->imdb:Rubber
セールスマンなんだから体臭くらい気を遣いなさいよ
その他のレビュー一覧


Review

めずらしく国内版DVDのレビュー。
前作「Reeker」(リーカー・地獄のモーテル)は完成から一年以上放置され、DVDも暫くはドイツ版のみという不遇の映画であった。(ドイツ版買うの大変だったんだよ、発送ミスがあって)日本版DVDが出たのは制作から実に6年後の2011年。しかも続編の「Reeker the rising No man’s Land」と同時発売。で、Amazonのレビューではボッコボコと。
僕は好きなんだけどなぁ。。。そんな前作のやっつけレビューはこちらから。というわけで国内版も出たことだし、今回はその続編の短評を。※物凄い勢いでネタバレしていますので、あしからず。

 
↑のっけからの足モギリ、舌モギリにテンション上がります

本作は冒頭、1作目に登場した謎の悪臭を放つ死神の正体が明かされるのですが、その正体というのが、「オレ、死んだら死神になるって言われてるから、今、人の殺し方を練習してんだよ!えへへ☆」っと、ご機嫌で死刑になった連続猟奇殺人犯という、ちょっとヤッツケすぎやしないか?っというもので。さらに「悪臭」の原因もちょっと可笑しくて、まぁそれは観てのお楽しみ。

 
↑「オレも昔はワルだったんぜ?」という殺人鬼(副職でセールスマンやってます)が死神の正体

基本的には前作と同じで「ある事故」をきっかけに生と死の狭間に迷い込んでしまった一行が、悪臭死神に次々と血祭りに上げられていくというもの。

前作よりもゴア度がアップしているが、ちょっとコメディにふりすぎているが残念だ。

 
↑鼻がないから臭くてもわかんねぇよ!!っとポジティブに/毎度おなじみ死神さん

また、例のポスト死神殺人鬼を逮捕した警官とその息子も事件に巻き込まれるのだが、その設定もほとんど生かされていない。
さらに前作を観ていることを前提としているために、前作を観ていない場合、登場人物達が「生と死の狭間の世界にいる」ことが明確に描かれすぎて物語について行けなくなる。
逆に前作を観ていれば、どのタイミングで何が起きているのか?を察する楽しみが増えるというわけだ。

 
↑前作では最後しか出てこなかった見えない壁。壁を探りながら走り回る間抜けな画

それができると言うことは、前作と全く同じ事を繰り返していることに過ぎない。しかし、この映画については”観ないと分からない「独特の雰囲気」”をもっているため、これはこれで正解のようにも思える。

  
↑独特の悪夢的な雰囲気がなんともいえないのです。

本作を楽しむには前作「リーカー・地獄のモーテル」の鑑賞は必須だが、二作とも肝を抑えた手堅い演出なので、観て損はないはずだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事