Dead Snow( aka. 処刑山/デッド卍スノウ )

dead-snow-promo

->imdb:Dead Snow
超若手ノルウェー人監督のテンプレゾンビ映画
その他のレビュー一覧


Synopsis

cap00003
医学生8人(内1名は下見で先行)が雪山へルンルンバケーション。

cap00020cap00021
突然山小屋を訪ねてきた謎のオッサンから、「ナチってとってもエグかったんだぜぇ?」と言われるも、んなことた知ったことではありません。(まさに、死ぬために出てきたようなオッサンです)

(唯一、先行した女の子を探しに行った男は心配そうですが)

だって、いくらナチがならしていた土地と行っても昔のこと。気にするまでもない!
しかし案の定、運悪くお泊まり先の山小屋には、ユダ公連中から巻き上げた
ナチのお宝が眠っていたのだ!
cap00031
やめときゃいいのに、うっかりお宝に手を出す若い衆。

当然、ナチの皆様は、お宝を取り返そうとゾンビ化して襲いかかる!
cap00028cap00029
まず、謎のオッサンが血祭りに上げられた!!(彼、盗ってないのに・・・)

そして山小屋の一同へも危機が迫るのであった・・・。

Review

毎年一本は、秀逸なゾンビ映画が出現しますが、今年は本作もその一つ。

ナチの皆様は、”お宝を返してほしい”だけなので、素直に返しゃいいのに
それに気がつかないアホ連中は(医学生なのに!頭良いはずなのに!)、次々血祭りに上げられます。

基本的に肉を食いたい訳ではないし、”噛む”ことで増殖することも目的としていないので
むしゃむしゃカニバルシーンは、ほとんどありませんが、

cap00040cap00042cap00048cap00080cap00083
このように顔面を挽き割ったり、四肢引きちぎったり、脳みそデローン、内臓ビローン
生首ポーンといったチェックシートがあったら満点をあげられそうなゴアシーンが満載です。
cap00054
ちなみに彼らは医学生なので、多少の裂傷は自分で”縫います”

現物フェイクとCGのミックス具合もよく、お遊びもそこそこに、ゴアも満点問題なしです。
監督のTommy Wirkolaは、まだ若く未知数な部分が沢山ありますが、
この若さでこのデキとは今後もかなり期待できそうです。

Captures

cap00059cap00058
フル装備で勝負だ!!(だから宝物還せばいいのに・・)

cap00066cap00067
オラオラオラ!

cap00086cap00087
腕、噛まれた!ゾンビになりたくない!切っちゃえ!
(この直後、チンコ噛まれて絶望しますが)

cap00091cap00095
多すぎる・・・。逃げようぜ・・・。

cap00097
スタコラッサッサだぜ!!

cap00099
まてーーーー!!

2009/12/09追記
日本公開おめでとうございます〜。

“Dead Snow( aka. 処刑山/デッド卍スノウ )” への12件の返信

  1. 追う方も追われる方もなんだか楽しそうですね~。
    ポチ候補に入れておこうっと。
    あ、でもナチ+ゾンビという判り易いネタだし、しれっとローカライズされるかもしれませんね。

  2. >るしはさん
    どうも!どうも!すみません、返答が遅くなりました。
    これは、「ナチゾンビ」とか元も子もない、ビデオバブル時に見たような
    タイトルを付けられてローカライズされる予感ぷんぷんです!!!

    ぽちしても問題なく楽しめる一品ですよ!!!

  3. お久しぶりです。

    もし私がローカライズ時にタイトルを決められるなら
    「ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団」を真似て
    「ナチス・ゾンビ 惨殺機甲師団」に決めますね。
    にしても最近はユーロホラーがなかなか良い感じですね

  4. >腐肉喰らいさん
    お久しぶりです〜!
    あの日光に弱い連中は、いったいなんなのかと(w
    たしかに、僕もナチス・ゾンビにちなんだ邦題付けたいです。
    タイトルによってはこのドリフ状態の後半をどう受け取るか変わってきそうな予感。

  5. ナチスでゾンビってので調べてみたら、昔「カリブゾンビ」という水泳のゴーグル着けたナチスなゾンビの方々の映画があったみたいです。
    「雪山ゾンビ」…ダメか。

  6. 来年の1月に劇場公開されるみたいですね。
    シアターNのトークショーで話が出てました。

  7. >doggy styleさん
    こんばんは!
    おおぅ。劇場公開ですか!DVDスルーじゃなくてよかったです!!
    シアターNのホラーフェス作品上映イベント行かれたんですね!
    伊東さんがゲストの日に行かれたのでしょうか?うらやましいです〜。

  8. >小藪秋彦さん
    どうもいらっさいませ!
    えぇ、カリブゾンビは有名ですよ。ゾンビ映画好きの人たちには、おそらくある種のハードル的な
    扱いかと。ヘル・オブ・ザ・リビングデッドのがまだ観れます。
    しかしながら、本作、内容的には「雪山ゾンビ」で充分と思います・・。

  9. 伊東氏のブログによればタイトルは「処刑山/デッド卍スノウ」になったようで
    まさかここまでシンプルなタイトルになるとは、予想外でした。

  10. >腐肉喰らいさん
    情報ありがとうございます。ゾンビ手帖さん、早いなぁ。
    でも、普通のタイトルでよかった!早速記事名に反映させました!

  11. 株式会社セブンスゲートのヨシモトと申します。

    本日20:00にとあるホラー映画に関するイベントを行ないます。
    詳細は以下です。

    キングレコードさんから発売される
    精神的スプラッタ映画「処刑山 デッド卍スノウ」の公開試聴イベントを行ないます。

    公開試聴会詳細
    http://www.kingrecords.co.jp/shokeiyama/

    非常にシュールかつエキサイティングなホラー映画『処刑山 デッド卍スノウ』を
    あの小向美奈子が公開視聴。
    約90分の本編を最初から最後まで誰もいない暗い部屋の中一人で
    鑑賞し、カメラで、その表情や言動、解説などから映画の素晴らしさを見ている人に感じてもらうこの番組です。

    やらせなしのガチンコ生放送です!

    担当のプロデューサー曰く
    「とても残虐で過酷で凄惨な映画。このような映画を小向さんが
    一人で観るのはとても危険。ネットTVの生放送なので
    撮りなおしや編集ができないので今回はまったくの冒険。
    何が起こるかわからないが、マネージャーにはどんなに見苦しくても、泣き叫んでも
    最後まで観してほしいと要請している。ぜひ、リハーサルや事前に何も教えないで
    観る小向さんの生の緊張感や心の動き、感動などを瞳や表情を通して感じてもらい、
    映画を観る際の参考にしてほしい。」
    とのこと。

    ※予告編ムービーはこちらです。
    http://www.youtube.com/watch?v=kvs2uvtN1jA&feature=player_embedded

    宜しければご試聴下さい。

  12. せっかくなのでチラ見してみましたが・・・
    僕はどちらかというと、笑ってみる映画だとおもっちょるのですよ。
    いや、後半はどう考えても笑うしかないわけでですね、ちょっと無理があるなと。

    ご本人さんには、来週からのロック座に注力していただきたく・・。

    なんつってw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。