『マーラ』とヘンリー・フューゼリの『夢魔』

 2018年映画秘宝12月号の連載Horror Anthologyで書いた『マーラ』。記事執筆時点では、日本未公開であったが、現在は国内盤が発売され安易に観賞しやすくなったので、連載時に書けなかったネタを一つ。

 『マーラ』は、“金縛り”こと“睡眠麻痺”を題材に、金縛りの原因とされてきた悪魔、所謂“夢魔”が命を奪いにやってくるという話だ。詳しくは映画本編を観てもらうとして、連載時にも書いたとおり“睡眠麻痺”の原因は明確な理由があり、霊的な現象でもなんでもない。ただ脳が覚醒しているのに体が寝ている状態である。しかし、この状態、原因は知っていても何か恐怖を感じてしまうことは間違いない。だから映画以前の時代には、この恐怖を表現した絵画がいくつも存在する。なかでも有名なのは、ヘンリー・フューゼリの『夢魔』だ。中野京子氏が「怖い絵」で紹介し、上野の森美術館で2018年に行われた「怖い絵展」でも来日したことから、実物をご覧になった方も多いだろう。

 仰向けに寝ている女性の腹の上にインキュバスがうずくまり、左手のカーテンの奥から不気味に目を光らせた馬が顔を覗かせている。この作品の解釈には複数あろうが、中野氏の解説はとにかく「怖い」見方をさせようと「インキュバスが女性の上に乗っていることから、レイプしようとしている。馬は欲情の象徴。」という見方に終始している。インキュバス自体が「夢に出てきて女を犯す」(ちなみに男を犯すのはサキュバスだ)存在なので、無難な解釈ではある。

 しかし、俺の解釈はちょっと違う。そもそも女性の表情は「恍惚としている」とわれているが、これは、体のコントロールを失った“睡眠麻痺”の状態を描いているのでないか?あの“金縛り”の奇妙な息苦しさ、何かが聞こえる、何かが近くにいるような感覚……。果たして、この絵に描かれたバケモノはサキュバスなのか?もしかしたら女性の命を奪いに来た悪魔“マーラ”なのではないか?そんな見方も面白いのではないだろうか。

 また、ホラー好きの多くはこの絵について思い入れがあるようで、海外の有名ホラーサイト「iHorror」では、サキュバスが女性の上に乗っているというのは「女性が欲情を抱えている」という見方を紹介している。

この体勢は、絶対『夢魔』を意識していると思うんだけどなあ。

 ちなみに『マーラ』では、『夢魔』へのオマージュのような犠牲者の死体が登場する。さて、本作の制作者は『夢魔』についてどんな解釈を持っているのだろう?

Pledge | プレッジ

ヘイジングという極悪文化をトーチャーポルノに

 大学という場所はやりたい放題できる場所であり、その反面やりたいことがはっきりしていなかったり、所謂コミュ障であったりすると、目標を見失い、孤立し、学生生活はどん詰まりとなる。学生が自殺する理由は大概、そんなどん詰まりが原因だ。とある北関東にある陸の孤島で有名な大学の自殺率が高いのも、それが起因といわれる”つくばシンドローム”(あ、言っちゃった)が理由だったと言われる。一応フォローしておくと、最近は交通の便が良くなったせいか、他の大学と同程度に自殺率は下がっているとのこと。

 『Pledge』は、学生達がお互いに繋がりを持つために重要となるフラタニティ、ソロリティの新人イジメを題材にした、サスペンストーチャーポルノだ。これらグループは、何故か排他的でそのグループに入るためには、殆どイジメともいえる課題乗り越えなければならない……お化け屋敷で一晩過ごせだの、ニワトリと一ヶ月暮らせだの……という所謂、新人イジメ(ヘイジング)だ。

 しかし、本作の主人公はそれ以前の問題で、どこのフラタニティからも”おことわり”されている、キョロ充、デブ、根暗3人組。パーティの時間は嘘を教えられ、無理矢理仲間に入ろうと、寮に乗り込めば”お前らはキメェからダメ”と言われる始末。さて困ったというところに現れたのは、怪しい女。

如何にも相手にされなさそうな3人

「今夜、パーティがあるからきなよ!」

といわれ、ホイホイ付いていく3人。山奥深くの屋敷に辿り着くと、そこは色っぽいネーチャンに、シュッとしたイケメンがワイワイと騒いでいるではないか!場違い感は否めないが、ウェルカムな雰囲気に大はしゃぎの3人。気絶するまで飲み明かした3人にイケメンが「おまえら、いけてんな!ウチのフラタニティに入りなよ!入寮の儀式を今晩やるから、お泊まりの用意してきて!」と爽やかに告げる。

ネズミの死体を生でミキサーにかけたペーストを頬張る

 これまたホイホイとお泊まりグッズをそろえて、ルンルン笑顔で夜やってきた3人を待ち受けていたのは、壮絶なゼロサムヘイジングゲームだった……・

 大筋は女性に誘惑された男が酷い目に遭うというのは、トーチャーポルノの王道を築いた『ホステル』(06)と同じ。しかし素直なトーチャーポルノではなく、ある程度のツイストが効いた作品だ。実はホスト側にも、それなりに事情がありヘイジングを行っているのだ。これがちょっと創造を超えているので、そこが見所となる。

化膿した焼き印

 拷問描写は焼き印程度であとはナイフによる殺傷程度。それ故、若干のリアリティがある。それよりも、鳥の死骸をミキサーにかけたものを飲ませるシーンが最高にブルータル。吐き気満載で描かれる。

バケツの中にはハム太郎がはいっており、それを火で炙っております。

 そういえばパーティのサントラにSURVIVEの「Hourglass」が使われていました。『ザ・ゲスト』でも使われている曲だ。ちなみにSURVIVEのメンバーであるカイル・ディクソンは『ストレンジャー・シングス』のサントラも担当している。言わば80sサウンド職人である。さらに『ストレンジャー・シングス』のOP曲は『オンリー・ゴッド』の「Wanna Fight」と似ている似ていないでNMEが騒いでいたことを思い出した。NMEのクセにNew Retroの時流をガン無視した記事にゲンナリした想い出の曲だ。

 (2019年4月22日鑑賞 ★★★☆☆)

ハウス・ジャック・ビルト / The House That Jack Built

崩壊した顔面と某キュビズムの絵を交互に見せて、Murder is artって最初にはっきり言っちゃうから、そのまま。ヒネリも何も無い。この安直さよ。

家を建てることと、映画を創ることと殺人を同じアートとして扱っているわけで、精密にやるときも有れば運任せや雑になるところもあるし、思ってたのと違うものができることがある……ということ。
だから殺し方が雑だの露悪的だのアートなら美しくやれだのいうのはホント意味が無い批評だ。

当然、当事者のジャックはトリアーの投影。OCD(強迫神経症)なのもそうなんじゃなかろか。オチからみるに、トリアーは病みっぱなしなのは間違いない。この狂ったデンマークのオッサンは『イディオッツ』で確立した手法を変えず、たぶんこのまま行くんだろう。

Filthy Vol.2でます!

お待たせしました!Filthy Vol.2完成です!未公開ホラー映画レビューは18本、コラムは『The Strangeness』の事を書いてます。メインは合同会社 是空 主宰の鈴木さんのインタビュー記事になります。2019年2月2日から新宿ビデオマーケットさんで販売開始です。当日、僕はビデマさんに丸一日お客さんとして滞在します〜。気軽に声をかけて頂けると嬉しいです。

Filthy Vol.2 サンプルPDF

色々あって時間が掛かってしましましたが、いつも通りのことをいつも通りにやりました。インタビュー取材は初めてでしたが、取材時のナマニクのヘッポコっぷりと比較して記事自体は、何回読んでも面白いなあと自分で思っちゃう程度には、よくできていると思います。

通販はビデマさんか2/3以降になります。他のZINE取扱店さんは2月中頃に持ち込む予定です。

また、2/16にはFilthy Vol.2発売イベントとして大阪ロフトプラスワンWESTでイベントをやります。イベントといっても、いつも通りの未公開ホラー映画の残酷場面をみんなで観て、ニヤニヤするいつものアレです!よろしくお願いします!
詳細はこちら↓


V-ZONE Filthy Vol.2発売記念MOTHERFUKING NAMANIKU POWER

Filthy Vol.2、ちゃんと作ってます!

 随分長い間、更新をしていなかったことに今更気がつく。ビデマさんの一日店長デーには、たくさんの方にご来店いただき、売り上げは結構なものになりました!遅ればせながら、皆さまありがとうございます!

 で、随分長いこと放置して何をしていたかというと、これがなにかと忙しかったという何のひねりもない話。映画秘宝の連載を毎月書いて、あの時は『怖い、映画』の原稿、ロフトプラスワンWESTのイベントそのあとは『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』のレビュー原稿やら、年明けに出る『サスペリアマガジン』の原稿……意外とやる事が多くて、Filthyは進まないし、困った困った!という状況でした。

 そんなFilthyですが、ようやく製作再開しまして、遅れに遅れましたが1月末にはなんとかなりそうです。前と同じレビューとコラムという構成を維持しようと思って、若干無理していた感があったのですが、やっぱりスピード重視で、レビュー数本と取材インタビューの2本構成でサクサクと出すという方向に変えました。ちょっと時間を置きすぎて取材記事が枯れてしまいつつあるので、もう年明けがリミットかなーっと。ちょうど年末年始は時間があるので、ガシガシと進めます。原稿がほぼ上がっていて、あとはデザインと流し込みだけの状態となっています。だからたぶん大丈夫です!大丈夫と思いたい!