと生き延びている横暴な非感染者コミュニティ、それに反抗するレジスタンス一家と一攫千金を狙う冒険者という構図からも明らかだ。しかし、電車が疾走するようなスピード感があるわけでもなく、タイムリミットもない、脚本にトリックが仕込まれているわけでもなく、目を覆いたくなるようなゴア描写もない。無い無い尽くしの一方で、ゾンビ映画に一番不要で鬱陶しい親子愛だけが残されており、そこまでハリウッドナイズする必要ないだろと。なんといっても一番鼻についてのは、”はい!ここで泣いて下さいスロー”を使いすぎていることだ。

 加えて、香港に無事避難した人々が「病気を持ち込むな!この半島人め!」と罵られるシーンがあり、おそらく批評家はこのあたりに目を付けそうだが、これをコロナ禍と結びつけるのは相当無理があるし、どうしてこんな凡庸な映画に成り果ててしまったのか。我が儘を言って試写に呼んで頂いたのに、こんな感想しか出てこず、大変申し訳ないです……。

 冒頭、香港行きの救助船の中で感染者が発生しパニックになる場面が一番の見所。ぶっちゃけ『香港行き』(Ship to Hong Kong)にして、複数の救助船で避難合戦させた方が面白かったんじゃないだろうか?

『FREAK』:ハイテンションな森の仲間が大暴れ!

 『クライモリ』こと『Wrong Turn』、フランスの悪名高き名作『Ogroff』、典型的スラッシャー『The Final Terror』等々の中で迷ってしまったキャピキャピの若者たちが殺人鬼だのバケモノが出てきてぶっ殺される、所謂”Backwoods Slasher ”

 正直なところ、この手の映画には皆、飽き飽きしているのではないだろうか?想像できる最大限の下劣なキラーが考えうる限り残虐な殺人を行う。飽き飽きしてるとはいえ、70年代から半世紀以上、連綿と続いてきた定番なので、もはや伝統芸能。

 この伝統芸能に求められるのは「衝動」。「衝動」こそがBackwoods Slasherの面白さと言える。しかし、この「衝動」というのが難しい。『クライモリ』がいい例だ。

 『クライモリ』は1作目以外は全く面白くない。いくつか美味しい殺人シーンはあるが、映画としての出来はどれも今一歩である。なぜか?続編は1作目のプロットをそのまま使った焼き直し映画でしかなく「俺はこういうものが撮りたいんだ!」という衝動が感じられないからだ。

 裏を返せば、チープなメイクであろうが、拙い演出であろうが「衝動」さえあれば面白くなる。格好の例がこの『FREAK』。

 『FREAK』のストーリーはとてもシンプル。ハイテンションな森のバケモノが若者をブチ殺すだけだ。このバケモノというのが、とんでもなく雑でショボい。しかし、やたらと威勢がいい。『悪魔の赤ちゃん』や『核変異体クリーポゾイド』を彷彿とさせる熱量がある。ゴリゴリと首をナイフで切り落とす、頭を真っ二つにカチ割る等、超ゴアな殺人シーンも明らかなフェイク感があるが、その圧倒的なテンションの高さに手汗をかいてしまうほど。

 役者の芝居、演出はギリギリ及第点。ゴア描写だけにこだわらず、犠牲になる5人の若者のバックボーンもしっかりと描き、バケモノの正体に一捻り咥えているーーと言っても、バレバレだけどもーーのも好感触だ。

 監督のLucky Cerrutiは、プロダクションDead Visionで細々とスラッシャー映画を作りつづけている。ちなみにDead Visionも非常に謎が多く、フェイクボディを黙々とチェーンソーで切り刻んだり、腹話術人形を使って役者に一人芝居をさせて人形バトルを演じさせたりして”no budget special effects”と豪語する、非常に難儀な映画を世に送り出している。

Awoken

 眠れないというのは、かなり辛い。布団の中で悶々とし続けていると「死んだほうがマシなんじゃないだろか?」と思うほどだ。理由は人それぞれだろうが、大体は睡眠薬で万事解決である。ところが、睡眠薬が効かない病気があるというではないか。
 Fatal Familial Insomnia(致死性家族性不眠症)略してFFI。この映画で初めて知りました。ざっくり言うと、脳幹から出る”寝とけ!”という命令を体が受け付けなくなるそうで、分類的には異常プリオンによる認知症的な病気だそうな。最終的には気が狂って死ぬそうで、「なんと恐ろしい病気か!」と震え上がりましたよ。さて本作は、不眠症と悪魔憑依をくっつけたお話です。

『Getaway』:ヒリビリーキラーに飽きましたか?

 週末を湖畔の別荘で過ごす予定のタマラ。友人マディとブルックは先乗りして既に休みを満喫しているらしい。急ぎ車を走らせる彼女であったが、途中、ガス欠になり立ち往生。「こりゃツイてないなあ」と途方に暮れていたところに現れたのは、ヒゲとメガネの2人組みの青年。嫌らしい目つきでタマラを見る彼ら。しかし、あっさりとガソリンを分けてくれるのであった。

『Can’t Kill This』:レビュー ぶっ殺して下さい!生きる事に飽きました。

Josephine Scandi and Bill Hutchens in Fuck You Immortality (2019)

ジョーを殺せ!

 2人のヴィーガンヒッピー、トニーとケイシーは1976年の夏の日を忘れられずにいた。ヒッピーコミューンでジョーと出会ったからだ。彼はいつも笑顔だったが、憂いを帯びた雰囲気をもち、時折、カミソリを飲みこみ血塗れになるなど、体を張ったマジックを披露する不思議な男だった。

 ある日突然ジョーはコミューンから姿を消し、2人とって幻の男となっていた。しかし、彼らが老後生活を送っていたある日、新聞で巨大イノシシを狩った凄腕ハンターの一人としてジョーの姿を見つける。しかもあの頃と歳一つ変わらない風貌!!

 “あ!ジョーだ!もう一度彼に会いたい!”