映画|Second Sight 3D|セカンド・サイト 3D

Cap00378

Jetは”見えちゃう”男。何が見えるかって?そりゃ、霊ですよ、霊。しかも霊だけでは無く触れたその人の未来すら見通せるちゃう素晴らしい能力の持ち主。しかもイケメン。で、弁護士。さらに美人の彼女。もう言うこと無い人生。それなのに・・!

レビュー

イケメンはつらいよ

タイのモダーンな吊り橋。”見えちゃう”弁護士のJetは、後味の悪いレイプ事件裁判を片付け、彼女であるJoomの元へ急ぎ車を走らせていた。ふと横を見ると先の裁判の被告で見事無罪となった男の車が。よく見ると彼をとり殺そうと女の幽霊が同席中。案の定”犠牲者の霊がとり殺そう”とする直前。そして次の瞬間、凄まじい玉突き事故が発生。6人の犠牲者を出す大惨事となる。

Cap00379Cap00385

間一髪、事故を回避した彼は翌朝弁護士事務所に出勤すると、昨日の交通事故の加害者の弁護を依頼される。依頼人は石油王の義理の娘Kaew。昨日の事故は、実は彼女自身の居眠りが原因だったのだ。Jet自身は、あまり気乗りしなかったが、富豪の娘の依頼は事務所的にも美味しいため、Kaewの仕事を受ける。

Cap00388Cap00389

早速、病院へKaewに合いに行くと彼女は全くの無傷、反省の色も無くヘラヘラしながらお菓子を喰いまくる我が儘娘だった。事故の犠牲者の幽霊に付きまとわれている以外は。。。

何故かクソわがままな娘Kaewが気になって仕方が無いJet。事故の犠牲者が様々な手でKaewを殺そうとするのを、Jetは弁護仕事をそっちのけで守る。Joomからは嫉妬され「この仕事を降りなきゃ別れる!」と言われる始末。

Cap00343Cap00391
Cap00398Cap00399

一方、遅々として進まない事故調査。犠牲者6名のうち最後の1人の犠牲者の遺体が上がらないという。

「彼女も好きだけど、Kaewもいい!こんなんだから仕事も進まないしイケメンはつらいよ!」と悩むJet。そして何故か霊障はJoomに飛び火。彼女も幽霊に命を狙われることとなる。さらに悩むイケメンは気絶するほどに!何故、幽霊はKaewだけでなくJoomを狙うのか、事故の本当の原因はなんのなのか?そして見つからない死体とは一体?

Cap00390Cap00421

 

真剣すぎて斜め上を突っ走る

タイの映画は、他の東南アジア諸国の映画同様、トコトンエンターテイメントを真剣に追求する。しかし、いつもやり過ぎる。”とりあえず客が喜びそうな”場面をガンガンに詰め込んでいった結果、なんだかよく分からない闇鍋映画のようになってしうまうのだ。記憶に新しいのは、笑わせたいのか怖がらせたいのか方向性がサッパリワカラン映画「ゴースト・フライト407便」だ。本作もそういった”お前らこういうの大好きなんだろ?じゃぁとことんやってやんよ!”と鼻息荒く作り込み、その結果、実際の狙った線とは全く異なるジャンルへと変異してしまう現象が発生している。

Cap00394Cap00397

↑幼少時代のJet。魚屋のオバチャンに「アンタ、ベランダから落ちて死ぬで!」と言い放ち、こっぴどく叱られる。しかし、オバチャンはナマズの霊に殺されてしまうのである。よりによってナマズです。

Cap00417Cap00419

↑事故調査を担当する刑事はヘビ食いなのだが「ヘビは呪われた生き物だから喰っちゃいかんで!」とJet。刑事の体を腐ったヘビが這いずり回る。

Cap00325Cap00423

↑偶然事故に巻き込まれてしまった結婚式を控えたカップルの霊。新婦が西川史子にそっくり。しかも、轢き殺したKaewをどうこうするわけでは無くKaewの目の前でチュッチュするという嫌がらせを行うのである。

Cap00331Cap00333

↑レイプ犯に取り憑くのは、某○怨みたいな感じのやつ

Cap00372Cap00370

↑寺院を這い上がる謎の群衆、そして何の説明も無いまま画面を横切る巨人。

最初は「ほえー、ナマズかー。あはは!」程度であったが、西川史子で完全腹筋崩壊である。全然怖くもないし、伏線は投げっぱなしだし、オチは白目を剥くほどムチャクチャでホラー映画としては完全に失格だが、見ていて楽しいことは間違いない。笑えるしちっとも退屈しない。良いよこれ。3D作品ということでちょっと無理しているところも可愛い。

以下ネタバレ!

あ、余談ですが、他の画像はあんまり西川センセに似てません

Cap00425

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はJetはイケメンクズ野郎だったのだ!!!
Jetは昔、Giftという女と付き合っていたが、Giftの妊娠を知るとJetは彼女を捨て、今の彼女Joomとネンゴロに。Giftは失意のままKaewを出産しそのまま死亡。Kaewは石油王の養女となる。あの事故はGiftの霊が娘Kaewを使って、Jetに復讐すべく引き起こしたものだった。。復讐とはJoomとJetの殺害である。実はJoomは冒頭の事故で見事轢死。(冒頭のレイプ事件の犯人は、Jetの身代わりに殺されただけ)見つからなかった6番目の遺体はJoomだったのである。劇中登場したJoomは全てJetが見ていた幻覚だった。Jetは気絶するほど悩んでいたわけでは無く、自分の死を理解できないJoomの霊と交流を続けたため脳に負荷が掛かっていたのだ。

Cap00403Cap00405
Cap00409Cap00412

自分の死体が見つかりJoomは激怒、Kaewに取り憑き、ビルの屋上から突き落として殺そうとするも駆けつけたJetにより阻止。Kaewの身代わりにJet自身が身を投げるのであった。

暗転、全身不随になったJet。彼の両脇にはJoomとGiftの亡霊が・・。

Cap00426Cap00415

・・・って・・・世代がメチャクチャじゃ無いか?これ・・・。

“映画|Second Sight 3D|セカンド・サイト 3D” への2件の返信

  1. あの「巨人」はタイの伝統妖怪(ピーなんですがこれは「妖怪」に近い)ですね。背が高くて手足が長いんだす。
    最近はタイのホラー映画のギャグ映画臭が強くて敬遠してるんですよね。シリアスなのをいっぱい作ってほしいわ。(寡作でいいので。比率で)

  2. >バンコク愚連隊さん
    コメントありがとうございます。なるほど「ピー信仰」なるもの、調べました。面白いですねぇ、この映画はその辺りも知っているともっと楽しめそうなので、時間を見て掘り下げたいと思います!
    久しぶりのタイ映画だったんですけど、407便もそうですけど、どうにもギャグ路線にふっていますねぇ・・・。もっとどっちかに吹っ切れてくれればいいんですけど、今の主流なんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。