悪魔を見た

->imdb:I Saw The Devil
あまりのゲスさに、ケンチャナヨ精神が炸裂
その他のレビュー一覧


Review

嫁さんを殺されバラバラにされてしまったクール野郎が冷徹な復讐鬼となり、嫁をバラしたゲスな殺人鬼に淡々と復讐するというお話。クール野郎の無情な復讐鬼っぷり、殺人鬼のゲスっぷりのみで突っ走る144分。

まず驚くのは、そのご都合主義具合だ。

・警察が無能だ!
 嫁を殺したと思われる容疑者を片っ端からボッコボコにしていく、主人公スヒョン。
 容疑者宅を張り込みしている警官は、ものすごい目立つ行動をしているスヒョンを完全スルー。
 144分の長尺なのだから、”スヒョンは周到に警官の目を欺いた”みたいな画があってもいいんじゃねぇの。
 さらに彼らの無能っぷりは、ラスト付近でも炸裂するのだが、これはネタバレなので自粛する。
 とにかくオマエら無能すぎるぞ!
 
・後輩が万能だ!
 スヒョンは有能な国家情報院捜査官という設定なのだが、そんな彼は、何故かわざわざ後輩に
 高性能カプセルGPSを調達させたり、殺人鬼ギョンチョルの情報を掴んでいるとして
 警察にマークされてるにも拘わらず、スヒョン自身をを数日病院に入院させたり
(しかも、手配中のギョンチョルと一緒にベッド並べてだ!)するのだ。無茶が過ぎるぜ!
 しかも、この後輩は本筋に一切絡むことがない。
 
・タクシー拾ってみたら同業者!
 スヒョンは、ギョンチョルを早々に追い詰めボッコボコにするのですが、殺さない。
 ボコって、左手を潰し解放、しばらく泳がせた後、今度は右アキレス件を切断し、再度解放と
 素敵なキャッチアンドリリースかわいがりをやってのけるのだが、
 スヒョンにボコられフラフラになっているとギョンチョルを拾ってくれたタクシー。
 何故かこのタクシーに、ギョンチョルのような悪人が乗り合わせていたりする。
 ※ちなみにこのタクシーのカットは素晴らしい。

・駆け込んだ家には同業者!
 さらにフラフラになりながらたどり着いた屋敷には、何故か昔、一緒に殺しをやっていた男がいる。
 なんと男は、屋敷住人をぶっ殺して、女とヨロシクやっているところだったのです。
 いくら何でも偶然が過ぎるぜ!韓国はそんなキチガイだらけなのかよ!

っと、こんな具合で、鑑賞中から「うわぁ、なんだこりゃぁ・・」っと思うことしきり。
しかし、濃すぎる人物と描写は鑑賞者のケンチャナヨ精神を炸裂させる。

・ギョンチョルのゲス具合すげぇ!
 彼は会った人間すべてをズタズタにする男。彼に会ったが最後、身も心もズタズタにされる。
 女は犯し、男は殺す。 殺(犯)りたいときに殺(犯)る。「エボラ・シンドローム」の
 アンソニー・ウォンが演じたカイの鬼畜っぷりに次ぐキャラだ。 
 殺(犯)るためなら、ウンコだってこねくり回すぜ!彼の徹頭徹尾のゲス・鬼畜具合は、本当にすばらしい!。
 ただギョンチョル役のチェ・ミンシク、役作りなのかどうなのか不明だが、ちょっと太りすぎだろ。
 
 ↑ゲスな人(左No.2/右No.1)

・スヒョンのクール具合がすげぇ!
 冷徹な復讐鬼と化すスヒョンであるが、何をしても彼のヘアスタイルは崩れない。
 ちょっと濡れ髪をセクシーにみせたりするが、基本ニット帽みたいな髪型のままである。
 また、ギョンチョルは常にボロい服を着ているが、スヒョンは常にこざっぱりしたアウターに
 カッコイイデニムである。(ん?これはご都合主義に入れるべき?)
 前述したとおり、彼はギョンチョルを捕まえてはボコって解放するわけだが、
 ボコるタイミングは、ギョンチョルが若い女を毒牙にかけようとする直前だ。
 つまり、被害者の今後の人生にかなりのインパクトを与える事に及ぶまで、
 そう!乳が出るまで、傍観しているのだ!
 
 ↑オマエの頭はメットか?ニット帽か?

・乳がスゲェ
 そんなわけで、乳が出過ぎだ!バラバラ死体であっても、積み上げられた肢体のトップにあるのは乳!
 バラされる女は、まず乳がでる。乳!乳!乳!乳好きにはたまらないのではないか!

・死体がスゲェ
 特殊効果が良い仕事しすぎである。特に各種生首の完成度は素晴らしい。
 
兎に角、異様なテンションで、不自然な展開も気にならなくなる不思議な映画だ。
シンプルに常軌を逸した復讐劇を楽しむための映画。もの悲しい雰囲気を醸し出す音楽に騙されてはいけない。

15 Replies to “悪魔を見た”

  1. はじめまして!去年の秋口ぐらいにここに流れ着いて、ちまちま拝見していた者です。

    ゴア表現系の映画はあまり得意ではない方なのですが(SAWシリーズは3からリタイアしましたw)どうもレビューに関しては見てしまう性質のようで、いつも楽しく拝見させていただいております。

    これからも更新を心待ちにしておりますので、是非是非頑張って下さい!

  2. >くろぎつねさん
    どうもどうも!!
    楽しくよんでいただいてるとのこと、とても励みになります。

    最近、更新ペースが落ちていて申し訳ない。
    ゴアが苦手でもキャプ付きレビューは読めちゃうという方結構いらっしゃいますねー。
    キャプチャはできるだけ、ポイントを突くようには考えてはいるのですが、
    作品を見られるようになるのが一番なので、その踏み台にでもしていただければと思います−!

  3. この映画、結構気になっていたので嬉しいです。
    韓流はそれなりに好きで見ているので、ナマニクさんのツッコミどころにも
    いちいち納得で、見ていないのに凄く解る気がしました。
    (メットなヘアには大爆笑。やっぱりビョン様乱れませんか…(笑))
    親切なクムジャさん、オールドボーイ、渇き、チェイサー
    と、かなり韓流でグロい?系は見たのですが、これは多分、
    そのどれよりも凄そうなので、かなり見るのに勇気が要りそうです。
    (だって…生首がいい仕事してるんですよね(汗)。)

    また、次回、なるべく早めの更新を楽しみにしています。

  4. コメントありがとうございます!

    韓国映画は、ちょっと抜けてていい加減な部分が多くみられますが、
    ハデさがあるおかけで「まぁ・・・いっか!」と思わせるパワーがありますよね。
    暴力も勢いいですし。あ、確かに生首は良い仕事なんですが、そんなにゴアゴアでは無いですよー。

    ツイッターでも言われたのですが、イ・ビョンホンの髪型が崩れないのは
    やはり仕様なのですねえ(笑

    更新・・がんばります!

  5. 初めてコメントします。更新楽しみにしてます!
    >・警察が無能だ!
    未見なのですが真っ先に来たこれで笑いました。自分は殺人の追憶とチェイサーで同じことを思いましたがこれもなのですね。悲惨な映画で笑いパートを必ず警察に託す伝統などあるんでしょうか韓国映画。そしておっぱい。大事だと思います。うわ楽しそう見にいこうと思いましたが何よりもおっぱいに背中押されました大好きです乳。そして物悲しい音楽に。おっぱいと生首と音楽がセットってそりゃ見なきゃって思いました!

  6. あ、ツイッターの方で、たまにお見かけする方ですね!どうもどうも!!

    チェイサーは未見ですが、殺人の追憶は、パワフルな映画でしたね。こちらも力で押しきった感があります。

    たしかに、悲惨なシーンでは警察は間抜けなことをやらかしますね!
    もちろん「悪魔を見た」でも、冒頭の悲壮なシーンで見事やらかしますよ!

    とにかく不用意におっぱい出しまくりの印象が強いです。期待して見ちゃうと
    そんなにでてないかもしれませんが(笑

    そう言えばオマヌケ警察の他、欠かせないの、¥お葬式のシーンでも「泣き屋」
    ですかね。「グエムル」では完全に笑いに昇華されてますけど・・・。

    考えてみると、往年の大映ドラマのような安心のテンプレートが高齢層にも
    受けが良い要因なんでしょうねー。

  7. ずっとROMっておりましたが初めて書き込みます。いつも鑑賞の参考にしてます。三池崇史をエログロバイオレンスの大家と仰ぐ私にとって本作品はドハマリの一品です。パンフでニーチェを引用してましたがあそこまでいくとスヒョンもギョンチョルも大差無くて2人共、同じウンコ風呂に漬かってて目と鼻が辛うじて表面に浮き出て何とか息してるのがスヒョンで隣で沈んで息絶えたけど地獄でうひゃひゃうひゃひゃ笑いながら責め苦に耐えてるのがギンチョルだと思いました。長文失礼。今後の更新にも期待してます。

  8. >ninさん
    どももも!HNはNine Inch Nailsですか?僕、大好きなんですよねトレント。
    それはさておき、パンフではニーチェの引用があったのですか?ううーむ。また方向性がよく分からなくなってしまった(笑
    たしかに2人とも顔が下品か上品かの違いで中身は殆ど同じですよね。ウンコ風呂とはなかなか面白いですね!
    三池監督の「監督中毒」は、読まれましたか?なかなか職人気質で面白いエッセイですよ。

  9. HNはご指摘の通りです。流石お目が高い。では音楽繋がりでギョンチョルがベッドに座りカメラに背を向けて奏でていたギターの曲名はanimals の house of rising sun で(UKのmuseもカヴァーしてる)これはスコセッシの『カジノ』でジョーペシが大ボス連中に渡す上納金をケチって怒りを買い一味が雪崩式に殺される始まりの場面でかかる曲で『悪魔を見た』の監督は「さあこれからバンバン人が死にまっせ!」と殺しのホイッスルを吹かせる意味をこめて選曲したと思います。匿名巨大掲示板ではスヒョンの最後の表情が泣きなのか笑いなのか話題に上り僕は何よりそれを確かめたくて2回観にいったんですが結論が出ないです。両方の表情してたように見えたから。お奨め頂いた本はamazonで800円弱だそうですがキャプで紹介されてた『エボラシンドローム』の方に食指が動いてます。

  10. house of rising sunへの言及は初めて聞きました。うんうん、なかなか面白いですね!
    ラストのスヒョンは、難しく考えず素直に泣き顔として認識してました。最近の映画板の雰囲気があんまり好きではなくて、ちゃんと見に行っていないのでちょっと覗いてみますね!
    三池さんの本は、図書館が良いと思いますよ!
    「エボラシンドローム」は、なかなか手に入りにくいのがアレですが、是非のあのゲスい雰囲気を味わって欲しいですー。「イーボラ!イーボラ!」っと叫びながら町を闊歩するカイさんは必見です。

  11. ご返答ありがとうございます。スヒョンの終盤での台詞「一生笑った顔にしてやる」は言わずもがなバットマンシリーズのジョーカーに対する献辞です。『ダークナイト』でのジョーカーは純粋な悪を体現しており財力で自警団を気取るバットマンをyou’re just a freak.just like me.と言いお前も俺も大差無いと指摘します。追う者と追われる者が最終的に似通った境遇に陥る(動き回った結果、被害者とその家族が増えていく)事と善悪のあいまいさを『悪魔を見た』では描いており、鑑賞中スヒョンの前述の台詞を聞いた時、僕は思わずニヤリとしてしまいました。この作品についての感想はおかげさまで気持ちよく絞り出せましたのでこちらのコメント欄からはそろそろお暇させて頂きますがブログは引き続きご贔屓にさせて頂きますのでどぞよろしく。

  12. こんにちは。もうそちらは覚えてないと思いますが、こちらは時々ストーカーのようにジトッと見ておりました。
    過去ログいろいろ見ていたらツッコミが面白すぎて一人で笑ってしまいました。

    これ、ヒョンビンフアンの韓流おばさんが見たらドン引きの内容ですね。
    そういう私もいつの間にやら韓流おばさんなもので、見ようかどうしようか迷ってます。
    (ヒョンビンファンではないですが)
    たしかに韓流ドラマ見ていると偶然の連続でツッコミ所満載なんですが、恋愛ドラマなのに幽霊が出てくると妙に気持ち悪い(気合が入っている)ところとか好きです。

    関係ないけど、最近「キャビン」が面白かったです。とんでもなくて。

  13. >ユキままさん
    承認おそくなってすみません!
    覚えていますよ・・・って、ブログははてなに替えたのですか?
    今、このエントリ読むとはこんなアホなツッコミで申し訳無いなあ・・と思ってしまいます。
    キャビンもいいですが、邦題「キャビン・イン・ザ・ウッズ」こと「RESOLUTION」も面白いですよ!

  14. どうでもいい訂正なんですけど…ヒョンビン→イ・ビョンホンでした。

    はてなに変えました。あんまりホラーについては書いてないんですけど、あいかわらず好きです。

    「キャビン・イン・ザ・ウッズ」、ややこしい邦題ですが、機会あれば見てみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。