セルビアン・フィルム (aka. A Serbian Film)


->imdb:A Serbian Film
A real happy Serbian family !!!
その他のレビュー一覧


Review

完全に狂ったトーチャーポルノ。毎度おなじみホラーSHOX呪さんの方で、詳細なストーリーが書かれていますので今回、こちらではストーリーは割愛し、レビュー・・というか感想だけで。例によって、ガッツリネタバレなので、注意してください。

世の中には、冗談でやって良いことと悪いことがありますが、悪いことに触れそうで触れないギリギリの線上の映画。僕が観たUK版DVDはカット版とのことですが、もしかして完全版は「やって悪い」を超えてしまっていそう・・。(カット云々についてはimdbの掲示板で延々と議論されていますが、長文過ぎて読む気がしない!)

一番問題になるであろう、主人公のMilosが、雇い主であるVukmirが真に狂っていると確信するシーケンスで登場する「出産直後の赤子を禿頭のオッサンがレイプ、それを見ながら母親が恍惚とした笑みを浮かべる」ショートフィルム。これ、実は肝心の(?)赤子はオフスクリーンです。しかし、オフ故に赤子の”苦痛を表現しているであろう鳴き声”が耳に残ります。自分で取り上げた生まれたてホヤホヤの赤ん坊にチンコ突っ込む気になれるよなぁ・・・。(つーか、よく勃起するよな。)映像が比較的軽いものなのですが、とにかく嫌悪感を抱かざるを得ないシーンです。僕も色々と観てきましたけど、ここまで嫌な感じを抱いたことは無かったですねぇ。エロとホラーは相性が良いはずなんですけど、性行為と猟奇殺人が絡むとここまで嫌悪感を抱かせるものなんだなぁ・・・倫理とはなんぞ?っと。


↑例の狂ったショートフィルム。Vukmirは、「Born Porn!!」っと、声高らかに自画自賛してます。

しかし、中盤のこのショッキングなシーンを乗り越えてしまうと、待っていましたとばかりに、みんな大好き超絶ゴアサスペンスが展開。先の赤子レイプフィルムを観て、「こりゃ付き合いきれん!」っと、逃げ出すMilosさんですが、すでに一服盛られており、帰り道で昏倒。目を覚ますと家に無事帰り着いているのだが、何故か最後の記憶から三日も経っている。完全に混乱しているMilosはVukmir邸を再訪、残されたビデオで記憶をたどり、絶望的な幕切れへと突っ走り始めます。



↑一服盛られて、シャブシャブになったところで、とんでもないことをやらされていたMilosさん


↑一服盛られて、シャブシャブになったところで、オカマも掘られていたこともわかり唖然とするMilosさん


↑一服盛られて、シャブシャブになっている間、仕事を紹介してくれた女優友達Lejlaさんは全歯抜歯の上、フェラ便器にされてしましました



↑一服盛られて、シャブシャブになっている間、息子のケツをいただき、嫁は兄貴にいただかれてましたのMilosさん

赤子シーン以降、後半30分は気が狂ったシーンが立て続けに提示されるのですが、前半のドラマ部分の演出がしっかりしているため、全体の印象は意外に”まともな”映画です。


↑Milosのゲスい兄貴、義妹に欲情し「リンゴ欲しい?」の一言で、「うん欲しい(お前が)」的な場面


↑弟の家のトイレでマスをかく兄貴/アレな夫婦生活


↑Milosの子供が父ちゃん主演のポルノを惚けたツラで鑑賞し「パパ~、あの映画で何してたの?」「アレはお友達と遊んでたのよー」という、どこのご家庭でも一度はしたことがある会話。

金持ちがやりたい放題やる映画では「ホステル」や「マーターズ」等ありますが、どこかファンタジックな感覚であったこれらに対し、この「A Serbian Film」は、そんなフワフワした印象はなく、”ガチで気が狂っている”印象。本作を作り物として受け入れられるか?ってのは難しいとこ。僕は最後にMilosがブチキレてVukmir一派を皆殺しにするシーンで、ちょっと馬鹿馬鹿しい唯一冗談で済まされる眼孔ファックが出てきた時点でヨシとしました。(なにがだ・・)



↑なんだこの画は!!!



↑わるいひとたち

“セルビアン・フィルム (aka. A Serbian Film)” への9件の返信

  1. ナマニクさん、こんにちわ。

    見てくださって、ご紹介してくださってありがとうございます。これすごかったですね。ついにここまできてしまったのか、ホラー映画は。とおもいました。

    わあーーー、目ん玉刺しの絵があるー!
    おおおー、隆々仁王立ちもあるー!

    Milosさんが敵をやっつけて、ハァハァして、まいったか!顔して、仁王立ちして、ピンコ立ちのところを見たとき、私、ほんとうにびっくりしましたよ。ちょっと勝てないなとおもいました。セルビアン・ますらお、っていうんですか。自分の部屋に帰ってきて、ドアを開けたらあの男があの格好で立っていたらどうしようと思ったら、すげーこわくなりました。

    私もナマニクさんの記事にリンクをしました。うちのブログのこの映画の記事の感想の一番下のところです。

  2. あ、いつもすみません。お世話になってます!リンクありがとうございます!

    相当無茶やった映画ですけど、綺麗にまとまってますよねぇ。
    確かに何が怖いって、Milosさんのキレ具合が怖いですね。彼の記憶の飛びっぷりも
    驚愕ですけど(笑

    「August Underground」等のアングラな低予算映画でも相当無茶苦茶やってますが、しっかり予算を取って、作った映画として、ここまでやったのはないですねえ。出資した方々も何を思って、出資したのかちょっと興味を惹かれます。

  3. そうなんですよネ。『August Underground』みたいなヤツならいっぱいあったけど、これはアングラ的な安っぽさがなくて、明らかにキチッとつくってあるから珍しいです。

    出資関係などについて私はよく知りませんけれど、監督さん(Milosさんを演じたひと)はプロデューサーでもあり、彼のインタビューを読むと、「予算面では苦労しましたよ」とか書いてありました。詳しくは知らないですが。。

    COVE(あのイルカのヤツ)を観たとき、世間は監督の発言をいちいちひっとらえてわーわーいっていたけれども、この映画にカネを投下して、distributeしているヤツがどっかにいるんだよなあ、そいつ出てこい!と思ったりしたのですが、Milosさんにも影の支援者がいるのかもしれない。Vukmirみたいな。いや、COVEは関係ないんですけど、ちょと思い出したので書いてしまいました。

  4. やっぱり苦労したんですねえ。あ、そうだ「August Underground」と同じプロダクションだったかもしれませんが、「Muder-Set-Pieces」ってのがありましたが、あれも、結構真面目に取っていたことを思い出しました。幼女をブチ殺す狂った一品です。

    出資者にもマニアがいるんでしょうかね−!!頼もしいやら怖いやら・・・。

    Coveは、へんなイデオロギーが絡んでいるので、喜んで兼ねだしてるヤツいるでしょうなぁ・・。

  5. スラtシャーというよりきちがいのほうがあっていると思いますが!

  6. >ウルトラマンさん
    どうもーー!
    たしかにマジキチではあるんですけど、映画としてのフォーマットが素晴らしいので
    スラッシャーという扱いがむいているのかなあっと思っています。
    でもまぁ、、ストーリーは本当にキチガイですよね(笑

  7. 鼻つまみマニアなので興味深々です
    完全版には鼻つまみシーン見れますね

  8. こんにちは、

    「映画史上最も賛否を呼んだ映画ベストテン」という米ランキングに入っていたので、病開けの今日、好奇心で検索したら、

    https://www.youtube.com/watch?v=zrb16LfrZr4

    全編ノーカット版がネットに上がっていました。

    賛否と言うからには、スキャンダラスなところと芸術的なところが双方最大級に追求されている映画の一つかと思い(同じランキングの上位二位である「エクソシスト」や「時計仕掛けのオレンジ」のような)、期待していたのですが、映画として通用するのもおぼつかないアマチュア性と見受けましたが。

    スプラッター、創傷メイク、過剰なノイズと無意味にファンタジックでプロのものとは思えない照明、などなど、見苦しいほどの低予算をさらした演出。技術陣にも問題があり、またモデルらしい若い女性ぞろいの女性のキャスティング、およびシナリオのシークエンスごとの文脈に一切配慮のない衣装には、監督さんのいろんな意味での凡庸さが如実に現れています。(例えば、長い髪を垂らしたまま家事をする主婦、パリの環状道路に毎夜立つ東欧のプロスティチュートそのままの格好のドクターなど...例えばデヴィッド・リンチはどれほど幻想の世界を描いても、この辺のリアリズムが徹底しているあたり、やはり芸術家です。)

    スキャンダル性に賭けたらしいこの映画の監督の創作者としての才能については、おそらく限りなくゼロに近いと思います。

    このような映画を「ストーリー性がある」とか「よく出来ている」というパブリックは、どのような映像作品を観て育ち、何を芸術性の基準としているのか、興味津々です。

  9. コメントありがとうございます。
    しかし、今更議論する意味もないなと感じました。もう4年も前の作品ですし。私が見たのも3年前ですからねぇ。

    3年経っても、こんな精一杯のコメントがくるにつけ、この作品に対する評価は人それぞれだなとつくづく思います。当たり前ですけど。
    それゆえ「賛否をよんだ作品」としてあげられたのでしょうね。件のランキングについてはソースを明示いただいていないので、それがどんな内訳になっていたのか知りませんが…。あまり興味ないですけど。

    さておき、僕はとても楽しみましたし、いいファンタジーだと思いますよ。こういう下品で下劣な作品は楽しんだもん勝ちです。で、お聞きのどんな映像作品を観て育ったのか?云々については
    「こんな作品でも楽しめるような」映像作品を観て育ったんですよー。興味深いでしょ?今では、雑誌に連載までもってるし、間違ってなかったなあって思います。
    そうそう、今度の11/24に映画評同人誌「Bootleg」の新号もでます。日本に住んでおられるようなので、お暇があれば買いに来てください。僕も居ますし!

    詳細はこちら↓
    http://d.hatena.ne.jp/bootleg_magazine/

    たぶん、この映画を楽しんだ作家さんも寄稿していますよ!!

    それからYouTubeで観るなら、違法アップロードされた作品なんかより、トロマ映画なんかオススメですよ。オフィシャルにあげられたものですし、ほとんどの作品の冒頭にでてくるロイド・カウフマン総帥のコメントは、人生の糧になります。なんなら、彼の映画製作のモットーを説明したこんな動画なんてどうですか?

    面白いですよー。理解できないかもしれませんけど、病み上がりになおさらオススメです。是非、感想をお聞かせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。