Devil’s Playground


->imdb:Devil’s Playground
Two of us needed her first.
And now she can save the rest.
その他のレビュー一覧


Review

凄く良い。全力疾走感染者(便宜上ゾンビにカテゴライズされるヤツ)映画の集大成。それぞれの映画、28○後…やらリメイク版DotDやらHordeのダメなところを、完全に補完して、すんばらしいエンターテイメントゾンビムービーになっており、かつ、登場人物もアホほど濃く、群像ものとしても十分楽しめます。


RAK295という新薬を発表したN-gen社。(なんの薬なのかさっぱりワカランのだが、スゴイ薬なんだそうな)ところが、発表とほど同時に治験に参加した人々が、高熱出して血をゲボゲボ吐いて昏倒する副作用が発覚。「これはやべぇ!」ってんで、ちょっと様子を見ていたら、さっきまで昏倒していた患者が超絶アクティブ化して、全力疾走しながら襲いかかってきた!!


例によって、急速に拡散する感染者の皆さん。鍵になるのは、治験参加者3万人の内、唯一副作用がでなかった、アンジーさん。N-gen社は、彼女にこの副作用を止める手がかりがあるとして、企業専用傭兵コールさんを雇い、アンジーさん確保に乗り出す・・・が、コールさんも感染者に噛まれてしまいます。しかし、死にかけの研究員から託された”感染を6時間止める注射”を3本もち、タイムリミット18時間の間にアンジーさん探しの旅に出発。

件のアンジーさんは、感染者が暴れ回るニュースを見て、警官の兄さんに連絡。ヘリで街を脱出することになり、ヘリポート目指して女友達と混乱の町中を車移動中。

一方、よーわからんが、濡れ衣で投獄されていた刑事のジョーさん(たぶん首になってるっぽい)。お友達のスティーブさんに保釈してもらい、「いやぁ、たいへんだったねぇ」とガレージでマッタリ・・・とは行かず、混乱のロンドン風景をTVで観て愕然とする。


まぁ、そんなコール、アンジー、アンジーの友達、ジョー、スティーブが合流し、さらに、たまたま遭遇した嫌な感じのカップル7人のヘリポート目指しての地獄巡りが開始されるのでした。

以降のストーリーは、よくあるゾンビムービーに準じたものになります。ホラーSHOX呪さんが非常に詳しく解説なさっているので、是非そちらを観てみてください。(いつもの事ながら、Tinkerさんの解説は、英語台詞と合わせた解説がすばらしいです。本当に勉強になります。)

この映画、バランスが非常に良い! アクション、ゴア、血と汗と涙、なんでも詰まってます。

ゾンビ映画は、銃で頭をブチ抜いてゾンビの群れをかいくぐるというイメージが強いですが、本作では、舞台がイギリスということもあり、銃がメインにはなりません。基本的に素手とハンマーで乗り切ります。ハンマーでバッタバッタと襲い来る感染者をボッコボコにしていく様は実に爽快。

ゴア描写も極端にならず、「あ、良い味だしてんね!」という上品かつ効果的なレベルに押さえられています。

また、アンジーご一行は、健闘むなしく次々と散っていくわけですが、そこまでに人物がしっかりと描かれているので、その散り際が、かなり泣かせるものになっておりやす。もちろんその逆もありで、憎たらしいクソ野郎共には、それなりの最後が用意されています。とにかく素晴らしいバランス。


↑治験に参加して大変なことになっている人


↑ひっそりと、死にっぷりに定評のあるショーン・ペトウィーさんが出演していますが、なんとビックリ彼は死なず、ちょい役で出ているだけでした。期待したのに残念!


↑まぁ、こんな感じで三角飛びガンガンです。


↑ハンマー一本男の道


↑クソ野郎カップル(こいつらマジでむかつきます。)


↑ヒロイン。妊婦なのになんで治験に参加してんだよ・・。


↑1人だけ扱いの悪いヒロインのお友達



↑最後、免れることのできない死を目前に感染者の群れに突っ込んでいく男2人の顔が何とも言えません。

あくまでシリアスに、笑いを一切入れない徹頭徹尾生真面目ホラーアクション映画です。
純粋に「感染者からとにかく逃げる」”だけ”描いており、28○後のスタイルに納得できなかった向きも、必ず満足できる内容だと思います。
変な邦題つけずに、このまま国内版DVDを出して欲しい映画。


↑Danny Dyerさん、「Dog House」では、おちゃらけバカ男として女ゾンビとお笑い対決していましたが、今回は至って真面目。

余談。発病しなかったアンジーさん、実は妊婦で、おそらくは「アンドロメダ・・・」や「バイオ・インフェルノ(aka.Warning Sign)」のように、妊娠中のホルモンがキーになりそうな予感がするのですが、その点言及がないのが憎らしいです。

2010/11/14 追記
「ラン・オブ・ザ・デッド」のタイトルで国内版DVDが発売されるそうです。
参考
 ラン・オブ・ザ・デッド [SAMPLE]ビデオながら見日記 

“Devil’s Playground” への5件の返信

  1. これはマジ観たいっす…!
    たぶん買っちゃいます!

  2. わー、リンクしてくださって、褒めてくださって、どうもありがとうございます!
    これ、おもしろかったですよねー!
    ジョーさんの容疑ですが、私もよくわからなかったんですが、濡れ衣だかなんだか明確にされてなかったですが、やっぱ彼は、事情はどうあれ子供を殺したんじゃないですかね。でも「わるいことはしてない」とかいってたから(最初のほうで)、なんかワケアリで、そうせざるをえなかったみたいな。その方が物語としてもしっくりしますし。と思いました。

  3. >LIVE_FREAKYさん
    これは面白いので是非!是非!!
    絶対損はしませんよ!!!

    >tinkerさん
    わぁ!tinkerさんだ!!!いつも楽しく読ませてもらってますよ!
    こちらこそ、ムカデ人間のエントリを褒めてくださりありがとうございます!!
    ホント、この映画はおもしろかったです!
    ジョーさんは、確かに何をしたのかワカランですよね。なにか事件に巻き込まれた挙げ句の事だったのでは?っと予想はできるのですが・・。
    ジョーとコールさんは、何か贖罪というイメージが浮き上がってきます。

  4. いつも楽しく拝見してます!
    キャプ付きで大変見やすく参考になります。
    応援してるので頑張ってくださいネ

  5. >無銘さん
    いつも観て頂いているとのこと、ありがとうございます!!
    最近は更新を頑張るようにはしてたのですが、またペースダウンしそうです・・。
    でも、俄然やる気が出てきたので何とか面白い作品を見つけてきますーー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。